愉しい自転車&生活

[出発前]計画・準備 の記事一覧

19

Category: [出発前]計画・準備

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 1

海外旅行保険に加入


P1010041.jpg

装備品やらの更新ばかりで、普通の人はあまり面白くないかなぁと思う今日この頃ですが
装備品については、まだまだ書きます。

今日は海外旅行保険に加入。
加入したのは日本興亜損保。
内容としては
傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡→100万
治療救援費用→500万
携行品損害→30万
賠償責任→1億

以上。
総額3年間で36万円ほど。

死亡に関しては、まぁ独身だし、そんな要らないと思うので100万。
治療救援費用は、300万と500万のプランだと1万円ほどの差だったので
1万の差で200万違うなら念のために500万にしておこうと思った。
先進国で入院した場合などを考えても500万あればほぼ何とかなると思う。
300万だと入院が必要な場合なんかに足が出る可能性がある。

賠償責任はやはり5000万とかでは足りなそう。
1億でも3830円なのでここでケチる必要はないと思う。

携行品は30万。
仮に身ぐるみ剥がされたとして、
装備品全体の金額を考えると30万では全くカバーしきれない。
ただ、30万あれば最低限旅行は再開できると思う。
高級な装備で揃えるから高くなるんであって
大抵のものは安くても何とかなる・・・と思う。

こんな感じで、必要最小限しかかけていない。
航空機遅延や手荷物遅延、緊急一時帰国費用などは
必要ないと判断して省いた。これで2万ほど安くなった。


特に長期行く場合は、保険には絶対に入るべきだと思うけど
あまり手厚くしすぎて旅行資金を圧迫するのも馬鹿らしい。
どの辺でバランスとるかは自己判断だけど、
2012年時点で、3年間の旅であれば最低限40万弱は見積もっておくべきだと思う。
同じようなことをしたい人はそれを見越して貯金をしましょう。

27

Category: [出発前]計画・準備

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 1  Trackback 1

予防接種


前のインド旅行では注射なしで行ったけど
今回は長期だしさすがにした。

受けたのは破傷風、日本脳炎、A型肝炎、あと最後に黄熱病を受ける予定。
他にも長期旅行者がよく受けるものとしては狂犬病、B型肝炎といったところ。
予防注射は保険がきかないので結構金額がかかる。
また病院によって金額が違うので確認が必要。
何本、そして何回受けるかで金額は結構違うけど少なくても5万は見ておいたほうがいい。
たくさん打つ場合はプラス2~3万は必要だと思う。

一回目を打ってすぐに2回目は打てないのできちんと受けるには時間がかかる。
例えばA型肝炎の場合3回接種で約5年もつんだけど、
1回目から3回目打つまでに半年ほど空くことになる。
直前になってからでは遅いのでご利用は計画的に。
ちなみに黄熱病は生ワクチンで打った後、一か月は他の注射打てないので
タイミングを間違えると余計に時間がかかるので注意。
13

Category: [出発前]計画・準備

Tags: ---

Community: テーマ-旅の情報・準備  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

旅の動機


79940280.jpg

なんでこんな自転車で世界一周なんてことをしたいのかというと
それは一言で言ってしまうと“ワクワクするから”だ。
自転車で世界、というより地球を走る。日常から少し離れて、地球からの自分とか宇宙からの地球という視点で自分や地球を見たときに、地球が存在していること、自分が存在していることって本当に奇跡としか言いようがない。とんでもないことだと思う。

そんな奇跡的な地球を自転車に乗って駆け抜ける・・・。
考えるだけでワクワクする。だからブログのタイトルを世界一周ではなく地球一周にしたのはちゃんと意味があって、「世界」というと文化とか人間的なものも含むけど「地球」といったときは惑星としての地球であって、もっと宇宙も含めた引いた視点での地球。僕が体験したいのはどちらかというと地球そのものだから、感覚として地球一周のがしっくりくる。

ワクワク、ドキドキって大人になるにつれだんだん少なくなっていく。
だからこそ、このワクワク感を大事にしたい。子供のころ秘密基地を作って遊んだときみたいな、嬉しくて楽しくてニヤニヤしちゃうあの感じ。それを、この自転車地球一周に感じる。そりゃやるしかないでしょ。

IMG_1313.jpg

あと何で自転車かという理由。
歩きよりも圧倒的に速いし、楽だし、でも自分が前に進む意思を持たないと決して進んでくれない。地面が上に向けば地球の重力を感じる。下に向けば爽快なダウンヒル。向かい風ならしんどい。追い風なら楽。分かりやすいし、シンプルなのがいい。別に観光名所めぐりや、世界各国を訪れるのが目的ではないので飛行機で世界一周しても自分にとっては何の意味もない。行った先でどうするというより行く過程の方に面白さがあると感じる。身体のリズムに合うのが自転車。自分以上の力は決して出ない所がいい。頑張って無理してスピードを出せば必ずへばる。ちんたら走れば体的にはきつくないかもしれないけど全然前に進めない。

どう頑張っても自分次第だ。なにより自転車でずっと走っていると、たまにとんでもなく自分が自由になれた感覚になる。それが結構好き。自転車以外の選択肢は全部どこか合わない部分がある。たまたま自分には自転車が丁度よかった。だから選んだという感じかな。

12

Category: [出発前]計画・準備

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

旅のルート


world3.jpg


ざっくりと旅のルートを。
まずカナダのバンクーバーを出発。ロッキー山脈を越え、アメリカのスケールのでかい自然を堪能しながらジャンクフード三昧の生活を送り脂肪を蓄えつつメキシコに突入。そのまましれっと中米を走り抜け、パナマで道が途切れるので何とかして南米に渡る。南米はアンデス山脈を上ったり下ったりしながらマチュピチュ見て、ウユニ塩湖で野宿してパタゴニアの暴風地帯で風に吹かれながら最南端ウシュアイアまで行ってアメリカ大陸終了。


次はアメリカ大陸終了時点でその年のツールドフランスに間に合いそうだったら先にヨーロッパを巡り、ダメそうだったら先にアフリカに行ってその次の年のツールドフランスに参戦しコンタドールを倒す。ってのはもちろん冗談で、普通にツール観戦しながら
ガリビエ峠とかモンバントゥとかに上る。アフリカは危ない地域は即ワープ。マラリアに怯えつつも野良キリンとか野良ライオンとかが生活するサバンナを自転車でこっそりとすり抜ける。


アフリカ、ヨーロッパが終わったらトルコからユーラシア大陸を横断。中東の治安の怪しい地域を華麗にかわしながら
混沌としたアジアへ突入。一度訪れているインドに行くかどうかを迷いながらカラコラムハイウェイを通り、中国で毎日中華料理三昧。中国から船で韓国へ渡り縦断。また船を使い故郷ジパングは下関へ。日本に戻ったら、ずっと行きたかった屋久島に行って山ごもり。そろそろ社会に復帰しなきゃいけないので山から下りて、下界へ。あとは適当に走って自宅まで戻る。

という感じです。
自分で書きながら思うけど大体の行く方角しか決まってないな。大丈夫なのかこれ。「西の方に行ってくる」と言ってママチャリで旅した頃を思い出す。まぁ詳細に調べてルートを決定したところでその通りに走れるとは思わないし治安の状況もその時にならないとわからない。とはいえ世界一周は全く目安がないわけでなく、自転車旅行者が通る国というのは何となく決まっている。見所や季節的な問題などの制約があるからどうしても似通ってくる。大まかにはそれをなぞるような形になると思う。あとは状況を見ながらアドリブで走る。


期間としては一応3年。
今考えてるルートを走る場合、決して余裕のある設定ではなく、かなりカツカツだと思います。カツカツどころか結構無理に近いと思います。でも余裕がありすぎても間延びしてだらけちゃう。なさ過ぎても時間に追われ、何のために旅に出たのか分からない。余裕はあまりないけどちゃんと見れるのが「3年」かなぁと。勘だけど。期間は延ばしても半年くらいにしたい。


とにかく楽しむことが一番。この地球を、この星を、自転車で走り回るなんて考えただけでワクワクする。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS