愉しい自転車&生活

2014年07月 の記事一覧

03

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Community: テーマ-政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル-政治・経済

Response: Comment 2  Trackback 0

日本は凄い国だ


本当つくづく思うけど、日本は凄い国ですね。って書くと、海外行ったからその比較で日本は良い国だと主張をするように思われるかもしれませんが、残念ながら逆の意味での凄いです。

一昨日、安倍内閣は解釈改憲という手法で9条の内容を変えてしまった。非常にムカついて、旅のことについても書きたいことはまだあるのだけど呑気に書く気なぞ起きやしない。

何故か報道もしれっとしたものが多いけど、今の政府は「憲法違反」していますからね。違憲政府。「集団的自衛権」とは他国で行われている戦争に参加する権利なので、9条を変えない限りは行使出来ない。が、それを閣議決定だけで行使出来るとしたのだから、これはもう完全にアウト。

9条にはこう書いてある。全文です。

「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


ちなみに日本国憲法の前文にはこうある。

「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」

これだけ明確に禁止している文章のどこを読めば他国に赴き武力行使ができるとなるんでしょうか。しかもハッキリと「ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。」と、主権の所在と憲法は国民が定めているものだと書いてある。内閣が勝手に解釈変えて内容を変更できるわけないでしょう。





あと閣議決定した新三要件。

(1)日本への武力攻撃や密接な関係にある他国への武力攻撃が発生し、日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある
(2)日本の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がない
(3)必要最小限度の実力行使にとどまる


安倍総理は湾岸戦争やイラク戦争のような戦闘に参加することはない、歯止めになっていると明言していますが、この三つが条件であれば戦争なんか簡単にできる。

例えば、イラク戦争で日本はいち早く米国を支持し、実際に自衛隊は現地へ行きましたが、その結果日本もテロの標的である、と言われてしまいました。さぁ日本もテロの標的。これはまさに新三要件にある「日本の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」事態と言えるでしょう。そして、暴力に訴える相手には暴力で対抗するしかないのだからその他の適当な手段もない。(3)の必要最小限の実力行使は、これは相手あってのことなので相手が攻撃をしてくればこちらもせざるを得ないし、戦争が長引けばそれだけ長い期間せざるを得ない。「一発だけミサイル打って終わり」とか、いざ戦いになった時にそういう制限はまず出来ない。ここで言う「必要最小限」は時と場合によって如何様にも広がっていく。

といったように、これだったら戦争なんか簡単に行けるよ。
この条件では海外での武力行使は禁じられていない。当たり前だ。海外で戦えなかったら集団的自衛権じゃないのだからそこに制限を設けることができるはずはない。


ちなみに防衛省のホームページには自衛権についてこんな風に書いてある。

(3)自衛権を行使できる地理的範囲
わが国が自衛権の行使としてわが国を防衛するため必要最小限度の実力を行使できる地理的範囲は、必ずしもわが国の領土、領海、領空に限られませんが、それが具体的にどこまで及ぶかは個々の状況に応じて異なるので、一概には言えません。
しかしながら、武力行使の目的をもって武装した部隊を他国の領土、領海、領空に派遣するいわゆる海外派兵は、一般に自衛のための必要最小限度を超えるものであって、憲法上許されないと考えています。

(4)集団的自衛権
国際法上、国家は、集団的自衛権、すなわち、自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止する権利を有しているとされています。わが国が、国際法上、このような集団的自衛権を有していることは、主権国家である以上当然です。しかしながら、憲法第9条の下において許容されている自衛権の行使は、わが国を防衛するため必要最小限度の範囲にとどまるべきものであり、他国に加えられた武力攻撃を実力をもって阻止することを内容とする集団的自衛権の行使は、これを超えるものであって、憲法上許されないと考えています。


これ、僕が勝手に言ってるんじゃないですからね。
防衛省のホームページに書いてあるんですから。これが今までの政府見解。安倍総理の言ってることと全然違うから偽のページじゃないかと疑ってしまいましたよ。

一応リンク貼っておきましょうか。
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/seisaku/kihon02.html



最後、これこそ本当に日本のとるべき道だと思った活動を。
フェイスブックで見つけたもので長いですが読んでみてください。
こういうことが出来るなら、良い意味で凄い国だと思います。



06

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Community: テーマ-政治・経済・社会問題なんでも  ジャンル-政治・経済

Response: Comment 29  Trackback 0

泥 憲和さん 元自衛官の方の安倍批判


泥 憲和さんという元自衛官、防空ミサイル部隊の方の発言です。
フェイスブックの方では2万3000件以上シェアされています。
僕もシェアしましたが、ブログでも紹介したいと思います。






街頭にて(泥 憲和)

突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、その話をします。
私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。
日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。

いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。
でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。
自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。

いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。
日本を守る話ではないんです。
売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。
売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。
それが集団的自衛権なんです。
なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、
安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来いというのです。
冗談ではありません。
自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。
なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。
自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。
見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。
当然ですよ。
だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

みなさん、軍隊はテロを防げないんです。
世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。
自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。
みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊はテロから市民を守れないんです。
テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。
だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。
みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。
日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。
そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。
アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。
米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。
自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。
そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。
どうしたと思いますか。
軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。
そういうものなんですよ、戦争というのは。

安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。
絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。
自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。
一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。
だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。
私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。
使い方を間違ったら、取り返しがつきません。
ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。
でもね、戦場は国会とは違うんです。
命のやり取りをする場所なんです。
そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、
この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

これからが正念場です。
だから一緒に考えてください。
一緒に反対してください。
選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。
まだまだ勝負はこれからです。
戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。
しっかりと考えてくださいね。
ありがとうございました。

06

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

ブログ内容について


ニッキさんよりブログの内容について、いきなり政治の話題を書くのは不自然ではないかとコメントを頂きました。いままで読んで頂いていた方にも伝えておく必要があると思いましたので、以下返したコメントそのままなのですが読んでいただければと思います。


コメントありがとうございます。確かにタイトルと最近書いた記事の内容がかけ離れてしまったのはそうだと思います。このままこのブログ内でこの話題について書き続けるのは、それはやはり趣旨が変わってしまうので出来ないとも思います。ただ、何故今回書いたのかというと、自分の住む国がこのような状態にあって何事もないように旅のことだけ書く、その事の方が不自然だと思ったからです。表現として伝わるかちょっと分かりませんが、これを全く無視してしまったら自分のやってる事が嘘になる、そう思いました。

政治などについて本格的に書きたいなら、ブログを改める必要があるのはその通りだと思いますから、その場合はそうします。ただ、完全にゼロにしようとは考えていません。バランスの問題だと思いますし、どちらにしろ次に旅へ行く場所が中東やアフリカ、最後は中国・韓国なので、日本がどのような状態であれ政治や社会問題について触れなければならないと考えてはいましたので。
政治の話題を書くと離れてしまう人もいるだろうとは思いますが、でも、今の状況を僕は無視できない。そういう人間が旅をして、このブログを書いている、そうご理解いただければと思います。

色々と書きましたが「自転車旅行ブログ」という部分はぶらさない様にやっていきますので、よろしくお願いします。


13

Category: [その他]政治・社会

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 13  Trackback 0

あれ?政治の話ってしちゃいけないの?


最近ブログの方に色々コメントがきていますが、
政治の話題をこのブログで書いた所、不自然、失望、心配などという言葉をありがたーく頂戴いたしました。

確かに今までそういった話は書いてきませんでしたが、なにやらまるで政治の話を語ってはいけないかのようなコメントに、あれー?日本って政治の話をしてはいけない国だったっけ?と危うく騙されそうになってしまいます。

むしろ日本では若者(以外もですが)の政治的関心が低いと嘆かれていますが、そのような状況にあって政治に関心を持ち、考え書いてているのですから、これ自体褒められもいい事ではないかとすら思えますが、逆に不自然・心配・失望されるというのは何という国でしょうか。それとも表面的には関心を持てとしながらも本当は関心をもって考えてはいけないという事なのでしょうか。政治の話は政治家しかしてはいけないのでしょうか。

僕も勉強中の身ですから間違っていることもあるでしょうし、それならコメント欄を開放しているのだから指摘すれば良いことです。

自転車旅行ブログでは政治の話題を書いては駄目だ、いまだかつてその様な言説は聞いた事がございません。書いているブログも実際ありますし。しかしこのブログは、ただ単に楽しくキャッキャウフフ旅をして、それについてのみ書いていれば良いということなのでしょうか。旅行だけしていたって、その最中に現地人と政治や宗教の話をする事は普通にあることなのですがね。自分としては訪問者数が減っても一向に構いませんので(これで飯を食っているわけでもありませんし)、書きたいと思ったら書きます。一応誤解のないように付け加えると、旅がメインであるというのは変わりません。

いや、世の中は分からないことで溢れています。しかし、だからこそ面白いのですが。


19

Category: [北中南米後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

勉学に勤しむ


「過去に眼を閉ざす者は、未来に対してもやはり盲目となる」

というのはドイツのワイツゼッカー元大統領の言葉ですが、それにならってというものではないけれど、次の旅へ向けて(もちろんその後にも向けてだけど)、勉強を始めている。

アメリカ大陸縦断前は、その土地や国、文化、歴史について特に勉強することはなかった。そんなことよりも、どんな装備を持っていくかばかり考えていた。まあ自転車で世界一周するという事を考えればそちらに意識がいくのも無理のないことだと思う。ただ、一時帰国して旅と距離を置いた今、当然反省点も出てくるわけだ。

その一つとしてあるのが、人や文化、歴史に対する見方。
この旅において、最も大きなモチベーションになっていたのは「地球(自然)を見たい」という気持ちで、これはボリビアの宝石の道を走ってハッキリと自覚したものだった。当然その気持ちに変わりはないけれど、帰国して、(特にボリビアで)その気持ちがある程度満たされたと分かった時、次に出てきたのは「人間」だった。

他の旅行者に写真を見せてもらったことは何度かあるのだけど、やはり「人間」の写った写真は面白い。瞬間で変わりゆく表情、写真に写るその人の人柄と撮影者との関係性、また周りの景色も含めた雰囲気。
自分の写真を振り返るとほとんどそこに眼が向いていなかった。分かってはいたけど風景写真ばかり。いま、日本にいるから余計に、自転車で世界を周るという事がどれほど貴重な体験だったのかという事を感じる。もっと眼を剝いて見るべきものが沢山あった。

あまり歴史とか分からないし、人類文化も興味ないし、とりあえず夢だし楽しく世界一周出来て何かが得られれば良いな、という姿勢ではあまりに勿体無い。自然も多様だけれど、人類文化だって実に多様。せっかく実際に行くのだから、しっかり見たい。そう思うのはあまりに当然だ。

例えば次に控えるアフリカ大陸。
言わずもがな人類生誕の地。

いまから約2000万年ほど前、アフリカ大陸では大型の類人猿が活躍していた。
その類人猿が地球の環境変化に適応する過程で猿人として進化の道を歩み始めたのが約440万年前。今のDNA研究で人間とチンパンジーにはほんの僅かな違いしかないと言われているのだから、類人猿と猿人の差など無いに等しいほど僅かなものでしかないのだろうと思う。しかし、そのほんの僅かな差こそが決定的な差であり、運命的な差だった。そこから人類の祖はゆっくりと、しかし地球の歴史から見れば驚くべきスピードで進化していく。180万年前には原人が登場する。原人には体毛がなく、発汗で体温を調整する、未熟な段階で子供を生み、長い期間かけて大人になる、など現代人に近い特徴を多く持った。そこからさらに進化し、現代人とほぼ同じ特徴を持ち、直接の祖先と言われる新人が誕生するのが約10万年前。


エチオピアで発見され、当時最古だった猿人ルーシィ
DSC00298.jpg


生物は環境の変化に対応して進化していく。しかし、人類の進化は始めこそ地球環境の変化に対するものだったかもしれないけれど、独自の人類文化を発達させるにつれ、その自らがつくりだした文明と環境に適応する形で進化していくようになったのではないかと思う。それが急速な進化の要因ではないかなぁと思う。ま、想像ですが。


というように、アフリカ大陸がどのような場所であるか。どのような歴史があるか。それを知らないまま走れば、そこを走るという事には、どんな意味があり、どんな価値があるのか、自覚しないまま旅をすることになる。もちろん、そんな自覚は無くとも走れるし、素晴らしい体験はできるでしょう。でも、なんてもったいないんだと思う。

「猫に小判」じゃないけれど、その価値を知らない者に高価なものを与えても意味がないのと同じく、そこを旅する価値や意義を分からない者がその土地を旅しても意味がない・・・とまでは言わないけど、それは非常に勿体無いことだと思う。その勿体無いことを僕はアメリカ大陸の旅ではやっていた。

だからこそ、勉強する必要があると感じた。
旅にテントを持っていくのと同じ位に必要な事だと感じた。



ものの見方、感じ方というのは写真にも直結しますからね。
DSC00183.jpg


実は新しいカメラを買ったので、
次回はその事についてでも書こうかと思います。
DSC00240.jpg


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2014 < >
Archive   RSS