愉しい自転車&生活

[その他]自転車いじり の記事一覧

06

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

ハンドル交換とシートポスト曲げ(曲げ失敗)


オフセット量の大きなシートポストが欲しいと思い、自分でちょっと曲げてみたんですが、これがまあ上手くいかなかった。

トーチで炙って、万力で挟んでうりゃーっと曲げたらいけんだろと思ったんですが、そんなに単純ではなかった。
DSC00530-001.jpg


完成形撮るの忘れたので強引にトリミングした画像ですが、ご覧のように見事に皺が寄ったシートポストになってしまった。まあ、多分大丈夫じゃないかと思うのでとりあえずそのまま乗りますが。
DSC00533-002.jpg



あとはついでにハンドルを元々持っていたベロオレンジのポーターハンドルバーに変更。これでしばらく乗って試そうと思います。
DSC00539-001.jpg


DSC00535-001.jpg


見た目的にはビームのプロムナードよりも合っているかなと思う。乗った感じも悪くない。
DSC00536-001.jpg


後輪は何だか組むのが面倒くさいので、5000円くらいの安い完組を買って700C化する予定。そしてスタンドはシルバーのセンタースタンドにする。クランクやら何やらは順次変えていく。


しかし最大の問題はリアキャリアだな。果たしてどうやって作ろうか。
DSC00541-001.jpg


04

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

フロントフォークの交換


先日、ちょっくらロングホールトラッカーのフロントフォーク交換をしてみました。

DSC00498-001.jpg


フロントフォークというのはこれね。車体の前輪を挟んでいる部分。
DSC00499-001.jpg


まず、フロントフォークに付いているパーツを全部外していく。

ブレーキとか。
DSC00500-001.jpg


ハンドル、ステムとか。
DSC00501-001.jpg


外れました。
DSC00503-001.jpg


そして、フロントフォークに付いているこの銀色の輪っか。クラウンレースを外します。再利用しますので。
DSC00505-001.jpg


といっても専用工具は持ってないので、マイナスドライバーでコツコツ叩いて外していく。傷つくのが嫌なら布かなにかを当てたら良いと思います。僕は気にしないのでそのまま叩きましたが。


外したら、今度はこれを新しいフロントフォークに入れる。こちらも工具を持ってないので同じくマイナスドライバーで叩いて入れました。物によっては割りの入ったクラウンレースがあるので、そういうのに関しては普通に手で取り外し可能。
DSC00506-001.jpg


で、フレームと合体。ここで、通常はコラムカットが入りますが、ロングホールトラッカーのヘッドチューブが長いために全く切る必要がなかった。
DSC00507-001.jpg



ということで、そのままスターファングルナットを圧入。これは専用工具を使った。
DSC00508-002.jpg



圧入したらブレーキとかハンドル、ステムを取り付けて終了。特に難しい部分はなく、簡単な作業です。
DSC00512-001.jpg


ホイールが変わっているのは、700C用のフォークを入れたからです。当然、純正フォークよりも肩下が長くなるため、ジオメトリーもかなり変わる。具体的にはヘッドアングル、シートアングル共に寝るため、その点ではより安定感は増す。ただ、現状ではリアホイールが無いため後ろは26のままですが、両方700Cにすれば、よりBBハイトが高くなるので、その辺の影響がどう出るか。もちろん、後ろも700Cになればヘッドアングルと、シートアングルも今よりは起きるし。

換えて少し乗った感想としては、よりクロスバイク然とした感じになったと思った。クロスバイクといっても、ジャイアントのエスケープシリーズのような快速系クロスではなく、トレックFXシリーズのような、より安定性に振ったクロスバイクの感じ。まあ、乗り辛くはない。


それにしても、いまロングホールトラッカーをプロムナードハンドル仕様にして乗っていますが、やはりこのフレームにピタリとくるのはドロップだなと感じる(元々ドロップハンドル用の設計なので当然だけど)。少なくとも、プロムナードで使うなら2サイズは上げないと、現状のサイズでは色々な点でかなり無理やりになってくる。今のサイズならバックスイープが大きめのフラット系のハンドルとかのがいいのかもしれない。ただ、そうするとサドル(B67)が合わなくなってくる可能性がある。色々と試行錯誤するしかないな。


最後にビフォーアフター。

ビフォー
DSC00498-001.jpg
アフター
DSC00512-001.jpg


うむ、明らかにバランスが悪くなった笑
まあ、無限とも言える組み合わせがあるので、色々試していこうと思います。


29

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

オルトリーブのレストア


トロールの色がブラックで、持っているオルトリーブのバッグはブルー。
一度つけてみると色があまりに合わなかったので、補修するついでに塗装してブラックにした。


底に張り付けていたガムテープもボロボロ。まずはこれを剥がしてフックやバックルなども全て外し、キレイに掃除。
DSC00654.jpg


汚い。これらの汚れはアメリカ大陸から連れてきたものなのかと考えると感慨深い、なんてことはなく、ただ汚いと思う。
DSC01334.jpg

DSC01335.jpg

DSC01528.jpg

DSC01529.jpg


掃除後
DSC01531.jpg

DSC01539.jpg

DSC01540.jpg

DSC01542.jpg


そして前回と同じようにバッグの底を補強しましたが、今回使ったのはガムテープではなくトラックの幌を補修するためのより頑強なテープ。これは今年自転車世界一周を終えて日本に帰国した山口健太さんに教えてもらった。
DSC01543.jpg

幅がかなりあるのでガムテープのようにベタベタ張り付ける手間はない。
DSC01545.jpg

DSC01549.jpg



ただ、これだけだと端の方から剥がれてくる事は間違いなく、そうなったら瞬間接着剤などで補修するのは目に見えている。だったら最初にやっておこうということで、靴底を補修するためのパテみたいなもの(シューズドクターNというやつ)で端っこを補強。
DSC01553.jpg


この方法は成田君がSHOEGOOを使って補修していたのを真似しました。
DSC01557.jpg

瞬間接着剤は布地の部分に使うと固くなってしまい生地の柔軟性が損なわれるが、このシューズドクターは固まっても柔軟性を保ち、かつ元々靴底に使うためのものであるため耐摩耗性も高いので通常の接着剤よりも適していると思います。


塗装の方は「ソフビカラー」というソフトビニール用塗料を使用。
DSC01928.jpg


色はマットブラック。一度他のビニール用塗料を使ったのだけど、それは塗膜の接着力や柔軟性が弱かったが、ソフビカラーはかなり強いので結構もつと思うんだけど、どうだろう。
DSC01931.jpg


ちなみに元はコレ。
P1000910.jpg


あと中のポケットは要らないので取り外し、超低頭ネジを使ってナットの出っ張りを少なくした。
DSC01933.jpg


幌の補修用テープはかなり厚みがあって丈夫なので余程の事がない限り、張り替え無しで最後まで行けるでしょう。塗装の方は分からないけど。

14

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

スタファンを打ち込む


スターファングルナットを打ち込むには専用工具が必要だけど、そんなもの人生で一体何回打ち込むのか、という話で、ほぼ使わないものを買うのも馬鹿らしい。ということで、専用工具なしでステムと長めのネジを利用して打ち込む方法。

正確に言うと、この方法で打ち込んだわけじゃなく、もともと打ち込んであったスタファンをコラムカットに伴って(コラムが少し長かった)もう少し奥に打ち込んだんですが。


用意するのは少し長めのネジ(M6)とナット二つ。あとトップキャップとステム。

トップキャップにネジを通した後に、スタファンにしっかりと入る程度の位置でナットを固定。
DSC01492.jpg


コラムの上に適当にはみ出す位置でステムを固定し、ネジを入れる。
DSC01494.jpg


あとはハンマーで叩く。
DSC01495.jpg


これでネジ代のみでスタファンを打ち込める。
あと、ネットで見て賢いなと思ったのは上から叩いて入れるのではなく、数十センチのかなり長いネジを用意して、下から引き込むやり方。かなり長いネジが必要なので材料費は少し高くなるだろうけど。興味があったら調べてみて下さい。

コラムカットはパイプカッターでしようと思ったけど、安物パイプカッターではクロモリのコラムに歯が立たず、結局、ステムをソーガイド代わりにして金ノコでカット。ガイドといっても真っ直ぐ切るように意識しないとステムを切って曲がってしまうけど。
DSC01496.jpg


17

Category: [その他]自転車いじり

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

写真、カメラについて


写真撮影で気をつけてる点、使ってる機材について
質問をいただいたので簡単にまとめておきます。

<機材>
ボディ
ペンタックス K-5

レンズ
カールツァイス ディスタゴン35mm f2.0
カールツァイス マクロプラナー100mm f2.0
シグマ EX DC 10-20mm f4-5.6

コンデジも持ってますが、ほぼ一眼で撮ってます。
PLフィルターは持ってましたが全く要らないので捨てましたね。
綺麗に撮れているのは間違いなくボディとレンズのお陰です。


<気をつけている点>
ピント、露出、構図、光、です。
特に光の向きと露出。露出はアンダーめで撮ってます。
そのほうが色が濃く出るので。でもこの間、紅葉を撮っていて知ったけど
紅葉はアンダーで撮ると色がくすむので適正か、オーバーめで撮ると綺麗ですね。
光の向き、高さでもガラリと絵が変わるので、それは常に考えています。
構図は3分割してどうのこうの、という理屈があるようですが、
それはあまり考えてないかな。そういうもんでもないと思うし。

といった感じです。
特に、特別なことはやっていないので、
やはりレンズとボディが良い仕事してると思います。



<2013年7月3日追記>

気をつけていることなどで付け足し。
撮る時に撮りたいイメージで撮るために、カメラ側のカラー設定を鮮やか、ナチュラル、人物、リバーサル、などその時に合わせて弄っていますが、最近ではホワイトバランスも弄り始めた。RAWで撮ればあとから幾らでもその辺の調整はきくけれど、長期旅行の中でやるには、現像時間の問題と、あとデータ量が爆発的に増えるのでRAW撮りは難しい。なのでその場で全て仕上げるようにして撮っています。
以前はホワイトバランスは基本「太陽光」。K-5は更に細かく調整できるようになっていて、通常よりも1段階青味を強くしていましたが、最近では状況に合わせ、緑を強くしたり、赤を強くしたりして調整しています。やりすぎると色が被りますが(それを求めるなら良いけど)。

撮りたい雰囲気に合わせてというのもあるけれど、あとは使用しているレンズの影響もある。シグマの広角とK-5だと、普通にホワイトバランスを太陽光にして撮るとマゼンダが強く出るので緑を強くして補正していた(逆にツァイスの35mmを使うと緑が強く出る)。


具体的に例を挙げてみると


これはシグマのレンズだったので、普通に撮るとマゼンダが強くなるので、緑側に1段補正して、陽射しの暖かさを出したいので赤を1段強くしてある。
IMGP6294.jpg

これは緑を強くしすぎた。
IMGP6291_20130703135539.jpg

これは緑は強くせず、赤のみ一段強くしてある。これでは赤味が強すぎる。
IMGP6292_20130703135538.jpg


で、結局ブログで載せたのは最も自分の撮りたいイメージに近く撮れた一番上。こんな感じで良いと思った場所で露出、ホワイトバランス、カラー設定などを弄って何枚も撮っています。

昔は「すっきり撮りたい」という気持ちで基本太陽光で1段階青を強くした設定で固定していたけど、1年使ってようやくWBも重要な要素だと気がつきました。いや、重要と分かっていたけど、ここまで影響するものと認識はしていなかったという感じか。1年間使ってようやく機材の特徴を掴んで、使いこなせるようになり始めたかな。という感じで、参考になれば。



プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS