愉しい自転車&生活

[その他]自転車いじり の記事一覧

09

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ロングホールトラッカー  サーリー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 1  Trackback 0

ロングホールトラッカーハンドル狂想曲


世の中のロングホールトラッカーユーザーの中でも、僕がこれまでロングホールトラッカーに入れたハンドルはかなり多い方だと思う。

まずアメリカ大陸旅行中のライザーバーとバーエンド。これは普通に使いやすい組み合わせだった。
JMGP8827-001.jpg


こちらもライザーバーですがライズがかなり大きいもの。上体が起きて楽だが、操作感が少しフィットしなかった。
DSC00907-001.jpg


旅行をしている人には愛用者が多い際物バタフライハンドル。面白いハンドルですが、ちょっとハンドル位置が近すぎる。
DSC00343-001.jpg


プロムナードバー。これも楽だけど近い。
DSC00539-001.jpg


バックスイープ30度というプロムナードとフラットハンドルの中間ぐらいのハンドル。これはかなり具合が良かった。出来れば使いたいが、これでもハンドルは近い。
DSC00704-001.jpg


ロングホールトラッカーの標準であるドロップハンドル。僕はかなりの数のハンドルを持っていますが、ロード用のドロップハンドルは一本もない。マウンテンドロップだったら一本持っていますが。
DSC00613d.jpg


といった感じで、色んなハンドルを試した(試したのは写真のが全部ではない)。
でも、沢山乗っていくなかで、やはりロングホールトラッカーの本来もつバランス、元々の設計図に沿うようにまとめるのが、最も良い形だろうと思うようになっていった。とすると、やはりプロムナードではハンドルが近い。楽だし、あまりうるさくポジションどうこう言うような自転車でもなく、車体の性格や懐の深さからすれば決して不正解ではないと思いますが、しかし、やはりあのハンドルの近さだと寸詰まり感が否めない。姿勢的にはゆるいので楽けど、ゆるすぎる自転車で満足できるほど、まったりとしか乗らないわけではない。

そうすると、選択肢としてはドロップかブルホーンか、長いステムにフラットハンドルかといったところですが、ドロップは全く使う気がないのでなし。一応ブルホーンは写真にはないですが試してはいます。が、ポジション的には出ても操作感がしっくりと来なかった。たとえ同じ位置にグリップがあったとしても、ブルホーンのように前に突き出ているのか、プロムナードのように手前に曲がっているのかで全くフィーリングは別物になる。スピードをある程度だして走るならブルホーンは合うだろうなと思いましたが、自分の乗り方だとあまり合わない。

そうして色々試してきましたが、これで決まるかな、というハンドルに出会った。

それが日東のマスタッシュバーRM016。元々はドロップさせて使うものですが、逆につけてプロムナードとして使っています。
DSC01047-001.jpg


このハンドルは規格がMTB系ではなくロード系なので、パイプ径は22.2ではなく、23.8になっている。つまり、通常のクロスバイクやマウンテンバイクにつけるブレーキレバーは径が合わず使えないので、基本的にはドロップハンドル用のブレーキレバーを使うか、リバースレバー等を使うことになる。

で、このマスタッシュバーの何が良いって、グリップポジションが手前にこないという所なのです。フラットハンドルを握るのとほぼ同じくらいの距離で握れて、もちろんその位置からブレーキもかけられる。握る場所も多いし。
DSC01058-001.jpg


また、ドロップ(逆につけてるからライズですが)が50㎜あるため、コラムスペーサーを沢山積む必要がなくなるし、無理に急角度のステムを入れる必要もなく、収まりが良くなる。ハンドル幅も狭すぎず広すぎず、車体の性格とマッチしている。

全体。ちょっと夜撮ったので、昼間に撮ったらあとで差し替えると思います。
DSC01043-001.jpg


現状での不満はブレーキ。リバースレバーがVに対応してないのでカンチブレーキを入れてるのですが、Vブレーキやディスクブレーキに慣れ切ってるので、はっきり言って不満。問題はないけど不満。絶対的な制動力がもう一声欲しいので、どこまで良くなるか分からないけど、ちょっとシマノのカンチ入れるか考え中。

それとついでにですが、以前やってみたロングホールトラッカーの700C化。あれは止めた。別に乗りづらいというわけではないのだけど、これはもはやロングホールトラッカーではないなと思ったのでやめた。あれはただのクロスバイク。26には26の乗り良さがあり、必ずしもデカいホイールが優れるというわけではないと思った。ロングホールトラッカーのまったり感は、26インチで、かつ太めのタイヤを入れた時に最大限になると思います。fatties fit fineというステッカーがサーリーのフレームに必ず貼られていますが、本当その通り。


ついでのついでに、クランクはオーソドックスなスクエアテーパーにしてみた。サーリーの場合、見た目が美しくて、お値段もお美しいような高級な品よりも、地味でそこそこの値段の実用品が一番しっくりくるように思う。
DSC01057-001.jpg

まあ、一番格好良く見えるのは、よく使い込まれている場合だと思いますが。使用感があって傷もあるけど放置されているわけではない。大事に乗られているけど、過保護にはされていない。あくまで道具として使い、その限りにおいてキッチリ手入れされた、味のあるくたびれ加減。僕は自転車とはそういう付き合い方をしたいと思ってます。磨きまくって完璧に綺麗にして眺めてウットリするとか、そういうのはね、ちょっと無理。


実は上のクランクのチェーンリングは元々シルバーだったのを黒に塗ったものなんですが、あまったラッカーをついでにRメカにかけた。スラムのRメカなんですが、ノーブランド品みたいになってしまった。掃除も何もせずにいきなりスプレーを吹きかけるという、アメリカ人もビックリするような雑な作業だった。というか泥で汚いな。
DSC01046-001.jpg


長くなりましたが、結論。ふつうに組むのが一番良い
ただ、その「ふつう」というのは、なんの試行錯誤もない、一般的な正解に基づいた「ふつう」ではなくて、僕の使い方や趣味趣向、ライフスタイルに合っていて、かつロングホールトラッカーという車体の性格にも則った、そんな所にある「ふつう」です。


06

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

ハンドル交換とシートポスト曲げ(曲げ失敗)


オフセット量の大きなシートポストが欲しいと思い、自分でちょっと曲げてみたんですが、これがまあ上手くいかなかった。

トーチで炙って、万力で挟んでうりゃーっと曲げたらいけんだろと思ったんですが、そんなに単純ではなかった。
DSC00530-001.jpg


完成形撮るの忘れたので強引にトリミングした画像ですが、ご覧のように見事に皺が寄ったシートポストになってしまった。まあ、多分大丈夫じゃないかと思うのでとりあえずそのまま乗りますが。
DSC00533-002.jpg



あとはついでにハンドルを元々持っていたベロオレンジのポーターハンドルバーに変更。これでしばらく乗って試そうと思います。
DSC00539-001.jpg


DSC00535-001.jpg


見た目的にはビームのプロムナードよりも合っているかなと思う。乗った感じも悪くない。
DSC00536-001.jpg


後輪は何だか組むのが面倒くさいので、5000円くらいの安い完組を買って700C化する予定。そしてスタンドはシルバーのセンタースタンドにする。クランクやら何やらは順次変えていく。


しかし最大の問題はリアキャリアだな。果たしてどうやって作ろうか。
DSC00541-001.jpg


04

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

フロントフォークの交換


先日、ちょっくらロングホールトラッカーのフロントフォーク交換をしてみました。

DSC00498-001.jpg


フロントフォークというのはこれね。車体の前輪を挟んでいる部分。
DSC00499-001.jpg


まず、フロントフォークに付いているパーツを全部外していく。

ブレーキとか。
DSC00500-001.jpg


ハンドル、ステムとか。
DSC00501-001.jpg


外れました。
DSC00503-001.jpg


そして、フロントフォークに付いているこの銀色の輪っか。クラウンレースを外します。再利用しますので。
DSC00505-001.jpg


といっても専用工具は持ってないので、マイナスドライバーでコツコツ叩いて外していく。傷つくのが嫌なら布かなにかを当てたら良いと思います。僕は気にしないのでそのまま叩きましたが。


外したら、今度はこれを新しいフロントフォークに入れる。こちらも工具を持ってないので同じくマイナスドライバーで叩いて入れました。物によっては割りの入ったクラウンレースがあるので、そういうのに関しては普通に手で取り外し可能。
DSC00506-001.jpg


で、フレームと合体。ここで、通常はコラムカットが入りますが、ロングホールトラッカーのヘッドチューブが長いために全く切る必要がなかった。
DSC00507-001.jpg



ということで、そのままスターファングルナットを圧入。これは専用工具を使った。
DSC00508-002.jpg



圧入したらブレーキとかハンドル、ステムを取り付けて終了。特に難しい部分はなく、簡単な作業です。
DSC00512-001.jpg


ホイールが変わっているのは、700C用のフォークを入れたからです。当然、純正フォークよりも肩下が長くなるため、ジオメトリーもかなり変わる。具体的にはヘッドアングル、シートアングル共に寝るため、その点ではより安定感は増す。ただ、現状ではリアホイールが無いため後ろは26のままですが、両方700Cにすれば、よりBBハイトが高くなるので、その辺の影響がどう出るか。もちろん、後ろも700Cになればヘッドアングルと、シートアングルも今よりは起きるし。

換えて少し乗った感想としては、よりクロスバイク然とした感じになったと思った。クロスバイクといっても、ジャイアントのエスケープシリーズのような快速系クロスではなく、トレックFXシリーズのような、より安定性に振ったクロスバイクの感じ。まあ、乗り辛くはない。


それにしても、いまロングホールトラッカーをプロムナードハンドル仕様にして乗っていますが、やはりこのフレームにピタリとくるのはドロップだなと感じる(元々ドロップハンドル用の設計なので当然だけど)。少なくとも、プロムナードで使うなら2サイズは上げないと、現状のサイズでは色々な点でかなり無理やりになってくる。今のサイズならバックスイープが大きめのフラット系のハンドルとかのがいいのかもしれない。ただ、そうするとサドル(B67)が合わなくなってくる可能性がある。色々と試行錯誤するしかないな。


最後にビフォーアフター。

ビフォー
DSC00498-001.jpg
アフター
DSC00512-001.jpg


うむ、明らかにバランスが悪くなった笑
まあ、無限とも言える組み合わせがあるので、色々試していこうと思います。


29

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

オルトリーブのレストア


トロールの色がブラックで、持っているオルトリーブのバッグはブルー。
一度つけてみると色があまりに合わなかったので、補修するついでに塗装してブラックにした。


底に張り付けていたガムテープもボロボロ。まずはこれを剥がしてフックやバックルなども全て外し、キレイに掃除。
DSC00654.jpg


汚い。これらの汚れはアメリカ大陸から連れてきたものなのかと考えると感慨深い、なんてことはなく、ただ汚いと思う。
DSC01334.jpg

DSC01335.jpg

DSC01528.jpg

DSC01529.jpg


掃除後
DSC01531.jpg

DSC01539.jpg

DSC01540.jpg

DSC01542.jpg


そして前回と同じようにバッグの底を補強しましたが、今回使ったのはガムテープではなくトラックの幌を補修するためのより頑強なテープ。これは今年自転車世界一周を終えて日本に帰国した山口健太さんに教えてもらった。
DSC01543.jpg

幅がかなりあるのでガムテープのようにベタベタ張り付ける手間はない。
DSC01545.jpg

DSC01549.jpg



ただ、これだけだと端の方から剥がれてくる事は間違いなく、そうなったら瞬間接着剤などで補修するのは目に見えている。だったら最初にやっておこうということで、靴底を補修するためのパテみたいなもの(シューズドクターNというやつ)で端っこを補強。
DSC01553.jpg


この方法は成田君がSHOEGOOを使って補修していたのを真似しました。
DSC01557.jpg

瞬間接着剤は布地の部分に使うと固くなってしまい生地の柔軟性が損なわれるが、このシューズドクターは固まっても柔軟性を保ち、かつ元々靴底に使うためのものであるため耐摩耗性も高いので通常の接着剤よりも適していると思います。


塗装の方は「ソフビカラー」というソフトビニール用塗料を使用。
DSC01928.jpg


色はマットブラック。一度他のビニール用塗料を使ったのだけど、それは塗膜の接着力や柔軟性が弱かったが、ソフビカラーはかなり強いので結構もつと思うんだけど、どうだろう。
DSC01931.jpg


ちなみに元はコレ。
P1000910.jpg


あと中のポケットは要らないので取り外し、超低頭ネジを使ってナットの出っ張りを少なくした。
DSC01933.jpg


幌の補修用テープはかなり厚みがあって丈夫なので余程の事がない限り、張り替え無しで最後まで行けるでしょう。塗装の方は分からないけど。

14

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

スタファンを打ち込む


スターファングルナットを打ち込むには専用工具が必要だけど、そんなもの人生で一体何回打ち込むのか、という話で、ほぼ使わないものを買うのも馬鹿らしい。ということで、専用工具なしでステムと長めのネジを利用して打ち込む方法。

正確に言うと、この方法で打ち込んだわけじゃなく、もともと打ち込んであったスタファンをコラムカットに伴って(コラムが少し長かった)もう少し奥に打ち込んだんですが。


用意するのは少し長めのネジ(M6)とナット二つ。あとトップキャップとステム。

トップキャップにネジを通した後に、スタファンにしっかりと入る程度の位置でナットを固定。
DSC01492.jpg


コラムの上に適当にはみ出す位置でステムを固定し、ネジを入れる。
DSC01494.jpg


あとはハンマーで叩く。
DSC01495.jpg


これでネジ代のみでスタファンを打ち込める。
あと、ネットで見て賢いなと思ったのは上から叩いて入れるのではなく、数十センチのかなり長いネジを用意して、下から引き込むやり方。かなり長いネジが必要なので材料費は少し高くなるだろうけど。興味があったら調べてみて下さい。

コラムカットはパイプカッターでしようと思ったけど、安物パイプカッターではクロモリのコラムに歯が立たず、結局、ステムをソーガイド代わりにして金ノコでカット。ガイドといっても真っ直ぐ切るように意識しないとステムを切って曲がってしまうけど。
DSC01496.jpg


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS