FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2014年05月17日 の記事一覧

17

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

オルトリーブの壊れる場所


大変便利で耐久性も高く、使っている人も多いオルトリーブのバッグ。
いろいろな自転車旅行者を見てきたけれど、やはりオルトリーブ率は高かった。ただ思ったよりもオルトリーブ以外のものを使っている人もいて旅前の想像よりはシェアが低かったけど。

で、そんな人気のオルトリーブ製品の「実際使ってどうなるか」

まず壊れる部分

バックル
DSC00565.jpg

これはバックローラーなんだけど、サイドのバックルじゃなくて真ん中のやつが折れています。4つあるバックローラーの内3つで同じ部分が壊れた。サイドのバックルがあれば無くてもさして問題はないのでそのまま使っていたけど。


次にこのパーツ。これは何かというと
DSC00567.jpg

キャリアに引っ掛けるフックに取り付けるもの。これでパイプの太さとフックの幅を合わせてガタをなくす。このパーツはいつの間にかとれて無くなっていた。
DSC00568.jpg

なくなった状態。
DSC00656.jpg

同じようにこのパーツがとれてしまった人もいたので、よくある事なんだと思う。

そのままではガタガタなのでキャリアの方にゴムチューブを巻いて使っていた。なくなりやすいパーツなので初めからキャリアの方を太くした方がいいんじゃないかとも思った。ちなみにゴムチューブはその辺に落ちていたものなので工事費はタダでした。
DSC00620.jpg



あとは穴ですね。
僕はグアテマラで大ゴケしてるのでバックにも大穴が開いたのだけど、持っていたガムテープを表と裏、両方から貼り付けて穴を塞いで使った。

表側は剥がれ易いのでさらに瞬間接着剤つけて剥がれにくくしてます。これで防水性は完璧。浸水することはなかったし、グアテマラで穴が開いてからアルゼンチンまで普通に使えた。
DSC00566.jpg

グアテマラで開いた大穴。
DSC00655.jpg


これは事前に底に張っていたガムテープ。一度張り替えてる。所々擦れて穴が開いています。
DSC00654.jpg


といったところです。
今の所深刻なダメージはない。といってもコケた時の穴は拳が入る程度には大きかったけど。まあでもガムテープで直るくらいだから大した問題ではなかったということ。
オルトリーブは確かに防水で脱着が容易でストレスフリーなバッグだけど、無敵のバッグではない。破れるし、壊れるし、ネジも緩む。ちゃんと、大事に使ってこそのものだと思います。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
13
15
16
18
19
20
21
22
24
26
27
29
31
05, 2014 < >
Archive   RSS