愉しい自転車&生活

2015年01月 の記事一覧

01

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

あけましておめでとうございます


JMGP9393ss.jpg

昨年は砂漠で迎えたお正月。
今年は予想だにしてなかった日本でしたが、次のヨーロッパ、アフリカに向けて力を蓄えながら一歩ずつ前進していきたいと思います。一時帰国で更新頻度が落ちていますが、いつも読んでくれている方、ありがとうございます。たまにの方もありがとうございます。初めての方は初めまして。今年もよろしくお願いします。

03

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

初詣


ちょうど買い物へ行く途中に布施弁天があるので、ついでに初詣の雰囲気を味わってきた。
自分が詣でるというより、海外のお祭りを見るような感覚。

DSC02104s.jpg


DSC02116s.jpg

DSC02110s.jpg


DSC02153s.jpg

DSC02163.jpg

河川敷で凧揚げ。
DSC02133.jpg

DSC02149s.jpg


マウント富士
DSC02171s.jpg


次回の旅では日本を撮った写真をミニアルバムにして持っていく予定。
欧州やアフリカの人からしたらオリエンタルな日本の風景は大変異国情緒を感じると思うので面白いかなと。コミュニケーションの手段にもなるし。

14

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

体力づくり


体力づくりと、まだトロールで100㎞を超える距離を走ったことがないのでポジションのチェックを兼ねて筑波山まで行ってきた。
DSC00135s.jpg


行程としては、自転車で麓まで行き、自転車を置いて走って登り、
走って下り、自転車で帰る、というもの。
DSC00140s.jpg


メーターを付けてないので正確な距離は知らないけど、
おそらく自転車は往復で110~120㎞の間。登山は2.8㎞、標高差610m。
DSC00144.jpg


旅をして思ったけれど、体力や筋力というのは絶対的なものだ。もちろん特別無くても旅は可能だけれど、並み以下であれば、それは単純に並み以下のエネルギーしか持たないことになる。
DSC00145.jpg


体力的な不足を精神力で捻じ伏せられるほど精神力が強ければ別だろうけど、僕の場合、単純に体力の不足分はそのままあらゆる不足に繋がる。
DSC00146s.jpg


ということがよく分かったので、筑波山。
DSC00150s.jpg



自転車で身体にあまり負担をかけずに有酸素運動をし、登山によって身体を操作する感覚や足腰の強さを養う。山道のような不整地だとアスファルトとは異なり全方位的に身体を使えるので良い。
DSC00156.jpg


自転車のポジションの方は120㎞程度であれば特に問題はなかった。普段10㎞20㎞程度しか乗っていない状態で、いきなり120㎞走って自転車での痛みが無いというのは結構凄いことだ。例えばこれをロードバイクでやったら確実に首、肩、手、腰、尻、などなど至る所に痛みを抱えていたでしょう。
DSC00160.jpg


一応自転車で行ったという証拠写真(笑)
DSC00162.jpg



どのように旅をしたいか?という自分のめがけるものに適ったポジションに近づいているようには思う。ただ、いうても120㎞走ったか走ってないかという半端な距離。問題はこの先。160とか170㎞くらい走って問題が出なければ完全にオッケーだろうと思う。家から銚子まで往復180㎞くらいはあるので、もう少し日が延びたらやってみるかな。ちょっと5時前に太陽沈まれちゃうと180㎞は走る気しないのでせめて2月半ば以降だな。


DSC00165.jpg


遠くに富士山。
DSC00168s.jpg


体力つくり云々を抜きにして単純に筑波山の登山は面白かったので、ちょくちょく行きたいと思った。どちらかと言えば、今回の最大の収穫は体力づくりでも自転車のポジションでもなく、筑波山の楽しさ発見だったので。

18

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Community: テーマ-政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル-政治・経済

Response: Comment 19  Trackback 0

本当にふざけてる辺野古基地建設


http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=98231

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-237483-storytopic-271.html

辺野古基地建設の抗議運動の中で、逮捕者が出たけれど、住民は基地建設に反対し、その民意は選挙でも明確になった。にもかかわらず、県民の意思を無視し、強行的に建設を進めようとする政府。本当にふざけんなよ、と思う。逮捕されるべきなのはどちらか。悪い事をやっているのはどちらか。まさにそこに住む住民、そしてこれまでずっと負担を強いられてきた県民の意思を無視して強引に建設を進める正当性が一体何処にあるのか。

自分の身に置き換えたら少しは分かると思う。
自分の住む地域に米軍基地。騒音、事故、犯罪、それらの危険を受け入れなければいけない。そういった危険を押し付けられてきた沖縄県民が、新たに基地を造ることに反対するのはあまりに当然でしょう。それを一切聞こえぬふりをして「粛々と進める」とバカの一つ覚えのように繰り返す政府。強引な工事に直接抗議して犯罪者扱いされる住民。果たしてどちらが犯罪的行為なんでしょうか。考えるまでもないと思います。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01, 2015 < >
Archive   RSS