FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2014年02月 の記事一覧

09

Category: [その他]旅の情報

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

チリ サンティアゴの宿とか自転車屋とか情報


まず宿。

これはホステル・タレスという場所に泊まった。
チリは宿代が高いし、都会での宿探しは探す前に放棄したいくらい面倒なので初めから調べていった。

ドミトリーで1泊6000ペソ(5000から値上がりしてます)。
僕は16泊したけど長期滞在で割引してくれて、7日目までは6000。
それ以降は5000ペソだった。

トイレは3つだけどシャワーは1つ。ガスでお湯は問題なし。
手洗いの洗濯は不可。洗うならオーナーのスコットに頼む。
1日分くらいの量で500ペソだった。

キッチンはあり。ワイファイもあり。
スコットはヘンタイだけど良い人です。居心地は良かった。


場所はConcha Y Toro 41
メトロだと最寄駅はRepblica。
O'higgins通りとブラジル通りの交差点から近いです。



次、自転車屋。

サンティアゴで自転車パーツを揃えるなら2箇所。
一つはサンディエゴ通りにある自転車屋街。
もう一つはモールスポーツというスポーツ用品専門のショッピングモール。

両方行ったけど、自転車屋街の方が良いと思います。
結構な数のお店があるので、部品などは自転車屋街のほうが揃う。

場所はSan Diego通り。
Copiapo通りとの交差点から南に沢山あります。
北に数ブロック行った所にも何店舗かあるけどコピアポ通り以南の方が数も質も上。


あとモールスポーツだけど、これはサンティアゴの結構外れにある。
徒歩では行けない距離なので行くならメトロとバスを使う必要がある。
まぁ自転車なら行けるけど。

タレスに泊まったのでそこから行く前提で言うと
メトロで行くならレプブリカから乗ってマンケウェという駅で降りる。
そこからC01というバスに乗る。
もしくは406番のバスに乗って終点まで行き、そこから進行方向に歩く。
たぶん歩いて15分くらいかな?
乗り継ぎない分バスのが楽かな。

ちなみにバスに乗るにはスイカみたいなカードが必要です。
メトロの駅で買えます。発行料で1300ペソくらいだったかな。
それにプラスでチャージする感じです。



あとは郵便。
サンティアゴから必要ない荷物を日本に送ったんだけど3.5kgくらいで60ドル弱。
速達だと同じ重量で90ドル弱だったかな。
15~20日で着くと言われたんだけど、実際には1週間くらいで到着した。



あとは・・・そうだな、ベガ市場。
スーパーよりも遥かに安い。ただ少量では買いにくいので1泊2泊で出るならスーパーで買ったほうがいいけど。ちなみにフルーツが安くて甘くて美味しいです。メロンが一個1ドルとか。バナナ3kgで2ドルとか。場所はアルマス広場の北。川を渡った向こう側。
雑貨系はメトロの中央駅(Estacion Central)の西側一帯にあるガヤガヤした場所が安いです。




10

Category: [南米]チリ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

プエルトモンへ くそ面白くない高速道路走行  出発578~585日目


一個一個書くの面倒だし、
ひたすら走ってただけなので8日分を一気に書きます。


2014年1月26日
サンティアゴ出発。目指すは1000km先のプエルトモン。一応毎日それなりの距離歩いてたから運動不足ではないだろうと思っていたんだけど、完全に駄目だった。16日の滞在であのペルーから培ってきた走力は失われてしまった。初日から筋肉痛。
AMGP1446.jpg




1月27日
この日はこの旅最長の186km走行。
AMGP1449.jpg




1月28日
2週間自転車に乗らなかったのにいきなり初日161km、2日目186kmというアホな距離を走ったら、もの凄い筋肉痛。後半は全く踏めずに向かい風とはいえ平地なのに時速10kmとかで走っていた。
AMGP1453.jpg


夜飯は米。肉は無いので野菜とソーセージでテリヤキ。サンティアゴで出会ったヨシさんというバックパッカーの方が料理が上手なので教わりました。あとはクリームシチューも作れるようになり、その応用であんかけの作り方も会得した。そしてカレーの完成度も高くなった。女子力が上がりました。
AMGP1465.jpg



1月29日
筋肉痛は幾分か回復したけどやはり後半は全く脚が残らず112kmでストップ。コカコーラライフを初めて飲んだけど、飲みやすくて良かった。
AMGP1470.jpg




1月30日
昨日、走行距離を抑えたので大分回復。
AMGP1473.jpg


プエルトモンまで500km切りました。
AMGP1475.jpg





1月31日
この日は途中でチーズを買った。濃厚で美味い。
AMGP1477.jpg


夜はカレー。面倒臭がらずにちゃんと作ると美味しいし、それが面白い。簡単にチャチャっと作れることも必要だけど、ちゃんと作れることも必要。
AMGP1482.jpg




2月1日
162km走行。夕方から雨に降られた。
AMGP1488.jpg




2月2日
プエルトモン到着の日。朝焼けが綺麗だった。
AMGP1496.jpg


12時頃にプエルトモン到着。でも雨が降ってきて雨宿りと宿探しに苦戦。結局宿に落ち着いたのは3時頃だった。
AMGP1503.jpg



という感じで本当に走っただけ。

161km、186km、131km、112km、131km、111km、162km、68km

以上7泊8日の走行でした。本当は6泊7日で行くつもりだったのに。
サンティアゴで脚が衰えすぎていた。

プエルトモンで少し休んでここからはアウストラル街道。
いよいよパタゴニアに入る。



16

Category: [南米]チリ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アウストラル街道へ  出発588日目


2014年2月5日


プエルトモンには3泊した。
2泊の予定だったけど、朝起きたら雨、雨、アメ。というわけでもう1泊。滞在を延ばした所で晴れる保証もないけど、週末に向けて良くなっていく予感を信じました。


サンティアゴからだけど、ちょっと荷物の積み方とかが変わっています。リアキャリアの上がスッキリした。
AMGP1512.jpg



雲はあるけど太陽が出てる。幸先良い。
AMGP1519.jpg



ちょっと走ると、アウストラル街道の出発点。ここからビジャ・オイギンスまでの約1200kmの道のりはカレテラ・アウストラル(アウストラル街道)と呼ばれている。
AMGP1520.jpg



パタゴニアといえば更に南のフィッツロイ、ペリトモレノ氷河、パイネなどが超有名ですが、サイクリスト達にはそれらと並ぶほどにメジャーなのがアウストラル街道。なんでサイクリストの間でそれほど有名なのかというと、移動手段に乏しくバックパッカーというスタイルでは中々旅行しにくいということが一つ。あとは単純に自転車以上にここを楽しめる移動手段は無い、ということ。言い切ってしまいましたが、言い切ります。この道に関しては自転車が最も楽しめる。

なぜならば、「道そのもの」が観光地だから。ある場所を拠点にトレッキングやなんやらという楽しみかたももちろんできるけど、道中流れていく美しい自然全てが観光の対象になるこの道においては自転車以上の手段はない。それこそ自転車旅の本質という部分ですから。


というわけで、前置きはこのくらいで、
とりあえずカレタ・ラ・アレーナという所まで行きます。
そこで一度道が途切れるので船に乗り対岸まで渡る。
地図を見ればわかるけどチリ南部は非常に複雑な海岸線になっている。その上、山や森が海の直ぐ近くまで迫っているので道路が非常に造りにくい。。んだと思う。だから船使うのでしょう。



晴れてます。ちなみにこの辺りは雨がかなり多い地域です。多い月は日本の梅雨時期くらいに降る。1月、2月は一番雨の少ない時期。多いのは5~8月。でも安心してください鹿児島県の人。多いといっても鹿児島県の6月に降る量の半分以下なんで。
AMGP1529.jpg



プエルトモン周辺はもしかして日本よりも雨多いんだろうかと思って調べたんだけど、日本の方が遥か格上だった。そりゃ日本があれほど緑豊かなのも納得できるわ。







うん。わかるよ。看板無くても。
AMGP1532.jpg



見えてきましたラ・アレナ。
AMGP1530.jpg



チリだって地震のある国だから津波に相当する単語はあるはずなのに何故「津波」が世界共通語として使われるのか。あの現象は言葉で言うとやっぱ「津波」って感じなんでしょうか。
AMGP1533.jpg



一回目の船。この船はタダだった。
AMGP1534.jpg



南部は本当に緑が豊か。
AMGP1543.jpg

チリ北部なんかコレですからね。ギャップが凄い。
AMGP1323.jpg



到着。
AMGP1546.jpg



では行きますかね。いつの間にか完璧に晴れまくってます。
AMGP1547.jpg



でた。アップダウン。この国、基本的にアップダウンしかない。サンティアゴからプエルトモンは大体平坦だった気がするけど、アタカマ~サンティアゴ間はずっとアップダウン。そしてアウストラル街道もかなり激しいアップダウンと聞いてる。
AMGP1548.jpg



未舗装になった。そしてアップダウン。
AMGP1554.jpg



パンクした。
AMGP1556.jpg



そしてアップダウン。
AMGP1558.jpg



適当な茂みに入って
AMGP1564.jpg



突撃となりの晩御飯
AMGP1567.jpg



今夜はカレー。
AMGP1570.jpg



アウストラル街道初日。
とりあえず晴れてよかった。
「日ごろの行いが良いからかな。そんなこと言って明日嵐になったりしてね。」とか思ったんだけど、まさか本当に嵐になるとはね。

次回に続く。



18

Category: [南米]チリ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

雨のアウストラル  出発589~590日目


2014年2月6日


朝起きたら雨でした。昨日の晴れはいずこへ・・・。
AMGP1572.jpg



今日はオルノピレンという町へ行く。そこから2回船に乗り継ぎカレタ・ゴンサロという船着場まで行く。その後はしばらく船はなし。陸路をひた走ることになる。


船は午前と午後で1便ずつ出てるだろうと思って、昼ごろまでに到着してその日の船に乗ろうと思っていた。が、船は10時半と12時の2便。結局、その日は乗れなくて次の日の船を予約。



チケットオフィス
AMGP1586.jpg



このチケットオフィスの隣に小さなカフェがあって、そこのラファエルというお兄さんが親切だった。外のテーブルで昼飯食ってたらコーヒーくれたし。キャンプ場の情報などもくれた。チケットオフィスはシエスタで昼から3時半くらいまでは閉まるので、その間は隣接するラファエルのカフェがインフォメーションセンターみたいになり、観光客の相手をしていた。


で、この日はそのラファエルに聞いたキャンプ場で泊まることに。なんと屋根付きのキャンプ場らしいので、この雨でも濡れないし。4000ペソだから宿とるよりも安いし。



キャンプ場に行く途中。イカダで旅というのも面白そうだな。旅というより冒険だな。イカダは。
AMGP1592.jpg



キャンプ場。屋根といってもビニールシートだけど、十分、十分。濡れないし。
AMGP1576.jpg



コーヒー淹れて
AMGP1602.jpg


おやつタイム
AMGP1606s.jpg



そして商店で買出しして本日はシチュー。
AMGP1615.jpg




雨は朝からしつこく降り続いている。
このままシトシト降るのかなと思ったら、夜、みなが寝静まった頃から急激に天候が荒れだした。荒れ狂う暴れ狂う。風が地鳴りのようにうなりをあげながら海のほうから襲ってくる。周りを木々に囲まれているから、いくぶん風はマシなはずだけど、それでも小屋がブッ壊れるんじゃないかというほどの豪風。ビニールシートは飛ばされる寸前。当然屋根がある程度では全く駄目。油断してフライシートをかけなかったテントはびしょ濡れ。ぼく涙目。

紐を使ってビニールシートが飛ばないように固定。
最初に使った麻の紐はあっけなく引き千切られた。しかたなく自分で持っていた紐で固定。最近、紐を色々な所に使ってしていたので結び方をいくつか覚えていたのが役に立った。

結局朝には収まっていたけど、猛る風の中で安眠はできず寝不足気味で朝を迎えた。






翌日2月7日

昨夜は何だったのかというくらい穏やかな朝。


青空!!と思って喜んだけど、すぐに雲に覆われた。ぬか喜んだわ。
AMGP1627.jpg



フェリー乗り場へ向かいます。雨は降ってはいない。
AMGP1629.jpg




あれは違う船です。
AMGP1638.jpg



この船で行きます。5000ペソだった。
AMGP1641.jpg



船から見た虹。
AMGP1658s.jpg



自然が深みを増してきました。
AMGP1661.jpg




そして、4時間ほどで船着場まで到着。
着いた船着場から10kmほど先に別の船着場があり、今度はそこからまた船に乗る。ちなみに次の船は1時間後。その次もあるから逃しても大丈夫ではあるけど、待つの嫌だから次に乗ります。未舗装だし、アップダウンもどれほどあるか不明なのでぶっ飛ばして走りました。



40分ほどで到着。楽勝でございます。
AMGP1665.jpg



次の船は40分ほどで到着。
着いた後に少し走って橋の下で野宿。
キャンプ場もあったけど、今日は"飛ばされない屋根"のある場所が良い。



夜はパスタです。湿った薪でも一撃で火を点けられるようになりました。
AMGP1668.jpg



雲は多かったけど、雨に降られることは無かったな。
この調子で良い方向に向かってくれるといいんだけど。



22

Category: [南米]チリ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

しっとりグリーンのち晴れ  出発591日目


2014年2月8日

明け方はパラパラ降っていたものの、出発する頃にはやんで曇りの中の走行。

緑が深い。これを撮ったレンズがツァイスのディスタゴン35mmなんだけど、このレンズはこういう条件の時にとんでもない威力を発揮する。正直、肉眼ではこんなに鮮やかには見えていません。
AMGP1674.jpg



でも気持ち的にはこんなもんです。本当にただそのまま、見たまんま写ったのが良い写真ではないですから。自分の目にどう映ったかが写ってなければ意味がない。
AMGP1677.jpg



AMGP1679.jpg



滝。これほど緑が多いと曇っていても雰囲気は出る。
AMGP1686.jpg



途中の湖。ここ来るまでの坂が急で疲れた。
AMGP1693.jpg



アウストラル街道に入ってからというもの、坂の傾斜に全く手加減がなくなった。ふざけた角度で上らされる。エクアドルのラストに匹敵する。あそこ走ったときもこの傾斜アホだと思ったけど、こんな所にもありましたよ。アホな道つくる国が。嫌いじゃないけど。



「X=アップダウン」Xに当てはまる言葉を書きなさい。
という問題があったら「チリ」と書けば300点もらえると思います。テストは100点がマックスかもしれませんが僕が残り200点分をさしあげます。
AMGP1699.jpg



60kmほど走り
AMGP1702.jpg



チャイテン到着。晴れてきた。チャイテンは用事ないのでコペックの横で飯だけ食ってスルー。
AMGP1705.jpg



チャイテンの手前から舗装になりました。ガンガン進む。
AMGP1712.jpg



景色も凄みを増してきたし。晴れてきてるし。
AMGP1713.jpg



良いタイミングでアウストラルに入ったかもしれない。
AMGP1719.jpg



この日はチャイテンから更に進んで川沿いで野宿。
AMGP1726.jpg



もちろん焚き火。
AMGP1730.jpg



食後はコーヒー。
AMGP1733.jpg



ハーモニカぷーぷー鳴らしてから就寝しました。




プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


3
11
12
13
14
15
17
19
20
21
23
24
25
26
27
28
02, 2014 < >
Archive   RSS