愉しい自転車&生活

[欧州・アフリカ後一時帰国]日記 の記事一覧

09

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

眼がいい!


久々にアフリカで撮った写真などを少しプリントしていたけど、本当に子どもたちの眼がいい!と思った。

上はスーダン、下はエチオピア。一点の曇りもなく、真っ直ぐな瞳。本当に素晴らしい。
DSC00579-001.jpg


風景も少し出した。上はアメリカのグランドキャニオン。下はエチオピアの大地溝帯付近。両方とも同じような成り立ち。
DSC00577-001.jpg


全部まとめて。
DSC00580-001.jpg


やはりプリントすると良いですね。ただ、A4サイズでバンバン出すと、あっという間にインクが無くなるけど。


01

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

あけましておめでとうございます




いつも読んで下さっている方々、昨年はどうもありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。


エチオピアの小さな集落にて 2016年2月撮影
DSC08538-001_20161227211538ee1.jpg


08

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

ロングホールトラッカーお買い物エディション(暫定)


いま、ロングホールトラッカーを日常の足として使いやすくするために、改造している。
DSC00369.jpg


フルパッキングの海外走行向けに組んだ自転車というのは、明らかに普段使いではオーバースペックで重すぎて全然乗る気がしないし、使いやすくもない。ってことでロングホールトラッカーは買い物用として最適化することに。


まずタイヤ。マラソンは耐久性はありますが、あんなもん重すぎて普段使いでは履いてられないので、パナレーサーのハイロードに交換。
DSC00373-001.jpg



ハイロードを選んだ最大の理由は「安い」ことと「軽い」ことですが、それともう一つブラックの他にオープンサイドがあったのも理由。買い物で市内を走り回るだけで、オフロードも走らないので、高耐久、高性能は必要ない。
DSC00377-001.jpg



これは前からだけど、Wレバー。しかも今どきフリクション。一長一短ありますが、ワイヤー調整などが全く必要ないので、乗りっぱなしにする車体の場合は僕は楽だと思っている。ワイヤー伸びても関係ないし、8段のスプロケを9段に換えても関係ない。あと、ハンドル周りが非常にスッキリするので、それはWレバーの最大の利点だと思う。
DSC00376-001.jpg



かご。これは手作りです。ライトの位置は考え中。このままだとかごが邪魔で路面を照らせないので。
DSC00368-001.jpg


手を入れる穴もつくったけど、普段はかごを固定しているので絶対に使わない。
DSC00381-001.jpg


段差での荷物飛び出しを防ぐためにネットも完備しております。
DSC00383-001.jpg



スタンドもやはりあると止める場所を選ばないので便利。
DSC00384-001.jpg



サドルはブルックスのB67。バネ入りで乗り心地は最高。ただ、後退幅が足りないのでもっとオフセットの大きなシートポストが必要。
DSC00379-001.jpg



こちらは、でぇこん(大根)袋。別に大根だけでなく、ある程度の太さと長さのものなら何でも入る。普段はワイヤー錠を放り込んでいます。普段使いではオルトリーブバッグより有用。
DSC00380-001.jpg



以上ですが、まだ完成形ではありません。
まずリアキャリアはシルバーにする。これはもしかしたら自分でロウ付けして作るかもしれない。あとブレーキレバーはオポジットレバーにし、バーテープを巻いて使う予定。そうすればプロムナードバーの持つ場所が少ない点と、トップチューブ長足りないという点をある程度解消できる。それに伴ってブレーキはカンチブレーキにするかもしれない。
クランクやハブ、コンポも、クランクはシングル。リアはワイドにしたい。いま9段だけど、10段で11-40くらいにしてもいいかな。あとホイールもリムが寿命来たらもう少し軽量な組み合わせで組みたい。
そして、ゆくゆくはトレーラーだな。まあそれはトレーラーが必要な生活をすることになったらの話ですが。



やっぱり自転車は面白い。改めてそう思います。
DSC00382-001.jpg




29

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

クランパス


新たにSURLYのKRAMPUS(クランパス)が、マイバイクに加わりました。
DSC00211-003.jpg


2012年に2013モデルとして登場したクランパスも今年で2017。
DSC00215-002.jpg


2017モデルでついに大幅モデルチェンジをしましたね。買う前の時点で(フレームを買ったのは結構前)、サーリーのHPで過去モデルとして扱い始めたのでモデルチェンジするんだろうなと思ったら、思った通りしてきた。

もしモデルチェンジがあるなら、間違いなくフレームカラーも変えてくるはずなので、新モデルを待たずに買ってしまった(グリーンが気に入っていたので)。17モデルでは赤になりましたが、あの赤なら絶対にグリーンだなと思うので買っておいて正解だったな。ジオメトリ―が改良されているのと、スルーアクスル化したのはちょっと羨ましいですが、色のが重要。スルーアクスル化に関しては一応やろうと思えば出来るし。

でも、17モデルでダボ穴を増やしたのは無いでしょう。クランパスにはECRという兄弟がいますが、両方とも29×3インチのタイヤをはく自転車だけど、クランパスの生息域はツーリングではなく完全に山。それをツーリング向けにしたのがECR。 ダボ穴沢山でフルキャリアのツーリングにも対応します、というのはECRのやることであって、クランパスのやることではない。要らんものつけやがって、と思った。ECRは元々そういうコンセプトだからついているのが格好良いんだけど、クランパスの場合は無い方がスッキリしていて格好良い。ピュアなレース用ロードバイクに、キャリア取り付け用、ボトルケージ取り付け用の穴があちこちにぼこぼこ開いていたらダサいのと同じ事だと思う。ペーサーとかスチームローラーはボコボコ穴だらけにしてないんだから、クランパスだってそっち側だと思うんだけど。


DSC00221-001.jpg


太いタイヤを入れるための苦労が分かる。
DSC00217-002.jpg

DSC00266-001.jpg


DSC00218-001.jpg



ヘッドはゼロスタック。通常のオーバーサイズのヘッドだとワンとベアリングがヘッドチューブの外に位置しますが、ゼロスタックの場合、ベアリングとワンがヘッドチューブ内部に入る。剛性のアップと、ハンドルを低く出来るという利点があります。特に29インチの場合はハンドルが高くなってしまうので重要。
DSC00225-001.jpg


あと、ゼロスタックが良いのは下ワンを変えれば上下異径のフォークにも対応できるという点。まあ、それで性能が十分に出るのかは分かりませんが。しかも、下ワンとベアリングがヘッドチューブの外にでるのでジオメトリ―が変わるし。



ロングホールトラッカーとトロールはそれほどでもなかったのだけど、このクランパスはネジ穴にまで塗装がモリモリで全くネジが入らなかった。ということで、タップをかける。
DSC00240-001.jpg


あと、BBも特に左が全く入っていかなかったので、仕方なく高いBB用のタップを買ってタップがけ。ハンドルは無くても問題なかった。タッピングオイルが無かったので、ごま油で代用したらゴマ油臭くなりました。もちろん掃除したけど。
DSC00267-001.jpg


シェル内部。
DSC00272-001.jpg


一応、防錆スプレーを吹いて下処理。サーリー的には「やった方がいいぜ」とのこと。特にサーリーは行儀よく使う人ばかりじゃないと思うので(雨でも雪でも泥でも乗るでしょう?)、やっといた方がいいと思います。
DSC00239-001.jpg



で、実は、とうの昔に組んで乗ってますが、長くなるのでその辺のことはまた今度。



18

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

How to use the Long Haul Trucker


現代自転車旅行界のスタンダード、ロングホールトラッカー。先日、振れとり台製作のための資材を買いにホームセンターへ行きましたが、世界中のサイクル野郎を運んでいるこの自転車は、180㎝程度の木材ごとき、実に簡単に運んでくれます。固定にはキャリアも必要ありません。ヒモで縛るだけです。
DSC00359-001.jpg


こうして長物を苦も無く運べるのは、古くて新しい永遠のスタンダード、ホリゾンタルフレームだからこそです。
DSC00362-001.jpg


そして、やたら隙間の空いた後輪とシートチューブの間にはM16のボルトが非常に余裕をもって縛り付けられるのです。長いチェーンステイはこの為だったのか!(違います)
DSC00360-001.jpg


さらに、曲がりに曲がった異形のハンドル、マルチポジションバーはお買い物袋を沢山ぶら下げるのに最適。ぶらぶらしてハンドリングが悪くなるのはご愛敬。
DSC00358-002.jpg


低重心でホイールベースが長く、重い荷物も何のそので淡々と一定ペースを刻み続けて走るその様は、まさに動かざること山のごとし(動くけど)。抜群の安定感であなたと資材をホームセンターから自宅まで運んでくれるでしょう。一家に一台。長距離トラック野郎(ロングホールトラッカー)いかがでしょう。





ちなみに・・・




世界は広いのです。
totem011.jpg
Photo credit: Alain Delorme


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS