愉しい自転車&生活

16

Category: [第一次・北中南米持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

バックパック シールライン バウンダリーパック


IMGP0244.jpg

シールラインというメーカーのバックパック。
オルトリーブ同様防水が売りのメーカー。
容量は35、70、115Lとあるが、今回は70Lを選択。
この中にシュラフ、テント、マット、靴、など大物を入れてる。
使い勝手としてはポケットなどが無いので
通常のバックパックとしては良くはないんだろうが、
キャリアの上に乗っけてるだけなのであまり関係ない。

写真はオルトリーブのバックローラーとの比較。
バックローラーが片側20Lなので写真だと意外に差は小さいように
見えるけど、当たり前だけど実際は全然違います。
生地は結構厚めでしっかりとしているので
タフな環境でも長持ちしてくれそう。

バックの開閉はオルトオリーブと同じクルクル巻いてとめるロールクロージャー方式。
空気を抜いてから巻かないと空気でパンパンになってしまうので
かなり気密性は高いです。


やっぱり防水というのは良い。
レインカバーをかぶせても完全には防ぎきれないし、
そもそもフルパッキングだとバックが全部で6つ!になるので
雨が降るたびにカバー被せるとか、面倒くさすぎる。



関連記事
comments
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
8
10
11
12
13
14
15
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2017 < >
Archive   RSS