愉しい自転車&生活

[欧州]スペイン の記事一覧

06

Category: [欧州]スペイン

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

スペイン編、これが最初で最終回


一応スペインにも1週間ほどいたんですが、本当にただ通り過ぎただけなのでこの記事で終わらせます。

とりあえずスペインに入国した後はバルセロナを目指した。もう時間がないのでバルセロナからは鉄道でマドリードまで行きます。
DSC06881-001.jpg


フランスで完全に気持ちも切れてしまったので、スペインは消化試合の感じ。

道中に発見した巨大な壺。
DSC06887-001.jpg

モダンアートみたいだと思った。
DSC06889-001.jpg

DSC06894-001.jpg


スペイン入国後3日目でバルセロナに到着。そのまま鉄道駅まで向かったのだけど、これが全然辿りつかないでやんの。駅はいくつか見つけたけど、中央駅が分からずに多分3時間くらい彷徨っていた。というか、そもそもいつバルセロナに入っていたのかも分からないし。道聞いても「デレーチョ(真っ直ぐ)」とか言われるばかり。真っ直ぐと言われても分からんわ。さすがにあれだけ迷っていると腹が立ってくる。全然下調べしてないのが悪いんですが。ネット使って調べれば簡単だったろうけど、そこまでいったら意地です。意地で見つけた。


そしてそのまま鉄道に乗り込む。バラさないといけなかったので分解。
DSC06919_2016010304332883d.jpg


深夜1時という変な時間にマドリードに着いたのでとりあえず深夜でもやっていたケバブ屋で腹を満たし、川を渡ってデカい公園のような場所でまさかの野宿。バルセロナ前夜で最後だと思ったんだけどな。またテント乾かさなきゃいけないので面倒くさい。


ヨーロッパは意外と都会にも隙がある。野宿ばかりしていると、もはや私に張れない場所は無い。という変な自信を手に入れられます。
DSC06923.jpg


あとケバブ屋で現地の住んでいる日本人の方に声をかけられて、「うちに泊まってけ」というありがたい言葉を頂いたんですが、かなり酔っぱらってて、なんか俺の隣で寝ろだの何だのと言ってきたので拒否した。たぶん悪い人ではない感じだったけど、マドリードではやることがあるので、あまり人の家に厄介になりたくない。完全にフリーでいられるホテルがいい。


マドリードでの用事は輪行の準備、荷物を日本に送ること、それと自転車パーツの調達。この3つ。
DSC06926.jpg


輪行と荷物はすぐ終わったんだけど、難航したのがパーツ。実はスペインでハンドルとステムを替えたんですが、プロムナードタイプのハンドルって売ってるところ少ないんですね。オランダあたりなら一杯あったんだろうけど。あとステムもハイライズのものが欲しかったけどこれも中々ない。あってもスーパーオーバーだったりして、25.4のクランプ径がない。シムも売ってないし。可変式のものはあったんだけど、重いし。合計で10件以上は探し回った。お陰さまで無駄にスペインの自転車屋詳しくなったけど。


軽く紹介しておくと、パーツなどが多いのはアトーチャ通りのカルメラ(Calmera)。接客が良かったのはマヨール通り南、セゴビア通りにあるオテロ(OTERO)。僕がハンドルを買ったのがノビシアド(Noviciado)通りのCiclos La Universal。ステムを買ったのがPortazgoというメトロ駅の近くにあるCiclos Corredorという店。中心街から少し遠いがここも品揃えはよい。あとはKaracol Sportというところもパーツは多いが、ここは今時の規格のものばかり。接客はかなりドライ。といった感じ。場所なんかは自分で調べてください。検索かければ出てくるんで。店の内部の写真もグーグルで調べれば見れます。


という感じで事務的作業を終わらせた後は観光なんぞする気にならず、宿で何もしなかった。もう終わったんで書きますが、フランス終盤から体調的にスレスレの所で来ていた。一歩管理をミスったら完全に体調を崩すギリギリのライン。一応休養日で走らない日もあったけど、そういう日も必ず何かしらしていたので、ゆっくりする日というのは無かった。だから念願の「何もしない」。


ホステルに3泊したのち、前日に空港インして、自転車を梱包し空港泊。
DSC06957-001.jpg


チェックインするフロアに行ったら、ラッピングマシンの前にいたセニョールに、何故かラッピングしてるのに「ラッピングしろ」と言われた。こんだけ巻いてるのに更にラップする意味が分からないし、値段も一個13ユーロくらいで高すぎ。「チェックインでラップしろって言われたら戻ってくるよ」と言って逃げたけど。

飛行機輪行はトラブルになる人も多いけど、僕は今の所なく、今回も無かった。しかもエーゲ航空のオフィシャルホームページでは55ユーロの追加料金で載せられると書いてあったのだけど、何故かタダでカイロまで運ばれていったし。ラッキーでございます。

さあ、そういうわけで欧州編は一旦お終い。喜望峰まで行ったらまた、今度はイタリアから始める予定です。

何もしてないけどアディオス、エスパーニャ。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS