FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2017年10月22日 の記事一覧

22

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Response: Comment 13  Trackback 0

安倍政権にNO


先ほど雨の中選挙に行ってきた。

「どうせ自分が入れても結果は変わらない」とはよく言われる諦めのセリフだけど、そうじゃない。結果が変わるか変わらないかは問題ではないのだと思う。


オランダを旅してオランダ人の家に泊めてもらった時のことだけど、ホストのAljenと色々と話す中で、スマホのとあるアプリを見せてくれながら

「これを見ると、どの食品が何処の国から来ていて、どの程度のCO2を出しているのかが分かるんだ。近い所から来たものを買うようにすればCO2排出量を減らしていける。全てのもをそれだけで選ぶことは難しいけど、出来る限りそうしているんだ。」

と話してくれた。これを聞いた時、「うわーこれだ!日本人(自分含む)との決定的違いは」と思った。彼は自分一人がやっても変わらないとは決して考えていなかった。自分が「これがよい」「これが正しい」んだと思った事を、真っ直ぐにやっていた。誰が言ったとか、世の中がどうだとか、そんなものは関係ない。よいことだと感じたら素直にそれに向かう。結果としてそれが周りを変えるかもしれないが、もし何も変わらなかったとしても、自分が納得できるような、自分で自分を深く肯定できるような生き方を選び続けていけたなら、それはそれ自体がこの上ない価値のあることだと思う。

インドのガンジーは流石のガンジーで素晴らしい言葉を残している。

「あなたのおこなう行動が、ほとんど無意味だとしても、
それでもあなたは、それをやらなければなりません。
それは世界を変えるためにではなく、
あなたが世界によって変えられないようにするためにです。」


自分の一票が結果を左右することはないが、票を投じて意志を示す、また自分で自分の意志を確認する。ここ大きな意味がある。そういう独立した一人一人の意志を基盤に政治はあるのだと思う。逆に、自分の一票が全ての結果を左右するほどの強い票だったら一票投ずるのだとしたら、それってもう元の発想が民主的ではないですよね。

まあ結果がどうなるにせよ、楽しみだな~と思う。
日程を公開せずにコソコソ隠れるように遊説していた前代未聞のバカ総理安倍晋三。国会冒頭解散し、モリカケ問題は選挙で説明すると言って、いざ選挙になったら国会で説明すると言う。口を開けば嘘ばかりで普通なら病気と言われるレベル。国民はどう審判するのか。うん、楽しみだ。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS