FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2012年06月25日 の記事一覧

25

Category: [第一次・北中南米持ち物]ウェア関連

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アンダーウェア モンベル ジオラインラウンドネックシャツ


P1010179.jpg

モンベルのアンダーウェア。
普段から使っていて、冬の間はヘビーローテーションだったのでけっこうへたってきてる。
まぁ、旅出ても当分使わないし、新調するほどへたってもないのでそのまま使う。

化繊のジオラインとウールのスーパーメリノウールの2種類あって
それぞれ、薄手、中厚手、厚手とある。
運動で使うならジオラインが良いと思う。
薄手でも保温性があるので、夏はこんなもの着てられない。
使うのは冬や高山など。

運動時に限らずアンダーウェアの役割はかなり重要。
綿のTシャツは最悪で吸水性は良いけど、乾きが遅く、そのまま保水してしまうので
いつまでも身体に汗がとどまってしまう。
動いて熱い時ならいいけど、動くのを止めたら、たちまち汗が冷えて寒くなる。
つまり汗を吸い上げ、拡散して素早く蒸発させ、体に汗をとどめないことが
アンダーウェアには求められる。

ユニクロもアンダー(ヒートテック)を出しているけど、
機能性が登山メーカーのモノと比べ物にならないのはいうまでもない。
山で体温が奪われるというのは、死に直結することだから、
そんなシビアな状況を想定してつくっている登山メーカーのアンダーが
一番すぐれてるというのは当然と言えば当然。

一応今回は薄手と、中厚手を各一枚ずつ持っていく。
ちなみにサイズは身長172中肉でXSを使ってます。
アンダーは身体にフィットしないと意味がないので小さめを選んだ方がいい。


2013年7月2日追記
コロンビアまでは全くといっていいほど出番がなかったけど、エクアドルに入り、標高が3000mを超える地域で走るようになってきて、ようやく使うようになってきた。赤道直下といえど3000mを超えてくるとやはり気温は低い。晴れていればアンダーなしでいけるけど、曇るとかなり気温が変わり、3000m前半ならまだウインドブレーカーで大抵はしのげるけど、3500mを超えてくるとウインドブレーカーだけでは体がかなり冷えて厳しい。そういった時はアンダーの薄手の方を着て、ロンT着て、ウインドブレーカーを着ている。
やはりアンダーというのはかなり重要で、これを一枚着ると、冷たい風が吹き付けてきても、直にその冷たい風が当たらずに薄い膜で守られているような感覚がある。上り坂でも着るタイミングを間違えなければ暑すぎるということもない。汗をかいても普通のロンTよりも冷たさを感じないし、改めてアンダーは重要だと思った。そしてこれは出番は少ないけど削ってはいけない装備だとも思いました。



25

Category: [第一次・北中南米持ち物]キャンプ道具

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

シュラフ ナンガ オーロラ900DX


P1010180.jpg


寝袋はナンガのオーロラ900DX。シュラフ自体に防水性があるのが特徴。
一応、マイナス20℃くらいまで想定しているので一番暖かいものにした。
快適使用温度は-22℃。
使用可能限界温度は-37℃だけど、それはさすがに無理だろと思う。
シュラフは寝方でも体感温度が変わってくるので、寝方がヘタクソな人は
より寒くなるし。

ダウンのシュラフは暖かく、コンパクトになるけれど、濡れると保温性が極端に落ちる上に
乾きが非常に遅いので、冬山キャンプで結露での濡れがある場合などはシュラフカバーを
かけるんだけど、そのカバーとシュラフの間に結露して、ということもあるようなので
初めから防水性のあるオーロラにした。

結構デカい(靴は26.5㎝くらい)
P1010183.jpg

収納した状態が予想以上のデカさだったけど、寒い思いをするくらいなら
かさばっても暖かいものを持っていく。
大学の頃、夏の北海道を旅した時は念を入れてモンベルの0℃対応の寝袋を持っていったんだけど
夏とはいえ場所や天気次第で息が白くなるほど寒くなって、本当に暖かい寝袋で助かったという
経験があるので、なおさらそう思う。

2012年9月27日 追記
まだこのシュラフの真価を試されるほど厳寒地を旅していないのでなんともだけど、
寒い思いをしたことは一度も無い。
普通にシュラフにもぐってしまうと、むしろ暑いので、
今の所はジッパーを全開にして掛け布団的に使っている。
アンデスの標高4000m超の地域とかでありがたさが分かるかな。







25

Category: [第一次・北中南米持ち物]デジタル関連

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

音楽プレーヤー


P1010152.jpg

iriverのMP3プレーヤー。
実際旅行する人達が「相当便利」だと言うipod touchと迷ったけど、
ipod高いし、便利なのは分かるけど、ipodと向き合う時間があるのなら
その時間を、きっともう二度と来ることが無い、
その街の空気や風景を感じていたいって思う。

あればあったで便利に使ってしまうのは目に見えているから、
あえてその便利さは捨てようと思う。
便利が必ずしも良いとは限らないのだから。

イヤホンは頂き物。
付けると刀が刺さっているように見えるという代物。
ジャパニーズサムライソード!とか言えば外国人に受けるかな。

あとは小型のスピーカーも持っていく。
走行中に聞きたい場合、耳に突っ込んで音楽を聴くのは危険。
これで奥田民生の「イージューライダー」とか「さすらい」を聴きながら
まっっっっすぐに続く荒野の道を走りたいなぁ。



2014年3月21日追記
大分前に壊れたので捨てた。
音楽欲しい時はあったけど無いなら無いでいいし。


25

Category: [第一次・北中南米持ち物]デジタル関連

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

パソコン ASUS UX21E


P1010193.jpg


ASUSというメーカーのめちゃくちゃ薄いパソコン。
詳しい人に聞いてこれに決めた。
パソコンに関しては調べる努力すらしていないので書くことがないなー。
全然分からないものを一から調べるのは時間の無駄なので
知ってる人に聞くのが良い、ということを大人になって学びました。

薄い。ペラッペラ!
P1010199.jpg



25

Category: [出発前]日記

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 3  Trackback 1

出発前日


いつの間にか出発前日。

装備品、全部書き終わらなかったので旅しながら書いて完成させます。

あとは飯食って、風呂入って、パッキング終わらせたら今日はおしまい。

明日の夕方には空の上。

その次の日にはアメリカ大陸にいる。

ドキドキするなぁ。

ワクワクするなぁ。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


2
3
11
16
17
20
23
27
29
06, 2012 < >
Archive   RSS