FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2020年01月 の記事一覧

28

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

イズミールからセルチュクまで



イズミールを出発してしばらくは海沿いを歩いていた。次の目的地はエフェス遺跡のあるセルチュクという街でしたが、間に沢山遺跡があるので寄り道しながら。
DSC06967.jpg


クラゾメナイ遺跡。ペリクレスの友人アナクサゴラスの生地。あまり発掘が進んでおらず、入るのも無料だった。
DSC07052.jpg


クラゾメナイから真っ直ぐ南に進んだ場所にあるテオス。ここはそれなりに人が来ていた。
DSC07138.jpg


雰囲気的に有料の遺跡な気がしたのだけど、前日野宿した場所から民家の脇を通って遺跡の敷地に入ったので、真相は分からず。
DSC07179.jpg


イズミール周辺は汚かったが、田舎に来ると流石のエーゲ海。
DSC07186.jpg


こちらはノーション遺跡といって一応遺跡になるが、ほぼ掘り起こされておらず、柵も何もなく、入り放題。野宿しました。
DSC07242.jpg


DSC07221.jpg



DSC07245.jpg


ノーションのすぐ近くにあるクラロス遺跡。デルフォイと同じくかつては神託地であった。
DSC07250.jpg

同じくクラロス
DSC07257.jpg


エフェス遺跡
DSC07580.jpg


エフェス考古学博物館にあるソクラテス像
DSC07319.jpg


DSC07322.jpg


こちらは有名なアルテミス像。この辺は土着の地母神信仰と結びついたアルテミス信仰が盛んだったらしい。
DSC07359.jpg


セルチュクの夜。近くにエフェスがあるので観光客はいますが、のんびりした街だった。
DSC07603.jpg


遺跡には猫がいる
DSC07724.jpg


お調子者のトルコっ子もいる
DSC07907_20200128000647d9c.jpg


日陰もないし歩き回るには暑かったが、せっせと観光する人間をよそに、猫はトイレの階段で気持ちよさそうに寝ていた。
DSC07856.jpg



プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
29
30
31
01, 2020 < >
Archive   RSS