FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2015年11月01日 の記事一覧

01

Category: [欧州]ドイツ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 6  Trackback 0

イエナからフランクフルトまで


ツウィッカウのあと、ステファンとバーバラに詳細な地図をプリントしてもらった僕は、マイナーロードを通り、ドイツの標識の分かり難さに若干、いや結構いら立ちを覚えながらも古い大学町のイエナに着いた。イエナは学生が多いからか街の雰囲気が若々しい。より東側の深く暗い森とは違って、広葉樹が増え、雰囲気も明るく滞在したくなる空気。


イエナはカールツァイス創業の地です。この写真もツァイスレンズです。
DSC02984-001.jpg

キャンプ場近くの丘からの眺め。
DSC03038-001.jpg


DSC03054.jpg


イエナのキャンプ場は良かった。7.5ユーロで、無料ホットシャワー、Wi-Fiは多分有料なんだと思うけど、フレンドリーなオーナーで2時間分タダで使わせてくれた。そして重要なのは街の中心から近い。ドレスデンとか次のボンとか遠すぎだわ。片道で50分くらいかかる。
DSC03008-001.jpg


DSC03059.jpg


このイエナから1週間ほど、季節が逆戻りしたのかと思うほど暖かく、晴れた日が続いた。
DSC03087-001.jpg


DSC03099-001.jpg


こういう道場の花に癒されていました。
DSC03108-001.jpg


そしてワイマールの先、エルフルトからフランクフルトは電車で飛ばした。はっきり言って、あの南ドイツのアップダウンを走るのは面倒くさい。時間もそんなにない。ということで欧州初鉄道でアメリカ大陸を通じても初の鉄道移動。言語的不自由で、フランクフルト中央駅に行ければよいものを、間違えて空港までのチケットを買ってしまうというミスを犯したが、途中で降りれば良いだけの話だし、そのまま乗り込めるヨーロッパの鉄道は素晴らしく楽だった。エルフルトではエレベーターが壊れていて二階のホームまで自転車担がなければいけなかったりしたけど。


フランクフルト駅
DSC03121-001.jpg


DSC03128-001.jpg



着いたのが夜だったので、ここで朝まで時間を潰したのだけど、まさかそこでアルバニア人に日本語で話しかけられるとは思わなかったな。


日本語が達者なアルバニアの青年。名前は聞いていなかったけど、イタリア語とドイツ語も喋れる堪能な語学力。ケルンで大学に通っているらしい。写真はしっかりジャパニーズスタイルでピース。
DSC03130-001.jpg



そしてここフランクフルトからの西ドイツの旅はライン川沿いを走っていくことになる。正確にはライン川にぶつかるまではマイン川に沿って進むのだけど。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
23
25
26
27
28
30
11, 2015 < >
Archive   RSS