FC2ブログ

愉しい自転車&生活

2012年06月19日 の記事一覧

19

Category: [第一次・北中南米持ち物]自転車関連の道具

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 1

工具 六角レンチ PB、ボンダス


自転車整備に必須のヘックス(六角レンチ)。
PBというメーカーの4、5、6㎜とボンダスというメーカーの
1~3㎜と4㎜の首が短い(スタビ)レンチ。

仕事柄、ヘックスは色んなメーカーのものを使った。
PB、ボンダス、ホーザン、KTC、エイト、WERA、パークツール、
スーパーB、ホームセンターの安物などなど。
正直、性能的にはホーザンやKTCの安い方で十分。
わざわざ高いPBやWERAのセットを買う必要はないと思う。

でも、やっぱ使い比べると良いものが欲しくなっちゃうので
値段は置いといて、1つお勧めするとしたら、PBかなぁと思う。
やはりなんだかんだPBは使いやすい。
締めこんだ時の締めてる感の分かりやすさ、
ボールポイントの使いやすさ、
見た目もきれいで、よく手にもなじむ。
どれか一つ選ぶならPBを推す。

PBのヘックス
P1000892.jpg

でも、今回はもう一つ、ボンダスというメーカーのも持っていく。
ボンダスのヘックスはPBよりも太くつくってあるので
穴に対してかなりカッチリとはまる。その分入れずらいけど、当然なめにくい。
特にPBの3㎜以下とか、細いサイズで感じる、なめそうな感じが少ない。
あとはボールポイントのしっかり感が高いので、
ボールポイントの方でもある程度トルクがかけられる。
ということで細いサイズはボンダス、普段一番使う3、4、5はPBを持っていく
(というかPBはセットだと高いから3、4、5㎜しか持ってないだけなんだけども)。


ボンダスのヘックス
P1000643.jpg

あともう一つPBのスイスグリップのヘックス。これの5㎜を持っていく。
Vブレーキの調整なんかはL型のレンチより圧倒的にやりやすく、使いやすい。
無くても何とかなるけど、大した荷物にならないし。
とかいってるとどんどん荷物が増えていくだけどね・・・。

仕事でもよく使ったグリップ付きのヘックス
P1000895.jpg


   
19

Category: [第一次・北中南米持ち物]自転車関連の道具

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

カギ ABUS Tresor 1385


P1000886.jpg

ABUSのダイヤル式のチェーンロック。
重いけど、大き目のボルトカッターがないと切断は難しいかと思う。
少なくともワイヤーよりは余程切断は難しい。まぁ、、重いけど・・・。
ABUSのセキュリティレベルでいうとレベル7(MAXは15)。

実はこのカギはもらいもので、頑丈で、かつ番号式の良いカギ欲しいな~と思って
職場の先輩が使っているのをもの欲しそうに見ていたら
「気に入ってるけど、世界一周に持っていくならいいよ」と。
本当にありがとうございます。ありがたく使わせてもらいます。
終わったら返しにいきます。ズタボロでいらないかもしれませんけど。

カギは防犯性を高めるほど重く、大きくなっていく。
あまりに大きすぎれば持ち運びが大変、携帯性を優先させれば
カギの破壊が容易になる。どの辺で妥協するかがカギ選び。
割と両方をバランスよく兼ね備えてるのが最近多い多関節のカギ。
abusでもレベル15の多関節がある。
ただabusのレベル15は流石に無理だと思うけど、
とあるメーカーの多関節は素手で破壊できる(実際に自分のやつ破壊した)。
フンッ!と力入れてグイッと曲げたら、関節部分のリンクがパリーン!と
弾け飛んで見事開錠・・・。素手で壊れるカギってどうなんでしょう・・・。

あとφ3㎜とか細いワイヤーのカギはニッパーで簡単にパチンと切れる。
ただ、それが悪いのではなくて、携帯性を重視した“仕様”なので、
そいういう程度のものだと理解して使うのが大事。
壊せないカギというのはこの世に存在しないので、どんな状況で使うのか
どの程度の相手をターゲットに防犯するのか、で選ぶカギが決まる。
なんだかんだ使いやすいのはワイヤータイプ。
カギ式、番号式はお好みだけど、個人的には無くす心配のなく
管理する必要のない番号が好き。
もう一つ予備でブリヂストンの番号式のカギも持っていく。


2012年12月29日追記
これは非常に良い。特に長さ。
これつくった人は世界中の色んなものに自転車を立てかけて、
どのくらいの長さのカギなら括れるかを実験して計ったんじゃないか、
というほど大抵のものと括れる。無理か、と思うものでもギリギリいけることが多い。
ただ前後輪一緒には括れないので完璧にロックしたいなら複数個のカギが必要だけど。
お勧めですね。ただ普通に使うにはちょっと重いけど。



19

Category: [第一次・北中南米持ち物]自転車関連の道具

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 1

ネジとか色々入ったBOX


とりあえず色々詰め込んである。

ネジ、ワッシャー、スプリングワッシャー、ナット、タップetc・・・
P1010065.jpg

自転車系だと
インナーチップ、アウターカップ、Vブレーキブーツ、ニップル、タケノコバネ
チェーンのコネクティングピン、フレンチバルブのバルブコアetc・・・
P1010064.jpg

ここまでこまいもの持っていく人は・・・たぶんいないと思う。
さすがにここまでやる必要はないけど、
最低限キャリア等に使っているネジ、ナット、ワッシャー
コネクティングピン、ニップルあたりは必要かと思う。
19

Category: [出発前]計画・準備

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

海外旅行保険に加入


P1010041.jpg

装備品やらの更新ばかりで、普通の人はあまり面白くないかなぁと思う今日この頃ですが
装備品については、まだまだ書きます。

今日は海外旅行保険に加入。
加入したのは日本興亜損保。
内容としては
傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡→100万
治療救援費用→500万
携行品損害→30万
賠償責任→1億

以上。
総額3年間で36万円ほど。

死亡に関しては、まぁ独身だし、そんな要らないと思うので100万。
治療救援費用は、300万と500万のプランだと1万円ほどの差だったので
1万の差で200万違うなら念のために500万にしておこうと思った。
先進国で入院した場合などを考えても500万あればほぼ何とかなると思う。
300万だと入院が必要な場合なんかに足が出る可能性がある。

賠償責任はやはり5000万とかでは足りなそう。
1億でも3830円なのでここでケチる必要はないと思う。

携行品は30万。
仮に身ぐるみ剥がされたとして、
装備品全体の金額を考えると30万では全くカバーしきれない。
ただ、30万あれば最低限旅行は再開できると思う。
高級な装備で揃えるから高くなるんであって
大抵のものは安くても何とかなる・・・と思う。

こんな感じで、必要最小限しかかけていない。
航空機遅延や手荷物遅延、緊急一時帰国費用などは
必要ないと判断して省いた。これで2万ほど安くなった。


特に長期行く場合は、保険には絶対に入るべきだと思うけど
あまり手厚くしすぎて旅行資金を圧迫するのも馬鹿らしい。
どの辺でバランスとるかは自己判断だけど、
2012年時点で、3年間の旅であれば最低限40万弱は見積もっておくべきだと思う。
同じようなことをしたい人はそれを見越して貯金をしましょう。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


2
3
11
16
17
20
23
27
29
06, 2012 < >
Archive   RSS