愉しい自転車&生活

02

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

コロンビア氷河!からの~  出発35~36日目


2012年7月30日

コロンビア氷河手前のキャンプ場で一泊し
IMGP1512.jpg



そして翌朝、氷河へ。この道の向こうに氷河がある。
IMGP1526.jpg


朝早くだったので、ほとんど人は来なくて、来ても10分20分で帰ってしまうので、
ほぼ独り占め状態で氷河を見ていた。
IMGP1573.jpg



聞こえてくるのは、風の音、氷河から溶けでた水が流れる音、そして自分の呼吸の音だけ。
IMGP1549.jpg


2000年まではここまで氷河があったということ。
2000年て、つい最近のことなのに氷は遥か後ろ。
IMGP1565.jpg


ちなみにこの時の気温は10度。ただ結構風があったので体感は一桁。
上はネックウォーマーにロンT、フリース、ウインドブレーカーと万全だけど
下は短パンにサンダルというアンバランスな格好。
帰り際すれ違ったおじさんが、足元にチラリと目線をやったあと、
再び上に目線を戻し、ニヤリと笑ったのを、僕は見逃さなかった。


結局3時間近くいた。
IMGP1638.jpg

ぼちぼち観光客も増えてきたので、退散する。
IMGP1642.jpg



もちろん帰りもとんでもない景色の中を走る。
IMGP1682_20120901035900.jpg


でも、ずっと頭の中にあったのはまだ熊を見てないということ。
IMGP1680.jpg


自転車で走っている感じだと、ここで会えなかったら、
たぶんその下のレイクルイーズ、バンフでも会えないだろうと思っていた。
IMGP1697.jpg


まぁ、熊見れなくても、カナダの自然が凄いことには何も変わりはないし、
この感動が薄れることなど、これっぽっちも無いからいいさ!とか思いながら走っていた。
思っていたら、念ずれば通ずるのか・・・走っていると前方に人だかりが。
何だと思って自転車を止めてみると、









熊がいた
IMGP1708.jpg


みんな熊見たさに、あれよあれよという間に人が集まってくる。
命知らずな人が熊まで3、4mという距離まで近づいて写真を撮っているので、
もし熊の気が変わって襲ってきても、この人たちが襲われてる隙に逃げられるな。
万が一そうなったら車の中に非難させてもらって・・・などと襲われた状況をシュミレート。









レンズを中望遠のものに交換し、接近、そして激写!
IMGP1722.jpg

熊はギャラリーのことなど完全無視で、ひたすら草を食っていた。

夢中になって興奮していたので自転車が遥か後ろに。
パスポートとか財布置きっぱなし!
IMGP1724.jpg

熊渋滞。サファリパーク状態。
IMGP1727.jpg



そして熊を見て興奮したのか、写真を撮り終えた後、しばらく
何故か全力でペダルを踏み続け、上り坂でも時速25kmの全開走行。
すると今度は、雷雨。また別の意味で急いで走る。もう少しいけばストアーがある。



途中のストアーで非難。
IMGP1729.jpg

1時間半ほどで晴れる。
IMGP1734.jpg


朝のんびり、昼ドタバタの振り返れば面白い一日。


ロッキーでは雨の降らない日は無かったんじゃないかというほど
コロコロコロコロ天候が変わり、そのせいで気温も低く、大変だった。
でも大抵、1、2時間で晴れて、雨の後は空気も澄んで
雲が凄いことになったりする。快晴よりむしろありがたいくらい。
IMGP1747s.jpg


山と雲の感じが凄くて皆車を止めて写真撮影。
IMGP1752.jpg



ロード乗った人に抜かれるとか、よくあることです。悔しくなんかありません。
でもこの景色の中で、しかもカナダの道は基本斜度が緩く、道も広くて走りやすいので
ロードで走りてぇなぁ、とは良く思った。
IMGP1759.jpg


景色が凄すぎて本当に全然進まない。この道を車やバイクでバーーーーっと走るとか
もったいない!なんてもったいない!みんな分かってねぇなあ!と思いながら走っていた。
IMGP1768.jpg


上って上って標高も2000mを超える。
上りは涼しくていいけど、そのまま下ると、凍ります。ウインドブレーカーは必須。
IMGP1863_20120901043508.jpg


少し下った先の山の麓にはBow Lakeという湖がある。
行きは時間が無かったから寄らなかったので、帰りは寄っていく。
IMGP1865.jpg

Bow Lakeの前のロッジ。お菓子とか、サンドイッチも売ってる。
山価格で高いけど。
IMGP1883.jpg


で、このBow Lakeが天候にもある意味恵めれ凄い景色だった。
IMGP1908.jpg

全く、晴れではないです。むしろほぼ曇り、雲の合間から一瞬太陽見えたり、
ポツポツと雨がぱらついたり、うぉい!ハッキリしろ!という天気。
IMGP1909.jpg

でも、そのせいで雲の感じが凄い。そして湖の色も。
IMGP1985.jpg

皆さんくつろいでます。観光バスが来るとガヤガヤするけど、落ち着ける所だった。
IMGP1934.jpg



本当はレイクルイーズまで南下する予定だったけど、
のんびりしすぎたので、手前のモスキートクリークというキャンプ場に泊まることにした。
というかモスキートクリークって・・・もうチョイましな名前にしたらいいのにと思う。
IMGP2025s.jpg



夕食は炊き込みご飯を作ってみた。これはイケル。簡単だし、別でおかず作らなくてもいい。
この時はキノコとウインナーが余ったので作ってるけどね。
IMGP2041_20120901045139.jpg

往路はひたすら景色に圧倒され
復路は氷河!熊!雷雨!絶景!と盛りだくさんのアイスフィールドパークウェイ。
出来ることならもっと北上したい!と思ったけど、
時間が無いので南下。
アラスカとカナダ北部はいずれ走りたいなぁ、と思った。

関連記事
comments
圧巻! 
何て素晴らしい景色。何て素晴らしい写真。そして何て素晴らしい旅。山にかかる低い雲が何とも言えません。
雨上がりでクリアになった夜は、きっと星空もすごいんじゃないですか?
 
ありがとうございます!
星も凄かったですよ。本当に降ってきそうなほど、とはことのとを言うんだなという満天の星空でした。あぁ宇宙にいるんだと感じられる時間です。
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS