愉しい自転車&生活

2012年09月 の記事一覧

01

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

本当の、本物の自然 カナディアンロッキー 出発33~34日目


7月28日~29日にかけて、アイスフィールドパークウェイを北上。
このカナダ走行での最北コロンビア氷河まで走った。


レイクルイーズ以北は世界が変わった。
明らかに自然の濃度が数段濃くなった。
普通に道を走っていて森の静けさを感じたのは初めての経験。
カナダ北部のが熊などの野生生物とよく出会うと聞いていたけど、納得。
IMGP1267.jpg




氷河がすぐ近くにある。通りで寒いわけだ。
IMGP1295.jpg



見える風景、見える風景があまりにも凄くて、すげぇという言葉すら出ない。
頭に何かが浮かぶことすらない、させない、本当の自然。
IMGP1307.jpg


この区間、往復したから2度通ったけど、特に行きは風景の記憶しかない。
何かを考えたとか、思った記憶はない。ただ景色だけが目に焼きついた。
IMGP1309.jpg


本当に凄い自然を前にしたとき、ただ黙るしかない。
沈黙があるだけ。沈黙するしかなかった。
IMGP1396.jpg

2000m超の峠を2度越えねばならず、一気にコロンビア氷河までは走れない。
途中のキャンプ場で一泊し、2日に分けて走る。
IMGP1346.jpg


IMGP1374.jpg

一日の走行距離は60kmくらいだけど、写真を撮りながらなので
キャンプ場に着くのはいつも日が傾いた時だった。
カナダで夕焼けの時間は9時以降なので、超スローペース。
IMGP1424.jpg



良いなぁと思った場所では2、30分留まっていることも。
IMGP1471.jpg


ただ、行きのコロンビア氷河手前の上りはきつかったなぁ。
IMGP1478.jpg



この先からきつくなった。大分上りも慣れてきたけど久々にしんどかった。
連日の山越えで脚に疲れが溜まってしんどいのかと思ったらら、
後ろを振り返ると凄い斜度。どうやら傾斜がきつくてしんどいらしい。
もはや坂上りすぎて何がなんだか分からなくなってる。
IMGP1497.jpg



さっきまで走っていた道が遥か下。
ちなみに%でいうと8%の勾配。空荷のロードなら大したことないかもしれないけど
総重量50kg以上の自転車で走るには激坂。
5%くらいまでは楽チンに上れるけど、8%はかなりきつい。
これがもし10%だったら・・・押すかな。
IMGP1498.jpg

2日かけてコロンビア氷河のすぐ近くのキャンプ場に到着。
翌日、氷河を見に行く。
02

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

コロンビア氷河!からの~  出発35~36日目


2012年7月30日

コロンビア氷河手前のキャンプ場で一泊し
IMGP1512.jpg



そして翌朝、氷河へ。この道の向こうに氷河がある。
IMGP1526.jpg


朝早くだったので、ほとんど人は来なくて、来ても10分20分で帰ってしまうので、
ほぼ独り占め状態で氷河を見ていた。
IMGP1573.jpg



聞こえてくるのは、風の音、氷河から溶けでた水が流れる音、そして自分の呼吸の音だけ。
IMGP1549.jpg


2000年まではここまで氷河があったということ。
2000年て、つい最近のことなのに氷は遥か後ろ。
IMGP1565.jpg


ちなみにこの時の気温は10度。ただ結構風があったので体感は一桁。
上はネックウォーマーにロンT、フリース、ウインドブレーカーと万全だけど
下は短パンにサンダルというアンバランスな格好。
帰り際すれ違ったおじさんが、足元にチラリと目線をやったあと、
再び上に目線を戻し、ニヤリと笑ったのを、僕は見逃さなかった。


結局3時間近くいた。
IMGP1638.jpg

ぼちぼち観光客も増えてきたので、退散する。
IMGP1642.jpg



もちろん帰りもとんでもない景色の中を走る。
IMGP1682_20120901035900.jpg


でも、ずっと頭の中にあったのはまだ熊を見てないということ。
IMGP1680.jpg


自転車で走っている感じだと、ここで会えなかったら、
たぶんその下のレイクルイーズ、バンフでも会えないだろうと思っていた。
IMGP1697.jpg


まぁ、熊見れなくても、カナダの自然が凄いことには何も変わりはないし、
この感動が薄れることなど、これっぽっちも無いからいいさ!とか思いながら走っていた。
思っていたら、念ずれば通ずるのか・・・走っていると前方に人だかりが。
何だと思って自転車を止めてみると、









熊がいた
IMGP1708.jpg


みんな熊見たさに、あれよあれよという間に人が集まってくる。
命知らずな人が熊まで3、4mという距離まで近づいて写真を撮っているので、
もし熊の気が変わって襲ってきても、この人たちが襲われてる隙に逃げられるな。
万が一そうなったら車の中に非難させてもらって・・・などと襲われた状況をシュミレート。









レンズを中望遠のものに交換し、接近、そして激写!
IMGP1722.jpg

熊はギャラリーのことなど完全無視で、ひたすら草を食っていた。

夢中になって興奮していたので自転車が遥か後ろに。
パスポートとか財布置きっぱなし!
IMGP1724.jpg

熊渋滞。サファリパーク状態。
IMGP1727.jpg



そして熊を見て興奮したのか、写真を撮り終えた後、しばらく
何故か全力でペダルを踏み続け、上り坂でも時速25kmの全開走行。
すると今度は、雷雨。また別の意味で急いで走る。もう少しいけばストアーがある。



途中のストアーで非難。
IMGP1729.jpg

1時間半ほどで晴れる。
IMGP1734.jpg


朝のんびり、昼ドタバタの振り返れば面白い一日。


ロッキーでは雨の降らない日は無かったんじゃないかというほど
コロコロコロコロ天候が変わり、そのせいで気温も低く、大変だった。
でも大抵、1、2時間で晴れて、雨の後は空気も澄んで
雲が凄いことになったりする。快晴よりむしろありがたいくらい。
IMGP1747s.jpg


山と雲の感じが凄くて皆車を止めて写真撮影。
IMGP1752.jpg



ロード乗った人に抜かれるとか、よくあることです。悔しくなんかありません。
でもこの景色の中で、しかもカナダの道は基本斜度が緩く、道も広くて走りやすいので
ロードで走りてぇなぁ、とは良く思った。
IMGP1759.jpg


景色が凄すぎて本当に全然進まない。この道を車やバイクでバーーーーっと走るとか
もったいない!なんてもったいない!みんな分かってねぇなあ!と思いながら走っていた。
IMGP1768.jpg


上って上って標高も2000mを超える。
上りは涼しくていいけど、そのまま下ると、凍ります。ウインドブレーカーは必須。
IMGP1863_20120901043508.jpg


少し下った先の山の麓にはBow Lakeという湖がある。
行きは時間が無かったから寄らなかったので、帰りは寄っていく。
IMGP1865.jpg

Bow Lakeの前のロッジ。お菓子とか、サンドイッチも売ってる。
山価格で高いけど。
IMGP1883.jpg


で、このBow Lakeが天候にもある意味恵めれ凄い景色だった。
IMGP1908.jpg

全く、晴れではないです。むしろほぼ曇り、雲の合間から一瞬太陽見えたり、
ポツポツと雨がぱらついたり、うぉい!ハッキリしろ!という天気。
IMGP1909.jpg

でも、そのせいで雲の感じが凄い。そして湖の色も。
IMGP1985.jpg

皆さんくつろいでます。観光バスが来るとガヤガヤするけど、落ち着ける所だった。
IMGP1934.jpg



本当はレイクルイーズまで南下する予定だったけど、
のんびりしすぎたので、手前のモスキートクリークというキャンプ場に泊まることにした。
というかモスキートクリークって・・・もうチョイましな名前にしたらいいのにと思う。
IMGP2025s.jpg



夕食は炊き込みご飯を作ってみた。これはイケル。簡単だし、別でおかず作らなくてもいい。
この時はキノコとウインナーが余ったので作ってるけどね。
IMGP2041_20120901045139.jpg

往路はひたすら景色に圧倒され
復路は氷河!熊!雷雨!絶景!と盛りだくさんのアイスフィールドパークウェイ。
出来ることならもっと北上したい!と思ったけど、
時間が無いので南下。
アラスカとカナダ北部はいずれ走りたいなぁ、と思った。

03

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

レイクルイーズとモレーンレイク 出発37日目


2012年8月1日

この日は朝早くにキャンプ場を出たんだけど、大変だった。寒くて。
寒いなー、やたら寒いなーと思って温度計見たら
IMGP2042.jpg

1℃って、そりゃ寒いわ!


真冬で寒さに慣れた状態の1℃と日中、晴れれば25度くらいまで上がる夏の1℃じゃ体感温度がまるで違う。いつもの格好で走り出したけど、あまりに寒くて我慢できず靴を出し、靴下を履き、サンダルをしまう。当たり前だけど寒くない。さすが靴。それでも下は半ズボン。
IMGP2057.jpg

大丈夫、日本の女子高生だって真冬でもミニスカートなんだから耐えられないはずが無い、明けない夜はない(とっくに夜は明けてます)、昇らぬ太陽は無い、と自分に言い聞かせながらガタガタ震えていた。一応ダウンも持っているし、下もフリース、モンベルのアンダー、ウインドブレーカーは持ってるけどそんなに着込んだってどうせ脱ぐからと思い、着ない。

心頭滅却すれば火もまた涼し!心頭滅却すれば火もまた涼し!
なんて呪文のように唱えるけど、んなわきゃない。寒いもんは寒い。
我慢できずに、湯を沸かしてホットチョコレートを飲む。
若干温まるが、焼け石に水。いや逆か。凍った石にお湯。
IMGP2067.jpg






それでも我慢して走っていれば、いずれ日は射すもので・・・






おお・・・おぉ・・・
IMGP2070.jpg



全身に陽の光を浴びて、太陽の熱を吸収する。温い・・・。
しばらく温まり、熱をもらったら再出発。
しかし、このあと再びさむ~い出来事が起こる。

普通に走っていると、前方に動く黒い影。
なんだ?動物か?と思って、そのまま走る。
近づいて、背筋が凍りついた。

熊だった。

こないだ見たときは沢山人がいて、熊さん草食べるのに夢中だったけど、
今回、自分ひとり、自転車に乗っている状況。
しかも熊さんとバッチリ視線が交わる
オレンジ色の朝陽を浴びてなんとも凛々しく見える熊の顔。
良い絵になるなぁと思ったけど、止まれるわけがない。写真を撮れるわけが無い。
もっとも接近し、熊のすぐ横を通過した時の距離は5mほど。
喰われる側と喰う側。弱肉強食。
草食動物の気持ちになれた瞬間だった。



朝っぱらからデンジャラスな場面に遭遇したが、生き延びた。
陽の光がよりいっそう暖かく感じる。
IMGP2075.jpg


途中の湖。水面に山が映るというよくある景色。
IMGP2089s.jpg


お昼前にはレイクルイーズに到着し、キャンプ場にテントを張り、いざレイクルイーズへ。


結構な坂を上り到着。
ま、そーですよねー。という感じだ。人がめちゃめちゃ多い。
IMGP2107.jpg


観光地ですね。
景色って周りの雰囲気やその時の天気や自分の気持ちも含めてのものだと思う。
Bowlakeでは100枚以上写真を撮ったけど、レイクルイーズでは4、5枚しか撮らなかった。
まったく写欲が湧かなかったな。

続くモレーンレイクもまぁ人は多かったけどレイクルイーズよりかはくつろげる。
そして人は多いけど、水の色は凄かった。
水の色だけでいえばこの湖が一番凄かった。
IMGP2128s.jpg

写真は撮ったけど、何をどう撮っても水の色が気になってしまって
そっちに意識がもってかれるので写真撮影は早々に諦める。


で、結局一番心を動かされるのは途中の道から見える景色だったりする。
IMGP2147s.jpg

他の人も座り込んで撮影。
IMGP2153.jpg


明日は3回目のキャンモアに行く。
自転車世界一周してる人で、同じ所へ3回も行くというのも滅多にいないと思う。
これもバンクーバーでパソコン盗んだ奴のおかげですね。


04

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 6  Trackback 0

三度のキャンモア 出発38日目


2012年8月2日

安いスーパーがあり、近くにマックがあるので、キャンモアのキャンプ場は気に入っていた。一泊25ドルで高いけどね。まぁロッキー周辺はどこも高い。というわけで、バンフはスルーして、この旅3回目のキャンモアへ向かう。

キャッスルマウンテン
IMGP2185.jpg

この山は最初は名前も知らず、ただすげぇなぁと思って、ずっと眺めていた。
IMGP1219.jpg

カナダの好きな風景の一つ。
IMGP2226.jpg

でもこの日も朝は晴れていたけど、途中から雨。
しかも凄く寒い。フリース着てウインドブレーカー着ても降雨時は寒かった。

ちょうど降り始めでトンネルに入ったので雨宿り。
IMGP2187.jpg


雨が上がって晴れて、まあもう大丈夫だろうと思ったら、バンフを過ぎたあたりから、また雨、しかも向かい風。気温もさっきより下がって一桁。本当なら楽ちんな道がしんどい道に一変。風に雨に寒さに、この時はもうイライラしながら走ってたんだけどきっとロッキーマウンテンが

「てめぇ山なめてんじゃねぇぞ。山の天気なんてこんなもんなんだよ。
何でも思った通りにいくと思ってんじゃねぇ!若造が!」


と教えてくれてるんだ。そう思うようにして気持ちを誤魔化す。
そしてこれが意外にも結構誤魔化された。

気持ちとしては、どうしても晴れて気持ちのいい日に走りたいとは思ってしまうけど自然なんて思い通りにいくわけないのに、全てが順調にいくことなんてありえないのに自然に立ち向かってもかないっこないのに、いつの間にか忘れてしまう。
理想を思って、それと現実を照らし合わせてしまう。こんなんじゃイカン!と考えながら走っているとキャンモア到着。

で、ビックリしたのが、正面の山。山頂が白いの分かるでしょうか。
IMGP2193.jpg

そう。夏だけど雪が降ったということ。だって前回見たときは無かったもん。その証拠にスーパーで買い物して出てくるとすっかり晴れ渡っていて、山頂の白い雪は消えていた。
IMGP2196.jpg

侮り難し夏のカナダ。


キャンプ場に戻ったら、ここ最近雨が続いたし今日も降られたので自転車をひっくり返して水抜き。
IMGP2205.jpg

普通水抜き穴はあるけど、クロモリの自転車は濡れた後はシートポストを抜いて
ひっくり返して水抜きをする。

そして、ひっくり返したついでに、ちょっと気になっていた所をチェックした。
それはスタンドの取り付け部分。見てみると、うおぉ、やっぱり。結構凹んでる
IMGP2209.jpg


絶対なるだろうなぁと思って締めすぎないようにしていたけどやはりフルパッキングのまま何度も使っていたので凹んでいた。このまま使い続けて緩んでは締め緩んでは締めを繰り返していたらフレームが逝ってしまうので、スタンドは完全に荷物を降ろした状態でのみ使おう。まぁメンテナンスや空荷で走るときもあるからその時に使えれば十分便利だし。

ここで2連泊して、ちょいと疲れをとり、その後はいよいよアメリカに向けた走行。
いよいよ気持ちも自転車の走る向きもカナダから離れはじめる。

05

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

野宿、野宿、野宿!  出発40~44日目


国立公園をようやく離れたので、今までの鬱憤を晴らすかのように
キャンモア以降は野宿が続いた。

素直なルートで行けば、カルガリーまで行き、そこから南下するのが最も早く、最も楽だと思うんだけど、都会には近づきたくないので遠回りします。地図的にはこんな感じ。&の書き方ミスってますが面倒なので直しません。
無題


旅なんて、すんなり行っても面白くないっしょ!
寄り道回り道してなんぼ!
というわけで青いルートで進みます。

キャンモアを出発し、4度目のバンフも素通り。結局バンフは最初の一回にキャンプ場に泊まっただけで、あとは全部目の前をスルー。街の写真とか一枚も撮ってない。

一泊目の野宿はいい感じの東屋があったのでここに決定。
IMGP2253.jpg


そして山なのでやはり上り。
IMGP2322s.jpg




いよいよカナディアンロッキーから離れるのか、と思うとなんだかこれまでの色々なことが頭に浮かび、山と自分が写った写真を撮りたいと思った。今まで、お世話になった人との記念写真は撮ってきたけど、自分だけを撮った自分撮りはしてこなかった。景勝地で「撮ってあげようか?」と言われることがあっても「いや。いいっす」と断るほどに自分撮りはしてこなかった。でもこのロッキーから離れてしまう前に撮ろう、撮りたいと思い撮影。
IMGP2297s.jpg
上りでへばってる時に撮ったので、グタっとしてるけど、それはそれで良いかと思った。




その後もつぶれたガソリンスタンドの裏にテントを張ったりして野宿が続いた。


ビックホーンシープ! 山を降りても楽しませてくれるカナダ。
IMGP2329s.jpg


行く先は嵐!
IMGP2367s.jpg

この雲は左に向かって動いていて、ちょうど去った後に、この先を通過したので嵐には遭遇しなかった。

そして着いた先のkembleyという街でその日も野宿をしようと思い野宿場所を探していると、スケボーパークにたどり着き、そこでスケボーをしていた3人組に話しかけられる。あらかた旅のことを説明して「今日の野宿する場所探してるんだよね~」というと「ああだったらこの先のマウンテンバイクのコースが良いよ」と案内してくれた。会話の中で「でもこの辺はdeerが多いからね~」と言われ、Deerが分からなかったので、「What is deer?」と聞くと「Ahh…シカ!」と日本語が返ってきたのでギョッとした。その後、日本に7年くらいいた事があるということが分かった。

そして「よかったらディナー食べない?」と願ってもないお誘いを受ける。
はい喜んで!と尻尾を振ってついてく。
IMGP2375.jpg

この日、初めて人生でビールが美味いと感じた。
そんなkembleyでの出会い。

しかしこの後、野宿ばかりしていたので、いよいよ我慢の限界が来た。
そうシャワーを浴びてないのだ。5日も。

もう本当に我慢ならんという気持ちだったので、
kembleyで野宿をした次の日は、絶対川の近くで野宿すると決心した。

ちょうど良い時間にとても良いレストエリアを発見。野宿も出来そうだ。
しかも川がある
IMGP2385.jpg

しかし、ここはカナダだ。しかも川の水だ。水温は低い。
試しに川に足を突っ込んでみる。

「ぐおおおぉぉ!!!超つめてぇぇ!!」

予想通りのキンキンに冷えた川の水。
しかし!5日もシャワーを浴びていない、この時の自分は微塵も怯まない。
川の冷たさを遥かに超える氷の意思を持って、入水の準備をする。

IMGP2426.jpg

生まれたままの姿になり、まずは頭をガシャガシャ洗う。
ちなみに洗剤はもちろん使ってませんので。水で流しただけです。
そして手、脚を洗い、いよいよ体に水をかける。
バシャバシャ

あれ?意外と冷たくない。

一日中走って体が熱いのか、慣れてきたのか、全然いける。
バシャバシャと体にも水をかけ、汗と汚れを洗い流す。


その後、体を冷やさないように速攻でフリースを着込んで夕食の準備。
をしていたら鍋の取っ手に袋を引っ掛けて米を地面にぶちまける。
IMGP2387.jpg

かき集めて洗いなおして食べた。


夜は満天の星。落っこちてくるんじゃないかというほど凄い明るさで長時間流れる星も見れた。
IMGP2395.jpg


そんな感じの4日連続野宿。
もはや野宿がデフォルトになってきてキャンプ場はイベントみたいな感覚になっていた。

06

Category: [北米]カナダ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

さようならロッキー 舞台はカナダからアメリカへ 出発45~46日目


2012年8月9日 カナダ走行も、もうじき終わる。
この日走って、次の日にはアメリカとの国境を越える。
とりあえずこの日はPincher creekという街まで走る。


途中の道。両側が湖という道は中々ない。
IMGP2433.jpg


本当はカナダ最後の夜も野宿と考えていたけど、途中にあった観光案内所でPincher creekに15ドルでシャワーつきWifiつきのキャンプ場があると知り、予定変更。最後の夜はキャンプ場で泊まることにした。


山羊。
この崖をピョンピョンと走り回る姿を見て、野生の生き物には敵わないなぁと感じた。この後、子山羊も崖を下り、その内の1匹がずるっと滑っていたけど、そこで転ばずに持ち直してしまう強靭で粘り強い脚。凄すぎ。
IMGP2437s.jpg


最後の最後まで山です。まぁそういう道を選んでいるんだけども。
IMGP2442.jpg


でも走っている道は丘陵地帯。丘陵地帯と聞けば走ってて気持ち良さそうかもしれないけど、フルパッキンの自転車にとってはアップダウンを繰り返す、ただのいやらしい道。
IMGP2454_20120902032055.jpg



4時頃、キャンプ場に到着。川で水浴びはしたものの、6日シャワーを浴びてないのでテントをたてて速攻でシャワーを浴びに行った。
IMGP2460.jpg

シャワー浴びた後は、気持ちよすぎて、しばらく何もする気が起きなかった。
誰か飯作ってくれー!という感じだ。


国境は何もないので、この街で残ったカナダドルを使う。
50セントくらい余ったけど。


翌日も丘陵地帯を進む。
よく見る景色です。
IMGP2465.jpg


大体こんな感じのまっすぐな道を走っていた。
IMGP2466.jpg



IMGP2467.jpg



最後ウォータートン国立公園に行こうか若干考えたけどスルーした。
それよりも、はよアメリカへ!という感じだった。

途中のレストエリアでお昼を食べる。
IMGP2472.jpg


そして最後の交差点を曲がり、道の先にはアメリカ国境があるのみとなった。
そしたら、でたよ。
凄い上り。
IMGP2479.jpg


国境越えはいくつも道があるけど、僕が選んだのチーフマウンテンというボーダー。名前のごとく山です。上りだというのは想定してたけど、予想以上に斜度がきつい。でも、他の国境よりも人が少なそうだし、良い景色の中で働いている人のほうがきっと審査も甘いはず、という勘で選んだ道だ。


水平で撮るとこんな感じ。
IMGP2476.jpg

一般に急と言われはじめるのが7とか8%くらいかな。
そのくらいの斜度だと道路標識で注意が出てくる。10%になると大体の人は急と感じると思う。それ以上はもう激坂という感じ。10%の勾配は角度で言うと約6度。8%の勾配だと4.5度。角度で言うと僅かだけど、実際は急なんです。きついんです。たぶんこの道は7か8%といった所。しかも距離がなげぇ。


最後まで楽ができないカナダの走行。
IMGP2484.jpg




そしてpincher creekから75kmほど走ったところでカナダ、アメリカのボーダーに辿り着いた。
いよいよ最初の国カナダを去る。
初の陸路国境越え。しかも帰りのチケットとか当然持ってない。
さぁどうなることやら。



07

Category: [その他]旅の情報

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

カナダのまとめ


ではカナダの記事もすべて終わったのでカナダ編の総括を。


大きな地図で見る

期間6月26日~8月10日

日数46日

走行距離2472km
 


治安
これは良いです。初っ端、盗難にはあったけども、アメリカよりも落ち着いているし
いやな雰囲気の所もほぼ無い。バンクーバーのhastings streetはあまり良くないと聞くけど
昼間歩く分には観光客に溢れていて全く問題なかった。ただ夜は行かないほうがいいかな。
まぁ大都市で気をつけなければいけないのは日本でも同じだし。


食事
自炊ばかりで、ほぼレストランとかは利用しなかったけど、
たいていピザ、パスタ、ハンバーガー、サンドイッチといった感じ。
味は普通・・・というか払う金額しだいかな。どこでもそうだと思うけど。
ハンバーガーも10ドルとか15ドルくらいのものであれば凄く美味しいしね。
まぁ全体としては普通です。野菜に関してはアメリカよりは手に入りやすいかな。


水は普通に水道水飲めます。ただ一回だけボトルに入れたら
茶色く濁った水だったことがあったな。それ以外は大丈夫だった。
毎日違うところで水汲んでると、お!ここの水美味いな、とか、
きき水をするようになってくる。


物価
これはですね、正直高い
まずキャンプ場は一番安かったところで15ドル。これも場所によって設備が全然違って
国立公園周辺のキャンプ場は15ドルでシャワーなし、トイレはボットンが普通。
HopeとPincher creekで泊まったキャンプ場も15ドルだったけど、
そこはシャワーつき、Wifi付き、もちろんトイレは水洗。
カナダに関しては私営(たぶん)のキャンプ場のほうが設備が良い。
あと僕は泊まらなかったけど、カナダの至る所にProvincial Parkというものがあって
そこだったら10ドルとか15ドルで泊まれるよ、ただシャワーが無かったりするけどね
とカナダ人サイクリストに教えてもらった。
ただ主要道路から離れていることが多く、行くまでが面倒。その分、静かだと思うけど。

その他、食品類なども総じて高めです。
そこそこの大きさのスーパーなどに行けば安いけど、自転車旅行で都合よく
毎回スーパーのある規模の街に行けるはずはないので、ちいさいストアーや
観光地では、くそーたけーと思いながら買うしかない。
安いところは2リットルのコーラ1ドルだったからね。激安。


あと消費税。これが州によって違う。僕が最初にいたバンクーバーはブリティッシュ・コロンビア州。
バンフとかカルガリーはアルバータ州なんだけど、まず、カナダという国全体で決まっている消費税が
5%、これに州ごとで定める消費税が上乗せされる。
ブリティッシュコロンビアは7%なので合計12%の消費税。たけぇ!
アルバータは無しなので5%のまま。
カメラなどはバンクーバーで買ったので、たんまり納税しましたね。

一日の生活費としては野宿をすれば1日10ドルから使う時で20ドルくらいあればいける。
キャンプ場に泊まればその倍以上はかかる。




宿
キャンプ場はいたるところにある。ただ、物価の所にも書いたけど高いと思う。
大体のキャンプ場はサイトごとの金額になるので、複数人でサイトをシェアすれば安く泊まれる。あとはProvincial Parkを利用するか。僕は一度も使ってないので何ともいえないけど。

キャンプ場以外のモーテルなどはすいませんちょっと分かりません。
ベットのある所に宿をとったのってカルガリーとバンクーバーの都会のみだからなぁ。

ちなみにバンクーバーで泊まったのはアメリカンバックパッカーという安宿。
この宿は安いけど、盗難には本当に注意が必要。
共同の冷蔵庫に入っているの物は他人のでも普通に飲むわ食うわという連中が泊まっています。
そして盗難も結構起きているようで、実際自分が盗られた2、3日後に日本人がスーツケースを
盗られている。もし泊まろうと考えている人は十分気をつけてください。
そして綺麗好きな人は泊まらない方が良いです。汚いんで。

野宿に関しては比較的しやすい国だと思います。少なくともアメリカよりはやりやすい(雰囲気的なものや場所も含めて)。ただ夏は日が長いので隠れてコソコソする野宿だと寝るのが遅くなる。また道の途中にレストエリアがある時もあり、たまに利用していた。たいていトイレはボットンだけど、極まれに水洗の時もあった。そして基本的にレストエリアのトイレには手洗い場は付いてません。つまり水はありません。
バンフやジャスパーなどの国立公園内では野宿はしなかった。している人もいるけど、警察の見回りがあったり、熊の心配もあるので。安心して寝れないと疲れとれないからね。




これは文句無く走りやすかった。
僕が走ったのはバンクーバーを抜ける際に使った国道7号
あとはほとんどトランスカナダハイウェイ(1号線)だったので
まぁ大きな道路だったというのもあると思うけど、道幅はほとんどの所で
自転車1台分の幅の路肩があり、車のプレッシャーを感じながら走るという所は少なかった。
舗装の状態もおおむね良好。信号もある程度の大きさの街に行かないと無いので
走行距離は伸ばしやすい。
上りも傾斜は基本緩めなので、フルパッキングでも慣れればそこまで苦労はしないかな。
補給も街と街の距離は離れてはいてもカナダの真ん中から下はきちんと地図見てれば、
ほとんど問題ないと思います。だいたい20~50kmくらい走れば何かしらはあったので。
ただ北部は街と街の距離がより長く、小さい町が多いのでストアの情報などよりきっちり集めないと、水がない~、食べ物がない~、へるぷみ~ということになると思う。

気候
これは大変だった~。カナダといえば涼しいイメージだけど、これは場所によります。
一番暑かったときで日中の気温が39度ほどまで上がった。
僕が走ったルートで暑いのはHope~Kamloopsまでの区間。
特にLytton~CacheCreek間が乾燥していて暑かった。
でもそこを過ぎてくると暑さもましになり、ロッキー周辺では標高もあがるので
日中は晴れれば25度から暑くて30度といったところ。
ただ天候が崩れると一変して、日中でも一桁の気温になることもあった。
日記にも書いたけど、山頂の方は普通に夏でも雪降ってたしね。
そして山の夜は凄く冷えます。
1番寒かった時で標高1500mほどのキャンプ場で記録した気温1度だった。
フリース一枚では耐えられないと思うので、2枚以上着るか、
もしくはダウンあったほうが良いです。というか朝晩はみんな普通にダウン着てたし。

そして湿気は少なく乾燥しているので手が荒れてささくれるし、
唇ガサガサになって割れたりするので、ハンドクリームとリップはあったほうが良い。

あとは日が長い。日本人からするとびっくりだけど、
夏のカナダは8時過ぎても昼間の明るさです。本当に。なので寝不足に注意!

全体的には夏のカナダはとても過ごしやすいと思います。



人は基本、親切です。
僕は日本でも自転車旅行の経験があるので、日本人に比べて特別親切とは感じないけど(日本人はかなり親切な人多いと思う)、優しい人が多い。特に、日本に住んでいたりとか、日本人と交流があったりする人はとりわけ親切にしていただいた。全体的に同じ北米のアメリカと比べたら落ち着いているかな。あとサイクリストには優しいです。追い抜くときも大きく避けてくれるし、幅寄せされたことは無かった。カナダ人はキャンプ好きで自然が好きな人が多いので、環境にやさしい自転車にのる人間に対しては良く思ってる人が多い印象。キャンプ場でもサイクリストだからといって消費税分おまけしてくれたりしたし。


見所
ロッキー山脈です。というか、それしか見てないんだけど。
バンフ、レイクルイーズあたりは観光客も多く賑やかでロッキー観光の中心的なところといった感じ。そういうのお好きな方はどうぞ。個人的にお勧めなのはレイクルイーズより北、ジャスパーまで続くIce field parkway。途中のコロンビア氷河までしか走っていないので、ジャスパーまでは行ってないんだけど、自然の濃さが全然違う。この道は本当にすごかった。そしてもっと北上したかった。大自然が好きなら間違いなくこっちのほうが楽しめる。特別どこかに行かなくても、ただ道を走っているだけで、とんでもない景色が次々と出てきます。

もし、このブログを見ている人で自転車世界一周を北米スタートで考えている人がいたら、絶対アラスカスタートをお勧めします。もし時期的なものとかの都合でバンクーバースタートになったとしても、トランスカナダでバンフに行くんじゃなく、ジャスパーまで行って、そこからIce field parkwayを下ってくることをお薦めします。

あとはレイクルイーズ~バンフ、キャンモア~カルガリー間もトランスカナダじゃなく
旧トランスカナダの1Aのが間違いなく面白い。新道は本当にただ走るだけの道なので。


とまぁ、そんな感じかな。

やはり全体の印象としては自然ですね。これに尽きます。
ただ物価、宿泊費が高い。特にキャンプ場が高いわりに設備がイマイチのところが多いので、自転車旅行するなら複数人で行ってサイトをシェアすれば安くのりきれると思う。お金のある人はモーテルとか泊まったらいいさ。
プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


12
24
25
26
29
09, 2012 < >
Archive   RSS