愉しい自転車&生活

2012年12月 の記事一覧

02

Category: [第一次・北中南米持ち物]ウェア関連

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

防寒着 モンベル ライトアルパインダウンジャケット


IMGP7373.jpg

自転車に乗っている時に着ることは多分無い。
運動中は発熱しているのでこんなもの着たら、
たちまち汗だくになってしまう。
だから運動中は結構薄着でも大丈夫なもんだけど、
問題は動いていない時。
保温性が高く、軽量で、コンパクトになるダウンジャケットは
自転車という人力かつ積載量のかなり限られる乗り物にとっては
これ以上無い素材。
今現在メキシコで、メキシコでは使っていないけど
アメリカの標高の高い地域ではたまに使っていた。
パタゴニアのR2ジャケットにこのダウンを着ると、
それはもう無敵の保温性を発揮する。
ただ中米は暑い地域が多いので、しばらくは出番は無いかな。
南米のアンデスの上では活躍してくれることでしょう。

さらに軽量なダウンジャケットもあるけど、
保温性重視で普通のものにした。
02

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

自転車旅行、改め、強行バス旅行① 出発148~153日目


2012年11月20日

その日のバスは取れなかったので
ターミナルに超近い宿で一泊し、翌日の昼発のバスでメキシコシティにむかう。


とりあえず飯。
IMGP7367.jpg


ちょっとご飯がべちゃべちゃしてたけど、そこそこ美味かった。
IMGP7368.jpg


やることないんで宿で今までの地図をつなぎ合わせて色々と考えていた。
メキシコに戻るのはいいとして、どこまで戻るのか。
意地をとるならマサトランまで、妥協するならメキシコシティ、
金を節約するならもうバスは使わずパレンケとか、
比較的グアテマラに近いところを走って、再び入るか。
とりあえずギリギリまで考えよう。
IMGP7377.jpg


夜は宿のすぐ隣にある屋台で飯。
正面に見えている建物がバスターミナル。本当に目の前。
IMGP7379.jpg


翌日、バス停でバスを待つ。
IMGP7365.jpg


すげー、こんな豪華なのに乗れんのかーと思って自分のバスを待っていた。
IMGP7363.jpg


バスの番号は4280番だ。
しかし、時間になってもバスは来ない。
まぁ日本じゃないし、遅くなっても不思議ではないと思ってもうしばらく待つ。
が、来ない。不安になって近くにいた自分が乗る予定のバス会社のお兄さんに聞いてみる。
そのお兄さんは芸人のノッチに似ていた。オバマよりはノッチに似ていた。
で、チケットを見てパソコンを少しいじった後、ノッチの顔が曇り、頭を抱えだした。


うん。嫌な予感しかしないな。これは。


しかし、実はこのノッチは仕事の早い、出来る男で、すぐに電話をかけて、
次の16時発のバスに振り替えてくれた。席も同じような位置を確保してくれた。
そして「16時に6006番のバスに乗って」と言って、ものの数分で仕事を終わらせた。
どうやら乗り過ごしていたらしいが助かった。ありがとう、ノッチ。


というわけで少し遅くなったけど16時発のバスに乗り込む。

バスは物凄く豪華でリクライニングはびっくりするくらい倒れる。
しかも足のせまである。うおお!すげぇ!とテンションが上がる。
DSCN0329.jpg



でも、バスが走り始めると最初の興奮はすぐになくなった。
窓の外で流れていく景色を見ていると、悔しくなった。
そしてその後、悲しくなった。
更にその後、寝た。

この日はバスの中から夕焼けを見た。
DSCN0330.jpg
04

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

自転車旅行、改め、強行バス旅行② 出発148~153日目


ゆらりゆらりとバスにゆられ、16時間後

DSCN0333.jpg

日付は変わって11月22日


メキシコの首都メキシコシティに到着。


標高は2000mを超えるので寒い。


流石は首都。ターミナルがでかい、綺麗、
そして都会の方はパリッとした服装で洒落てるな。
薄汚れた格好の自分はさぞ浮いてることだろうけど、
自分が思うほど他人は自分を見ていないので、気にしない。
元々洒落っ気ないし、この旅においては、むしろボロボロの方が
貧乏に見えて良いとすら思う。
DSCN0335.jpg


この大きさなので色んなお店が入ってる。
DSCN0336.jpg




ここから乗り継いでタパチュラという街まで行くので、
まずはバスのチケットを購入。
今日の10時15分発のが取れた。今8時だからあと2時間くらいか。





とりあえず腹ごしらえ。タコス3つとコンソメスープで29ペソ。
安っ!今までタコスが最安で1個10ペソだったのに。沿岸部は高いのかな。
DSCN0337.jpg


あとはバスの中で食べるものも買っておこう。
美味そうなパン屋があったので何個かパンを購入。
これが結構美味くて、アメリカの馬鹿みたいに甘いだけの砂糖の塊とは一味違う。
流石、メキシコ。食文化のレベルが違う。まぁそれでも結構甘いけど。
DSCN0338.jpg



そしてターミナルのベンチに腰掛けて1時間近く時間を潰したところで
ふと気がついた。

あれ?確かマサトランとシティは時間が違うはず・・・・。


チケット売り場の方へ行って時間を確認すると、
9時45分・・・自分の時計は8時45分・・・。

うおー!あぶねー!あぶねー!危うく乗り過ごすところだったー。
気付かずにあと1時間まったりしてたら完全に乗り過ごしてた。
現状でこれ以上ハプニングとかいらないわ。


というわけで無事、バスin。さっきのより少し狭いけど。
DSCN0339.jpg



バスから見るメキシコシティ。
DSCN0342.jpg


都会人は走る。
DSCN0347.jpg


都会人は情報に敏感だ。
DSCN0350.jpg


都会の広告はでかい。
DSCN0357.jpg


都会はゴミが多い。
DSCN0362.jpg


とか・・・おっと、お取り込み中失礼しました。
DSCN0365.jpg



少し撮って飽きて、しばらく寝て起きると、景色は山になっていた。
DSCN0375.jpg


昼時にバスが止まり、レストランで昼休憩。
バスからゾロゾロと集団で降りてきて、ウワーっと一斉にものを買ったりする。
普段、うわうわうわ来ちゃったよ、と思って見ている集団の中に、今は自分がいる。
ただ今回は当然、うわうわうわ来ちゃったよ、とは思わない。そこに自分がいるから。
立場によってモノの見え方は全く変わるんだな、と気付かされた。
DSCN0377.jpg



2日連続、バスの中からの夕焼け。明日にはタパチュラに着く。
DSCN0379.jpg

05

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

自転車旅行、改め、強行バス旅行③ 出発148~153日目


翌日11月23日タパチュラ到着
DSCN0385.jpg


まだ5時前。日も上ってない。間に乗換えで2時間弱待ち時間あったけど、
16時間+19時間のバス移動はさすがにキツイ。
このままタパチュラで一泊という選択肢もあるけど、ここで留まる理由も無いんだよな。
グアテマラは目と鼻の先だし。しんどいけど夜明けを待って出発するか。
DSCN0384.jpg


さぁ超強行メキシコ出国&グアテマラ入国&グアテマラ出国&メキシコ再入国いきますか。
DSCN0386.jpg



標高下がったから今度は暑い。そして湿気が多い。
植物も今までとは明らかに違うし。
IMGP7384.jpg


標識にグアテマラという文字が出ないので若干不安になるが、
そこらをうろついてるメキシコ人に聞くと道は合ってるらしい。


前方には山岳。グアテマラ南部は山岳地帯と聞いているので間違いないだろう。
もう少しで国境か。しっかし山が高い。
あそこ走るのかと思うと、ちょっと顔が引きつるくらい高く見える。
IMGP7387.jpg



このあと下り坂になり、少し下った後、国境に到着。
とりあえずメキシコ出国手続き。
そしてグアテマラin。
グアテマラに入ると明らかに空気が変わる。やはり違うもんなんだな。
そして、両替商がしつこい。「チノ(中国人の意)、チノ」と言ってくるやつも多い。
別に馬鹿にしたような感じではなかったけど、「チノ」って何か音の響きが気に食わないから
「ノ!ハポネス(日本人)」と言い返してた。それでもチノと言ってくるやつもいたけど、
もうそういうのは無視。無視するのって簡単に思えて、実は疲れんだよね。
いくら無視しても視界に入らないわけじゃないし、意識に入らないわけじゃないから。
無視には無視のエネルギーがいる。
ただ、インド人に比べれば遥かにチョロイ。
特にバラナシのインド人とかしつこすぎてマジで切れそうになるから。

グアテマラinして速攻でoutしようと思ったけど、
やっぱ駄目らしい。「2日滞在して3日目に出ろ」と言われた。
こんな所に2日もいるのとか絶対嫌だわ。
たぶん中米の国なんて適当だから明日でれるだろ。どうせ。



ということで、その日は国境付近のホテルで宿泊。
日の出と同時に走り出したから、ホテルに入った時点で
まだ午前中の9時くらいだった。金は極力使いたくないし、
何より出歩く気にもなれない。とりあえずここ2日バスで寝てたから
熟睡できてなかったのでベットでごろついてたら直ぐに眠りに落ちた。

昼過ぎに起きて、とりあえず手持ちのパンを焼いて腹ごしらえ。
外でたくないから、その後はずっーとパソコンのゲームやってた(ネットは使えなかった)。
なんという引きこもりぶり。
今はまだグアテマラの気分じゃないから、これで良い。
気持ちはハッキリしていた。
まだメキシコにいたい、メキシコの空気に浸って美味しい飯が食べたい!

ただ、終わったことだからぶっちゃけてしまうけど、
この時はもうモチベーションは底まで落ちてた。
自転車で走り続けるのが面倒に感じるほどに。
まぁ旅が長引けばそんなこともあるという事。


そのままその日は一歩も外に出ず、シャワーすら浴びず、寝た。


翌日、万が一、まだ出国駄目と言われたら面倒なので、
荷物はホテルのままで、とりあえずイミグレに行く。
昨日と違う人だったらまず大丈夫だろっと思っていくと・・・

いたー!昨日と同じおっちゃんだー!ちくしょー

日本人がここから国境越えることも少ないだろうし、
なにより当日のうちに戻りたいとか言った変な人間を忘れるはずは無い。
証拠に自分を見て、おっちゃんは苦笑いをした。
その後、パスポートを見て・・・スタンプポン!

出国手続き完了

うお!マジで!ありがとう!
最初から信じてたよ、おっちゃんが実は適当・・・じゃなくて良い人だってことを!
走ってホテルまで戻り、速攻で荷物をまとめ、チェックアウト。
ただチェックアウトの時、前日1泊80ケツァールだと言われ、
100渡してお釣りをもらってなかった。当然、「釣りくれよ」と言ったけど
その時は何かごちゃごちゃ言ってたのでデポジットかなと解釈して、
「20ケツァール返ってきてないから頂戴」というと
またゴチャゴチャ言って「いや実は80じゃなくて100だった」とか抜かしやがる。

はっ!もういいわ!こんなん完全に想定内。
20ケツァールでグダグダ揉めるよりも、早くメキシコに戻りたい。
「あっそ。わかった」と言って宿を去る。

そしてメキシコに再入国。
今度はきちっと「180日頂戴」と言って、ツーリストカードも確認。
180日になってることを確認して、晴れて再入国。


行きに下ってきた坂を駆け上り、国境を見渡す。
うぉし!戻ってきた!凄く清清しい気分だ。ただ2度とやりたくないけど。
IMGP7389.jpg


そのままタパチュラまで行き、その日発のメキシコシティ行きバスに乗り込む。
DSCN0389.jpg


あぁ、ようやく面倒が終わった。これでまた普通に旅できる。
DSCN0399.jpg


そして3度目のバスからの夕焼け。
DSCN0403.jpg



ちょいと先で約束があるので、マサトランまで戻ると時間的に無理だから
再出発はメキシコシティから始める。
結構な距離をバスで飛ばしたことになってしまうけど、無理なもんは仕方ない。
それにその分、金も削られるし。つまらない意地は張らない。

それより、なにより、いやースッキリした。



10

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

世界遺産のケレタロへ 出発153~155日目


2012年11月25日

面倒くさいことが終わり、メキシコシティから再出発。
メキシコに来たのに植民都市を見ないわけには行かないので
グアナファトまで北上し、その後モレリア、パツクアロと回ろう
と思っていた。
「思っていた」と過去形にするということは結局行かなかったわけですが。

理由は単純で「面倒臭い」から。
文句になってしまうけど、シティ周辺は本当に車が多く、
みんなかっ飛ばすので、走行音も凄まじく、一日走ると耳鳴りが聞こえるほどで
最強につまらなかった。
こんな思いしてまで逆走して観光地めぐりなんかやってられん!と思い、
一番近いケレタロだけ行ってシティに引き返すことにした。
今にしてみれば、それすらも無駄に思えるけど。


再出発初日はテペヒ・デル・リオという街まで。
ここは大きさが丁度良くて好きだった。小さすぎず大きすぎず。程々に活気がある。
IMGP7405.jpg


テペヒ出発。
IMGP7402.jpg



翌朝、屋台で朝食。朝というか10時くらいだったけど。
チョリソーのタコスは初めてだったので4つ注文。
肉厚、ジューシーでめちゃくちゃ美味かったが、4つは食いすぎだった。
IMGP7406.jpg



高速道路には、ちょいちょいこんな看板が立っているけど
無視してOK。警察も何も言ってこない。
IMGP7410.jpg



メキシコに入ってからというもの、完全に外食に頼ってる。
まともに飯作ったのは一度だけ。
IMGP7412.jpg


ただ、ここのレストランはあまり美味くなかった。
IMGP7415.jpg


高速沿いにあるホテルに宿泊。
IMGP7416.jpg


ここでちょこっと自転車をいじり。
まずハンドルに付けていたボトルケージを外した。
便利っちゃ便利だったけど、ダサいのでやめた。
あとドラゴンフライの燃料をフレームに装着。Rのバックに入れていたテントを
フロントキャリアの上に移動。これでかなりバックの空いて、
寝袋もサイドバックに突っ込めるほどになった。写真では今までどおりで突っ込んでないけど。
IMGP7417.jpg


ここで昼飯食べたんだけど、
IMGP7424.jpg


おっちゃんが頼んでもないのにトルティーヤのおかわりを
バンバン持ってきてくれたので15枚以上は食った。
IMGP7423.jpg


そしてなぜか食い終わった後にミカンをくれた。ありがとう。おっちゃん。
IMGP7425.jpg



そしてこの日はサンファンデルリオという街で泊まったんだけど、
宿に着いて早速みかんを頂こうと思って、みかんを剝いた瞬間、
その感触と、漂ってくる匂いで日本の冬を思い出した。
たまらず剝いたみかんの写真を撮るほどに思い出した。
IMGP7432.jpg


そんな感じでシティからケレタロまで200kmほどの道のりを
ダラダラと4日もかけて北上した。

16

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ケレタロを観光  出発156日目


2012年11月28日

ようやくケレタロの街へ。
IMGP7434.jpg


建物がみんな白い。といっても、これはセントロじゃない。
でも後から思えばこの白い街並みが見えたときが、
ケレタロ観光のピークだった。ずいぶんと早く、そして低いピークだ。
IMGP7437.jpg



IMGP7439.jpg



そして高速を外れ、セントロへ。
安いホステルがあるみたいだけど探すの面倒なので
セントロへ向かう途中にあったホテルで値段を聞くと250ペソ。
若干迷ったけど、受付のお兄さんが凄く感じの良い人だったので宿泊。




さて、街でも歩くか。
IMGP7442.jpg


その前にちょっと飯を・・・。美味かった。鶏肉。やっぱり鳥は美味い。
IMGP7454.jpg


ふーん。なるほど。というかここフリーのwifi飛んでるな。
IMGP7447.jpg


はー。
IMGP7449.jpg


へー。
IMGP7466.jpg


ひょえー。
IMGP7460.jpg



いや、なんか手抜きでスイマセン。
が、これ全然趣味じゃねぇです。
綺麗なのは綺麗。スペイン人が作ったのかスペイン人がメキシコ人に
作らせたのか、両方なのかは知らないけど、確かに欧州風の街並みで
常に清掃員がゴミを拾い、街は綺麗に保たれているが、

「綺麗です」

以上の感想が出てこない。
本当のメキシコじゃないだろ。これ。
リアルメヒコはもっと泥臭い、ボロイ街並みのはずだ。
「観光地のメキシコ」という感じ。
何泊かしようと思ったけど一泊で十分だわ。
連泊してもやることない。ニートになるだけだ。
まぁ既にニートなんだけど。



でも夜はまだ雰囲気があって良かった。
DSCN0416.jpg


道中にあるなら寄ってもいいと思うけど
あの交通量の中、逆走してまで来るところじゃないな。
綺麗な町並み好きな人は良いと思うけど。
DSCN0417.jpg



というわけでケレタロは一泊で、方向転換、再びシティを目指す。

あの激烈な交通量と排ガスの道を引き返すと思うと、なんとも嫌な気持ちだ。

18

Category: [北米]メキシコ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

テペヒ・デル・リオで休憩 158~160日目


ケレタロを後にし、再びシティへ向けて走る。


途中のコンビニでタコスを売ってたおっちゃん。
直前に6つタコス食ってたけど、入った瞬間、なんとも愛嬌のある笑顔と声で
「タコス?」と話しかけられて、思わず2つ買ってしまった。
IMGP7468.jpg


ケレタロから出た初日は日が落ちるまで走り、
思わず「うわぁ」と言ってしまった夕陽に出会う。
久々に風景見て感動した気がする。
IMGP7477.jpg


そして2日目にはケレタロへ行く時も立ち寄ったテペヒ・デル・リオに再び立ち寄る。
んで、ここで少し連休をとることにした。
翌日にはシティに着ける距離なので、ここであえて連休をとることも
ないかもしれないけど、よくよく振り返ると、サンカルロスで連泊して以来、
ずーっと連泊をしていなかった。3週間も動きっぱなしだったので、
さすがに疲れたというのと、あとは単純にこの街が好きな感じだった。
セントロは程々に賑やかで活気があり、街のサイズも丁度良く、
美味しい屋台もある、安くはないがコストパフォーマンスの良い宿もあるし。
というわけで観光地でも何でもないこの街に3連泊もした。


本当に何があるわけでも無いので、宿でネットして、適当に昼飯食って
教会ぶらついて、という全く観光的じゃない。ただの休日という感じの日々だった。

教会
IMGP7559.jpg


IMGP7561.jpg


IMGP7490.jpg

最初静かだったんだけど、沢山人がなだれ込んできて喧しくなったので退散した。
IMGP7494.jpg


教会の外
IMGP7541.jpg


IMGP7500.jpg


奥のおばちゃんがシャボン玉を飛ばしてるので子供がはしゃいでる。
IMGP7546.jpg


しかし子供はすぐ飽きる。
IMGP7556.jpg


IMGP7552.jpg


街はクリスマスの準備中。まぁ騒ぐのは良いんだけど犯罪が増えるのがちょっとな・・・。
IMGP7506.jpg


しかしあれだな。写真見返すとスナップ写真下手くそだな、と思う。
決して風景写真が上手いとは思わないけど、比べると下手だな。
ちょっと苦手な感じもするし。
IMGP7508.jpg


テペヒで食った屋台飯。ハンバーガー。うめぇ。
アメリカ人もっと頑張れよ。と思う。
IMGP7514.jpg


夜の屋台はいいっすな。
IMGP7515.jpg


これはメキシコ風サンドイッチ。
チーズ、アボカド、トマト、チョリソー、唐辛子、が入っていた。と思う。確か。
IMGP7565.jpg


そんな感じのテペヒ・デル・リオでした。
次は3度目のメキシコシティ。
なんかチャリ旅のくせに「再び」とか「3回目」とか多いな。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
3
6
7
8
9
11
12
13
14
15
17
23
24
25
26
12, 2012 < >
Archive   RSS