愉しい自転車&生活

2016年12月 の記事一覧

08

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

ロングホールトラッカーお買い物エディション(暫定)


いま、ロングホールトラッカーを日常の足として使いやすくするために、改造している。
DSC00369.jpg


フルパッキングの海外走行向けに組んだ自転車というのは、明らかに普段使いではオーバースペックで重すぎて全然乗る気がしないし、使いやすくもない。ってことでロングホールトラッカーは買い物用として最適化することに。


まずタイヤ。マラソンは耐久性はありますが、あんなもん重すぎて普段使いでは履いてられないので、パナレーサーのハイロードに交換。
DSC00373-001.jpg



ハイロードを選んだ最大の理由は「安い」ことと「軽い」ことですが、それともう一つブラックの他にオープンサイドがあったのも理由。買い物で市内を走り回るだけで、オフロードも走らないので、高耐久、高性能は必要ない。
DSC00377-001.jpg



これは前からだけど、Wレバー。しかも今どきフリクション。一長一短ありますが、ワイヤー調整などが全く必要ないので、乗りっぱなしにする車体の場合は僕は楽だと思っている。ワイヤー伸びても関係ないし、8段のスプロケを9段に換えても関係ない。あと、ハンドル周りが非常にスッキリするので、それはWレバーの最大の利点だと思う。
DSC00376-001.jpg



かご。これは手作りです。ライトの位置は考え中。このままだとかごが邪魔で路面を照らせないので。
DSC00368-001.jpg


手を入れる穴もつくったけど、普段はかごを固定しているので絶対に使わない。
DSC00381-001.jpg


段差での荷物飛び出しを防ぐためにネットも完備しております。
DSC00383-001.jpg



スタンドもやはりあると止める場所を選ばないので便利。
DSC00384-001.jpg



サドルはブルックスのB67。バネ入りで乗り心地は最高。ただ、後退幅が足りないのでもっとオフセットの大きなシートポストが必要。
DSC00379-001.jpg



こちらは、でぇこん(大根)袋。別に大根だけでなく、ある程度の太さと長さのものなら何でも入る。普段はワイヤー錠を放り込んでいます。普段使いではオルトリーブバッグより有用。
DSC00380-001.jpg



以上ですが、まだ完成形ではありません。
まずリアキャリアはシルバーにする。これはもしかしたら自分でロウ付けして作るかもしれない。あとブレーキレバーはオポジットレバーにし、バーテープを巻いて使う予定。そうすればプロムナードバーの持つ場所が少ない点と、トップチューブ長足りないという点をある程度解消できる。それに伴ってブレーキはカンチブレーキにするかもしれない。
クランクやハブ、コンポも、クランクはシングル。リアはワイドにしたい。いま9段だけど、10段で11-40くらいにしてもいいかな。あとホイールもリムが寿命来たらもう少し軽量な組み合わせで組みたい。
そして、ゆくゆくはトレーラーだな。まあそれはトレーラーが必要な生活をすることになったらの話ですが。



やっぱり自転車は面白い。改めてそう思います。
DSC00382-001.jpg




19

Category: [その他]ギアレビュー

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

クランパスの最初の感想


DSC00401-002.jpg


一番最初の印象は、見た目、乗り心地含めて「意外と普通」だと思った。
あの冗談のような見た目のファットバイクを先に知っているので、3インチのタイヤは全くもって普通に見える。確かに太いと言えば太いが、感覚的には「普通」の範囲内。ファットバイクで麻痺して、一般的な感覚ともしかしたらズレてるかもしれないが、何回見ても異質な太さに見えるファットバイクとは明らかに異なると感じる。サーリーが3インチタイヤをファットバイクと呼ばないで、通常のサイズ表記の後ろにプラスを付けて29+、26+と名付けたのは納得がいく。


ペダルはなんとストレートラインAMPペダルのチタンアクスル。新品じゃとても買えないので中古。
DSC00404-002.jpg



10sでロー側に40Tのギア板を追加(その分17Tを抜いている)。ただ、旅ではこれじゃなくてシングルスピードで行くかもしれない。
DSC00405-002.jpg


乗り心地に関しては、太いタイヤを評して「浮遊感」とよく聞くけど、確かにそうした感覚が全くないとは言えないが、なんだか巷では「浮遊感」という言葉が独り歩きしてるように思える。少なくとも、僕がもっていた「浮遊感」という言葉のイメージと、実際に乗った時の感覚には、かなりズレがあった。

むしろ際立つのはコーナーの時のレールに乗っているような強烈な安定感、全く転ぶ気がしない安心感、路面のイレギュラーをものともせずに突き進む走破性。印象としては浮遊感というよりも、強烈なトラクションの方が先にくる。そのあと、他のロングホールトラッカーやトロールと併用しながら乗り比べた時にようやく、ああ確かにそういう感覚(浮遊感)はあるかな、と思ったけど。まあファットバイクではなく、セミファットなので、ファットバイクの場合はまた別だと思うけど。


リムはsunringleのmulefut。幅は同じでラビットホールよりも軽いです。つなぎ目は溶接ではなくピンだけど。
DSC00408-002.jpg


でも、そもそも、ファットバイクは通常の自転車では走行ができない雪上や砂の上などのユルイ場所でも走るためのもので、その文脈において太いタイヤにflotation=浮力があると表現していると思う。サーリーのHPには、パグスレー(世界で最初の量産型ファットバイク)の開発にあたって、これまでにないフローテーション(浮力)とトラクションが必要だったと書いているけど、文脈からして、雪上でも埋まらないようなタイヤの浮力という意味でしょう。それを日本語で「浮遊感」と訳しているわけだけど、文意を正確に伝える訳なんだろうか。と思ったりする。


BBBのスキュワー。1秒でも早くタイヤ交換しなければならない状況は僕には無いのでクイックリリースである必要はない。むしろ重いし見た目も悪いのでクイックじゃない方がよい。
DSC00409-002.jpg



もう何度も26インチ(トロール)と乗り比べているけど、どちらが優れているというのはない、と思った。優れた点=面白さの種類が違うので、優劣はつけられない。「XCレースで」とか、用途を限定しての話なら優劣は決まってくるだろうけど、単純に楽しみで乗る場合ならば、どちらも楽しい。29は26の上位互換ではなく、異なるテリトリーに棲んでいるものだ。


26の車体を支配下において操る楽しさは29にはないし、29の安心して車体に身を委ねられる安定感や走破性は26にはない。この差は、コンポ―ネントやフレーム素材の差による違いなどとは異って根本的な違いで、26と29は別種の乗り物。両者は楽しみ方が違う。27.5は乗ったことがないので分からないけど、普通に考えればその中間くらいなんでしょう。27.5は最近大流行りみたいだけど、今の僕が旅に使うには一番中途半端でつまらない選択なので、絶対に選ばない。ロングホールトラッカーとかに入れるには良いかもしれないと思うけど。



3インチタイヤ
DSC00412-002.jpg


カバーだけZEEで、中身はSLXです。SLXのカバーが極度にダサいので換えた。やはり油圧は素晴らしいですね。オフロードで行くなら油圧ですわ。ちょっとワイヤーに戻りたくない。
DSC00416-003.jpg


ステムはポジションが決まるまで最終決定できない部分。メーターはタイヤの耐久性を計るのに付けてますが、見ないのでひっくり返してる(見えると鬱陶しい)。見る人が見れば分かると思いますが、全体的に相当雑に組んでいます(特にワイヤー類の長さとか取り回しとか)。
DSC00418-003.jpg


僕の場合全ての車体でそうなんだけど、日常的に何かしらいじり続けているのでバッチリ決めて組んでも結局また崩すことになる。完璧に合わせてしまうと崩す時に「あーあ(残念)」と思ってしまうから、いい加減のままが良いわけです。神は細部に宿る。とか言いますが、まず全体の構想やバランス感覚がないと、いくら細かい所に凝って細部を完璧に組んでも、全体としてはチグハグになる。細部にまで行き届いた組み手の意志というのは、全体のイメージが描けているからこそ意味を成すものだと、今までの経験(失敗)から思うのです。


最後クランパスから話がそれたけど、クランパスもトロールもロングホールトラッカーも、ようやく車体ごとの性格を掴めるようになってきたので、これから仕上げていくのが楽しい、そして楽しみ。

DSC00414-003.jpg


27

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

ロングホールトラッカーはつまらない?


今回、わたくしは是非、異議を申したい。
自転車旅行に関するブログ記事の中で

ロングホールトラッカーは皆使っていてつまらない

という珍妙な言説を発見したからだ。
ロングホールトラッカーをこよなく愛する私からすれば、何言ってんだバッキャローである。てめーの考え方のがつまらねぇんだバッキャローである。

ロングホールトラッカーは、第二次の旅では使っていないし、次回の旅で使う予定もないが、もう3万キロ以上は確実に走っている。旅だけでなく、日常でもその活躍はますます厚みを増し、優れた自転車であること、そして、生活にこの上ない愉しみをもたらしてくれるものだという思いは深まるばかり。全ての乗り物の中で、自転車が最高である、と今感じている。

DSC00468-001.jpg


珍しい物品や経験の所有によって、自分の存在を優れたものに見せようというのはよくある。高価なブランドものをもつのがそうだし、皆がやらない事をやろうとするのもそう。ロングホールトラッカーがつまらないという発想も同じ所からくる。


DSC00389-001.jpg


しかし、よく考えてもらいたい。本来なのだ。
もし、同じ自転車に乗っている人がいたら、仲間として、ロングホールトラッカーに乗る喜びを分かち合うことができるじゃないか。お互いの自転車を見て、あーだこーだ話すことができたら、そら楽しいだろうと思う(相手がそんなに詳しいとは限らないけど)。

同じのに乗っている人がいたらつまらないのではなく、
同じのに乗っている人がいたら楽しい!のである。


JMGP8823-001.jpg


ロングホールトラッカーとの付き合いは5年くらいになるけど、僕は未だこの自転車の底を見ていない。カスタマイズの余地は無限にある。そして愉しみ方も無限大だ。そうロングホールトラッカーは面白いのです。

これは別にこの自転車に限った話じゃない。誰が使ってるとかブランドの世間体がどうかなんて関係ない。自分が「これが良い!」と思ったものは、誰に何と言われようと良いのだ。自信を漲らせて使えばいい。だって趣味なんだから。


AMGP0921-001.jpg


ついでに、旅で走る道も同じだと思う。
誰かが行ったから行くのではない。逆に、誰も行かないから行くのでもない。私がそこへ行きたいと熱望するから行く。そういう道は、既に誰かが行ってようと、誰も行ってまいと「自分の道」になるものです。


DSC00485-001.jpg


28

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Community: テーマ-安倍政権  ジャンル-政治・経済

Response: Comment 4  Trackback 0

安倍政権の問題の核心は、思想の問題


フェイスブックの投稿ですが、非常に大切なことだと思うのでこちらにもシェアします。
日本人は、安倍政権の問題の核心は彼らのもつ「思想」であることをまず知らなければいけない。





ちなみに自民党の本音



日本人の中に自由も人権もいらないという人いますか?
安倍自民党に反対するのに思想の右左は関係ないと思います。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
29
30
31
12, 2016 < >
Archive   RSS