FC2ブログ

愉しい自転車&生活

[トルコ・ギリシャ]旅後 の記事一覧

19

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

ベルガマからイズミールまで


大分間空いてしまいましたが、ベルガマからイズミールまでの写真です。

途中の町で開かれていたバザール。観光地ではないので、買い物をしているのはみんな地元の人達。
DSC06607.jpg


トルコは食料自給率100%に迫る農業の国。
DSC06612.jpg


DSC06608.jpg


DSC06630.jpg


DSC06639.jpg


DSC06641.jpg


チャイ。トルコ滞在中、一体どれほどご馳走になったことか。100杯は超えていると思います。
DSC06675.jpg


お茶屋さんにいた生まれたての子猫。名前を付けてくれ!と言われたので、命名させて頂きました。春だったので「ハル」にしたけど、考えてみれば猫って発情期が決まってるから大抵春か夏生まれだなと。
DSC06656.jpg


スポンサーサイト



19

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

ベルガマ アスクレピオンとベルガマの街


前回の続きで、ペルガモン遺跡のアクロポリスの麓にあるアスクレピオン(療養所)と街の人達のです。

療養所へと通じる大通りから見るアクロポリス。
DSC06444.jpg

手前の列柱廊(ストア)は、寝転べるように、廊下部分がわざと未舗装になっている。
DSC06446.jpg

DSC06519.jpg


DSC06455.jpg


DSC06529.jpg


広場から療養所に通じる地下道。
DSC06471.jpg


地下道の下は水が流れている。水の流れる音による癒しの効果を考えていたそう。
DSC06467.jpg


DSC06508.jpg


劇場。音楽療法も行われていた。
DSC06535.jpg


ベルガマの朝。食堂で。
DSC06216_201901191547029ba.jpg

服屋のおじさん。
DSC06442.jpg


アスクレピオンの近所に住んでいる子達。
DSC06549.jpg

DSC06552.jpg

DSC06554.jpg


右はナオエさんという日本人の方で、ベルガマでお店を開いています。左は旦那さん。タオル、シャツ、ストールなどトルコの綿製品を主に扱っていて、オシャレなのが沢山おいてあります。ベルガマに訪れる人は是非行ってあげてください。
DSC06574.jpg

お店の名前
Sen Naoe Hand Woven Textiles



以上、ベルガマでした。一トルコファンとしては、このまま観光地化しないで、田舎っぽい素朴さを残してほしいと思った街だった。
DSC06200a.jpg

11

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

ベルガマ ペルガモン遺跡


アレクサンドリア図書館とも比較されるほど、古代でも有数の図書館があったペルガモン。ペルガモン遺跡自体は有名なので、ベルガマの街も結構な観光地なのかなと思いきや、中々どうしてローカルな雰囲気を漂わせた良い感じの街だった。観光客の呼び込みに特に力を入れているわけではなく、集客はただひたすらペルガモン遺跡のネームバリューに頼っているだけという行政の怠慢が、遺跡のみならず素朴で親しみやすいトルコをも保存しているという奇跡。本当に行政はナイスな仕事をしていると思います。個人的にはこのままの素朴なベルガマであって欲しい。


ペルガモンのアクロポリスに向かう途中。
DSC06221.jpg

ここからアクロポリスの風景
DSC06240.jpg

DSC06247.jpg

DSC06257.jpg

DSC06256.jpg

DSC06260.jpg

DSC06302.jpg

DSC06306.jpg


手前は劇場。奥にはベルガマの街を見渡す。
DSC06263.jpg


DSC06317.jpg


長くなるので一旦終わり。



31

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

アソスからベルガマの間


アソスを出た後の道。
DSC05772.jpg


ブルハニエという街で出会ったラズ人の親子。トラブソン(トルコの黒海沿岸の街)出身らしい。トルコで会った初めてのトルコ人以外のトルコ国籍の人(多分それと知らずに会っていたと思うけど)。
DSC05880.jpg

喧嘩もするけど、仲の良い姉弟。
DSC05888.jpg


トルコと言えば猫。
DSC05846.jpg


DSC05996.jpg


犬もいる。ちなみにこの犬ではないけど、この犬のいたレストランに着く前に犬に咬まれた。軽く靴をかじられただけだったので問題はなかったけど。結局、自転車に乗っていなくても犬には吠えられ、咬まれるというね。というか、飼い主が止めようとしていたけど、全然言うこと聞いてなかったし。責任もって躾けろよ。
DSC06010.jpg
 

野宿しようと思って人家から遠ざかる方に歩いていたら、辺鄙な所にレストランがあり、なんやかんやでキャンプさせてもらうことになった。
DSC06030.jpg


レストランの人達。子どもが可愛かった。
DSC06029.jpg


DSC06038.jpg


翌朝、朝食も頂いてしまった。
DSC06032.jpg


海沿いの街アイワルク。
DSC06113.jpg



02

Category: [トルコ・ギリシャ]旅後

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

アソス遺跡


トルコ、ギリシャ旅最大の発見と言ってもよかったアソス遺跡。旅行ガイドブックにも全く載ってなかったので、現地の人に聞くまで全く知らなかったけど、本当に最高の場所です。

なんとアリストテレスが数年間このアソスに住んで(ほかにも数人アカデメイヤからプラトンの生徒が来ていた)、プラトンの理想国家づくりに協力していたそう。
DSC05383.jpg


右奥がアクロポリス。
DSC05462.jpg


アソスのある村から来た道を振り返って。
DSC05466.jpg


エーゲ海。向こうの島はレスボス島(ギリシャ領)。
DSC05517-001.jpg


アクロポリスにあるアテナ神殿。
DSC05556.jpg


アテナ神殿。全体。
DSC05571.jpg


DSC05562.jpg


DSC05559.jpg


DSC05574.jpg


DSC05558-001.jpg


亀。蛇もいます。
DSC05585.jpg


DSC05591.jpg


百花繚乱。花が咲き乱れていた。春は一番良い季節かもしれない。
DSC05613.jpg



DSC05627.jpg


紀元前540年建造の劇場。アソスで一番の見所。
DSC05641.jpg

入場料も安く、眺めは抜群で非常に自由に散策できる(また散策できる程度の規模でもある)ので、とても楽しい遺跡だった。本で読むだけでは絶対に分からない、古代エーゲ海世界の雰囲気を感じる事の出来る場所だと思います。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2019 < >
Archive   RSS