FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2016年05月 の記事一覧

24

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アワサへ


アディスアベバから次の大きな街であるアワサまで書こうと思ったら、ビックリするほど写真が少ない。

確かに思い返せば、首都を走るのは嫌いだし面白くないから基本写真なんか撮らないし、抜けてからも初日の目的地までは車と砂埃が多くてウンザリしていたから撮っていなかった。ただ基本下りだったので楽ではあったけど。
DSC05110-001.jpg



アディスの南からは、いよいよ大地溝帯(グレートリフトバレー)に入る。
アディスからアワサまで湖が沢山点在している。それらは大地溝帯の地殻運動によって生まれたもの。
DSC05112-001.jpg


あの綺麗に断崖になっているのが、大地溝帯の形成を物語るものなんでしょう。専門的に勉強してないので外してるかもしれませんが。
DSC05119-001_20160520040502682.jpg


そして、流石にビザもあるしアディスほど長くは居れないけど、アワサも少し滞在することになる。


4月のエチオピアはレインシーズン。急に嵐みたいになったりするけど、涼しくて嫌いじゃない。


アワサの街
DSC05123-001.jpg



26

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アワサ


北部のバハダールと、南部のアワサ。

どちらも湖が近い街だけど、個人的には雰囲気はアワサの方が良い。落ち着きがある。
DSC08812.jpg


エチオピアでは本当によくコーヒーを飲んだ。でも、アワサはアボカドジュースの質が悪かったな。
DSC08813.jpg


代わりに大通りにあるジュース兼ピザ屋さんのスペシャルジュースが美味かった。毎朝飲みに行くのが日課でした。ちょっと甘かったけどまた飲みたい。


食事はいつものインジェラ。安定のバイヤナット。
DSC08842.jpg

DSC08847-001.jpg

DSC08851-001.jpg

DSC08855-001.jpg


この人達、本当によく泳ぐよな。生活排水の流れているような湖で泳ぐなんて絶対に嫌だ。
DSC08860-001.jpg


アフリカハゲコウというデカい鳥。
DSC08881-001.jpg



中々のブサイクである。心は綺麗なのかもしれないが。
DSC08841-001.jpg


お休みのポーズ。関節が人間と逆に曲がるんですよね。なんかおかしく感じる。逆に正座しててもおかしいけど。でも、どっちに曲がってもおかしいんだったら、もはや関節の曲がる向き関係ないじゃんというね。
DSC08928-001.jpg


DSC08897-001.jpg


雨季の雲。流石に迫力がある。
DSC08901-001.jpg


DSC08909-001.jpg


ここ最近、そんなに気合の入ってない日記になってますが、ここからです。そうです。ビザの残りがもう少ないのです。どうやら、ようやくエチオピアを本気で走る時が来たようだ。アワサから国境のモヤレまでの最後の500㎞。エチオピアラストランは何が待っているのか、って所でまた次回。


29

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

エチオピア最後の5日間 未舗装路の前編


エチオピアも幹線道路を走る限りはアスファルトだけど、アワサの街を出ると、しばらくの間未舗装路の区間が続く。距離にしたら200㎞ちょいくらいかな。自転車としては2日の行程。

DSC08930-001.jpg


アワサから国境のモヤレまでは500㎞。ちょうど100㎞前後の感覚でいい感じの規模の町があったので、毎日100㎞で5日間。これがエチオピア最後の走行となる。
DSC08931-001.jpg


まず初日に目指したのはディラという町。
アワサからディラまでは、未舗装もあるが舗装区間もそこそこ混ざっていたのでそれほどキツくはなかった。加えて思ったよりもディラが近かった。

DSC08932-001.jpg

少し分かり難いけど、遠くに湖がある。
DSC08933.jpg


スピードメーターを持っていないので、残りどれくらいかは現地人に直接尋ねます。もちろん全然トンチンカンな答えが返ってくることもあるけど、全体的にはそれなりには当てにできるレベルで残り距離が分かる。
DSC08938-001.jpg


それに何となく今アベレージで何キロかというのは分かるから、それに時間を掛ければ、それなりの精度で距離は割り出せる。まあ、聞くにしろ自分で割り出すにしろ、どっちにしろ「それなり」ということですが。


ディラに到着して宿をとり、ふらりと町に繰り出した途端に天候急変。嵐になった。
DSC08944.jpg


そして、問題はこのディラの次の日ですよ。
次の大きめの町アグレ・マルヤムも100㎞くらいだと思っていたんですが、マイルストーンによると、ディラが想像よりも近かった。恐らく90㎞もないくらい。するってえと、アワサ~モヤレ間の距離はもちろん500㎞で変わらないのだから、ディラまでの行程が100㎞に達していないぶん、どこかでその帳尻合わせが必要になる。それがこの日だった。


加えて、前日と違って所々混ざっていた舗装路が消えた。
DSC08956-001.jpg


さらに加えて、アップダウン。
DSC08957-001.jpg


いつか会ったバックパッカーの人が、エチオピアは南部の方が酷い(人間が)と言っていたけど、僕の印象は逆だった。「慣れ」もかなり大きいと思うけど、南部の方が声は沢山かけられるけど素朴で好ましい。マネーと言われる回数は明らかに北より少ないと感じたし、シャツ!ペン!シューズ!なんて単語は一度も聞かなかった。アディス以降、エチオピア人にイラついたことは多分1回くらいしかなかった。ただし、これは道路を走っていて出会う人に関しては、の話なので観光地に訪れる場合は知らないけど。


というわけなので、僕はエチオピア人じゃなくて、アップダウン。ひたすらアップダウンに腹が立っていた。
DSC05125-001_2016052603275902d.jpg


舗装なのは町中だから。「舗装」と言っても、ご覧のようにボロボロでたかが知れている。
DSC05128-001.jpg


エチオピアでよく見られる円形の住居。
DSC05132-001.jpg



途中の町で休憩。
DSC08964-001.jpg


休憩中に地図を見ていたら、凄く暑くて、標高高いのになんでこんな暑いんだと思ったら子供に取り囲まれていて、その熱気で暑くなっていた。みっしりと囲まれていたのでムンムンしてた。

DSC08965-002.jpg


アップダウンを繰り返しながら、段々と上り基調になっていくんだけど、全然上りが終わらないんですけど。
DSC05136-001.jpg


ちょっと下ったらまた上る。基本的に下調べはしないので、どのくらい上るかなどは常に不明。もう下ってもいいんじゃないかと思うもののまだ上るらしい。
DSC05145-001.jpg


そして、ずっと100㎞くらいだと思っていたが、後日調べてみたら、この区間は120㎞くらいある。
DSC05144-001.jpg


舗装ならまあ、ちょっとくらいアップダウンがあっても何とかなる。ただ、未舗装。上りはそれほど変わらないけど、下りでまったく距離が稼げない。しかも、走ってみれば2500mくらいまで標高を上げるじゃありませんか。累計で上った標高は1200m以上と思われるので、距離と累計標高を考えれば、コロンビアで走ったヤルマル~メデジン間に近い。それをほぼ未舗装で走ろうというのだから、これは事前に知っておかないと日没前に着くのは難しい道である。走行中も手を抜いたつもりはなかったけど、特別早くしようという気もなかったので、普通に走っていた。出発も8時半くらいで早くなかったし。


当然、明るい内には辿りつかず、真っ暗になってからも1時間半くらい走ってようやく町に到着。腹減りすぎて2回夕食を食べた。もちろん2回ともインジェラ。


翌朝撮影。
DSC08974-001.jpg


前編は以上。残りは後編へ続く。いよいよエチオピアのラストラン。

31

Category: [アフリカ]エチオピア

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

エチオピア最後の5日間 舗装路の後編


アワサを出て、アグレ・マルヤムまでの前半200数十キロの未舗装区間はエンセーテバナナが生い茂る熱帯的な風景だったが、アグレ・マルヤム以降の舗装区間は、全く風景が変わる。標高的には下げていくが、風景は熱帯から離れ、雨季の緑豊かなサバンナへと変わる。

DSC05154-001.jpg



そのサバンナからの最後の200㎞は感動的な風景だった。


DSC05158-002.jpg


DSC05171-001.jpg



コンクリートで何も見えなくなってしまった街でもなく、人間の手で変えられてしまった農地や森でもなく、最小限の人家と道路、電線以外は、そのままであろう広大な大地は、太古の地球もこうだったのかと思わせる風景だった。僕は、最後の200㎞をずっと感動を覚えながら走っていた。


DSC05212-001.jpg


風景以外の、何千回も受けてきた子供からの声援も、幼子を背負いながらご飯を作る母親の姿も、牛耕で畑を耕す農夫の姿も、カラフルな衣装を身にまとった民族も、目の前で繰り広げられるエチオピアの日常のすべてが感動的だった。


DSC08990-002.jpg


DSC05201-001.jpg


DSC05219-001.jpg


エチオピア人には、石をぶつけられ、背中も叩かれ、バッグも蹴られ、サンダルや自転車の小物も幾つか盗られた。これほど色々やられた国は未だかつてない。が、それでもなおこの国に対して悪い印象など一つも残らなかった。


DSC05216-002.jpg


あの酸っぱいインジェラも、大人や子どもの「ユー!ユー!ユー!」というかけ声もこの国だけだから、この先はもう無いのかと思うと、やっぱり面白い国だったんだとあらためて思う。間違いなく、僕はエチオピアが好きだった。


DSC05220-001.jpg


確かに腹の立つこともあった。
やられた事とその回数を考えれば、他の国でもあることだし、とは言い難い数ではある。しかし、それを遥かに超える数の楽しさや感動をくれた国でもあった。嫌だと思ったことの何十倍も僕は楽しいと感じて旅をしていた。感動的な風景を最後にエチオピアを去ることができて良かった。もう来ることはないだろうけど、この国を旅することが出来て良かった。というわけで、どうもありがとうございました。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
5
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
20
22
25
27
28
30
05, 2016 < >
Archive   RSS