愉しい自転車&生活

[中米]パナマ の記事一覧

31

Category: [中米]パナマ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アディオス、セントラルアメリカ・・・  出発267~272日目


航海4日目


この日は、この辺に昔から住んでいるクナ族の島に行き、
晩ご飯は上陸して彼らの作ってくれたものを食べるらしい。


ツアー的に言えば、美しい海に、クナ族との触れ合い
というのが大きな目玉だろうと思う。たぶん。
中米、言葉で言えば発展途上国だ。でもそんな国と言えど、
そんな国の田舎と言えど、それなりの近代化はしている。
だから、昔からほとんど変わらずに珊瑚礁の島で暮らす彼らの生活に触れるのは
できそうで、なかなかできない体験じゃないかと思う。

でも、「でも」だ。
振り返ると自分の中にはクナ族の人達との記憶はほとんどない。
興味が無いというわけではなかった。
彼らの顔立ちや、家なんかを見て、それなりに感じるものはあったけれど、
そういった感情はわき上がると同時にスルスルと抜けていってしまった。
意外にも、僕の関心を引きつけていたのは同じ船に乗っていた人たちだった。
これはちょっと自分でも予想していなかったことだった。

IMGP0640.jpg

こんな自転車旅行をするくらいなので、察しはつくと思いますが、
僕は基本的に一人が好きです。この旅で、孤独感を感じることはあったけど、
だからといって決して「寂しい」とは思わなかった。
特別、人が恋しくなることもなかった。一人旅とはいえ
必ず1日に1回以上は人との触れ合いがあるし。

IMGP0642.jpg

旅立ちの動機からして、人間よりも自然に強い興味があった。
そういう自分のタチを知っているからこそ、
この航海を共にしている言葉も満足に通じない仲間達に対して
自分が予想以上に好意的であったことに、驚くってほどじゃないけど、
少し、意外ではあった。

IMGP0645s_20130329120546.jpg

アメリカ人、アイルランド人、イギリス人、
カナダ人、フランス人、メキシコ人、日本人、
7つの国の人間が乗っていたわけだけど、
お国柄っていうものが性格などに現れているようで
「なるほどなぁ」と思うようなところがあったり、
逆に、実際に話してみて自分が持ってた先入観が少しほぐれたりなど、
非常に楽しい異文化交流になった。

IMGP0651_20130329120546.jpg


5泊6日も狭い船で一緒に生活すれば自ずとお互い素を見せることになる。
しかもこの綺麗な海を見れば、誰だって心からの言動になるってもんだ。
そして24時間以上船の上、丸一日陸にあがらなかったこともある。
普段は絶対にできない体験だ。
そういうのもひっくるめて、この船上生活は楽しかった。

IMGP0654.jpg

だから、まぁ船酔いでキツイ思いはしたけど、
自転車が恋しくなることは、この6日間全くといっていいほど無かった。

IMGP0659.jpg

ごはんは毎回美味しかったし。

IMGP0674.jpg


とまぁ、ここまでつらつらと書いてきましたがね、
要するにクナ族の写真ありませんよ、ということです(笑)


でも、クナ族の島でのディナーは久しぶりに貝を食べた。
貝をトマトとかで煮込んだソースをご飯にぶっかけた料理だった。
ひとしきり食べた所でフランクが
「おかわりいるか?」と聞いてきた。
まだ口の中で貝を噛み切れずもぐもぐやっていたので、
首をブンブンと横に振った。別に普通に振っただけで、
そんなに激しく振った覚えはないんだけど、
その様を見たフランクが
「ははん。さては、まずかったんだろ(笑)?」みたいなリアクションをした。
と同時にフランクと僕の間で、こみ上げるものを抑えきれずに笑いがはじけた。
「ばれちまったか!」
「やっぱりそうか!」
みたいな感じで。
といっても、クナ族の名誉のために言うと、決して不味くはなかった。
ただ、おかわりするかと言われたら「いらない」としか言えない味ではあった。
普段だったら魚とかを出すみたいなんだけど、
漁で使う道具が壊れてしまっていたらしく
しかたなく素手でも確保可能な貝になったそうだ。

ちなみに欧米の方々は「食感がガムみたいだ」ということで、
あまりお好みではなかったみたい。
海の幸が豊富な日本に生まれた自分からすると、
久々に食べる歯ごたえのある食感だったけど、
確かにくちゃくちゃなるから、その気持ちも分からなくはない。

というわけでどこを思い返しても、クナ族ではなく、
アマンデ号に乗っていた人達との思い出が出てくる。

そんな船旅もこのディナーを終えて一晩寝たら
翌朝から外海に出てカルタヘナまでノンストップで走り出す。

いよいよ中米ともお別れだ。
IMGP0704_20130329123029.jpg






航海5日目

この日からカルタヘナまで30時間以上ノンストップで船は走り続ける。
実際は40時間近くかかったけど。
これはマジでしんどかった。

360度海。陸は一切見えない。
IMGP0716.jpg


5日目の夕陽。
IMGP0736.jpg


翌日は雲も多かったし、
気持ち悪くて寝てたから、この日がこの船で見た最後の夕陽だった
IMGP0747.jpg


そして6日目の夜。9時くらいだったかな。もう記憶があやふやだけど、
真っ暗になってからカルタヘナに着いた。
港から見るカルタヘナの街は高層ビルが立ち並んでいて大きかった。
そして明るかった。
順番に小さいボートで荷物と人間を陸まで運ぶ。
自転車組はもちろん最後。
4人分の自転車を降ろし終え、組み立てて、ロイック達とは一旦お別れ。
コロンビアの入国手続きもロイックがまとめてやるので、
明日、パスポートを返してもらうためにもう一度会う。他の皆とも。


夜のコロンビアを4人で走り、
デイブ達が調べていたホステルに4人で転がり込む。
とりあえず荷物を外し、シャワーを浴び、久しぶりにインターネットをしたら
時間はもう12時をとっくに回って日付は変わっていた。

コロンビアに着いた。
どこよりも行きたかった南米に来てしまった。
でも実感はなかった。
本当にここが南米なのか分からなかった。
遥か遠くに霞んで見える、という事すらない、
そう感じていた場所にとうとう来てしまったのか。

走り始めたら実感出てくるのかな。
まぁ、でようがでまいがどっちでもいい。
そんなもの無くても、南米を走れる、
それだけで十分だ。





日数272日
総走行距離13275km

北中米編 完



30

Category: [中米]パナマ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

カリビアンブルー  出発267~272日目


航海3日目、引き続きカリブの海を。

初日は雲が厚く雨がぱらついた時間があったけど、
日に日に天気は良くなっていった。
IMGP0480.jpg



読書中のDave。写真を見返すとDaveとFrankの写真が多い。
2人とも口ではなく雰囲気とか背中で語れる男だから撮りたくなっちゃうんだよね。
IMGP0487.jpg



IMGP0497.jpg



日差しは強いけど、海風が心地よくて、そこまで暑さを感じない。
IMGP0504.jpg



お昼ごはんを準備中のイザベル。船のクルーです。ちなみにクルーは全員フランス人。
というか写真がもの凄く盗撮したみたいだな。
基本、誰の写真もこそこそ撮ってるから、同じようなもんかもしれないけど。
IMGP0510.jpg



現地人の船。
IMGP0539.jpg



IMGP0542.jpg



漂流中のガース。そして今日の場所も海の色が凄い。
IMGP0537.jpg


サンダルで自転車乗る日もあるからある程度足も焼けてるけど、
隠れて焼けてなかった所が急激に日焼けして痛い。そして海の色が凄い。
IMGP0547.jpg



海の中は残念ながら見せられないので海の中のものを。
IMGP0552.jpg


IMGP0553.jpg



南国の象徴ヤシの木。
IMGP0559s_20130328111341.jpg



LoicとFrank。
IMGP0575.jpg


ジョジョ立ちってやつですかね。
IMGP0577.jpg


本日の碇泊場所
IMGP0602.jpg


太陽がゆっくり沈んで、こうして今日も一日が終わっていく。
IMGP0630.jpg
29

Category: [中米]パナマ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

カリブの本気  出発267~272日目


2013年3月21日


イミグレでの出国手続きを無事終えて、晴れてパナマ出国。
といってもまだパナマ領土内だけど。



今回の移動は短め。珊瑚礁や島が防波堤になっているので、波も穏やか。
IMGP0251.jpg



左がDave。アイルランド人のサイクリスト。
前回も紹介はしたけど右がGarth。彼はカナダ人。同じくサイクリスト。
IMGP0243.jpg



そして、このやたらと絵になる格好良いおっさんがフランク。船のクルーだ。
屈強な体躯に浅黒く焼けた肌、ベラベラは喋らないけど、意外におちゃめな一面もある。
そして間違いなく海が好きな人だ。もう雰囲気に滲み出ている。
まさしく「海の男」というものを全身で体現しているような男だった。
IMGP0244_20130327232100.jpg


女の人が思う「格好良い」と、男が思う「格好良い」は同じではないかもしれないけど、
男の自分から見ても惚れそうなほど、この人は格好良かった。



とか思いながら写真を撮っているといつの間にか目的地に。
IMGP0257.jpg


はっきりいって昨日の海は綺麗じゃなかったけど、ここは間違いない。本物。
IMGP0259.jpg



カリブ海の本気を見た。
IMGP0265.jpg


碇泊していると、この辺に住んでいる人が色々と売り込みにやってくる。
IMGP0285.jpg


ボートは木製
IMGP0272.jpg


IMGP0288.jpg


アディオス。
IMGP0289s.jpg


そして昼飯。これがまた美味いんだ。本当に。
この美しい海の上で食べれば何でも美味いだろうけど、それを引いても美味い。
IMGP0295_20130327233844.jpg



手前の海から出てる物体は沈没船。
沈んでしまった船は生き物にとって絶好の隠れ家。シュノーケリングで海中も見たけど面白かった。
そして今更になってバンクーバーで防水のデジカメを盗られたことを悔しく思った。
IMGP0312.jpg



IMGP0365.jpg



贅沢すぎる時間。
IMGP0333.jpg


キャプテンLoic出陣
IMGP0359.jpg


そしてそこから1時間ほど移動し、この日の碇泊場所へ。
IMGP0391.jpg


波がほとんどない所なのでみんなここで一晩を明かす。
IMGP0436.jpg


ちょっと雲が多くて夕陽は綺麗には染まらなかったけど、
大きな雲がかかっていてこれはこれで面白かった。
IMGP0461_20130327235333.jpg



そして、ついにこの旅で初めて、いや、物心ついたときから考えても
そんなことがあったかどうか分からない。きっと無かったように思うけど、
一日を通して一度も時計を見ることなく、一回も今何時か知ることもなく生活した。
ゆっくりと動く太陽と光の変化のみで時の経過を感じていた。
その所為か、いつもより時間が幅を持っているように感じて、
楽しいことなのにあっという間ではなくて、ゆっくりと時間が流れていった。

28

Category: [中米]パナマ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

碇をあげて帆をあげて南米への船出  出発267~272日目


2013年3月20日

出航の朝
IMGP0189.jpg



まずは燃料や水の補給ができる近くの島までの航海。
時間は1時間か2時間くらいか。時計外してたから分からないけど。
この間で早速ゲロ吐きました。
デッキで景色眺めていた時は全く平気だった。
しかし、船内に入った途端に急変。
狭い船内、上下左右にめまぐるしく波うつ天井、床、通路。
速攻で気持ち悪くなった。

くそー、乗り物、特に車は弱いんだけど、船だけは結構平気だと思っていたのに。
今まで少なく見積もっても20回以上はフェリーに乗って酔ったのは食いすぎで乗った時の一回のみ。
大型の船だけじゃなく、今回のヨットより更に小さい船にも乗ったことあるけど
それでも平気だったのに。ちくしょう。



ちなみに船はこんな感じの。名はアマンデ号と申します。
IMGP0192.jpg



停泊したところのビーチ。あんまり綺麗じゃなかったな。
IMGP0197.jpg



お昼はパスタ。食事が美味しいかどうかが関心ごとの1つだったけど、
全く問題なかった。楽しめそうだ。
IMGP0213.jpg



そしてここからまた6時間ほど進んで、
サンブラス諸島のイミグレーションのある島まで行く。
この間もきつかった。吐きはしなかったけど夕食は食えなかった。
勿体無い。他のみんなも流石にあまり食はすすんでいなかった。



翌朝
IMGP0225.jpg


一応船内にも部屋あるけど、デッキで寝たい人はデッキでも寝れる。
IMGP0223.jpg



朝飯で出た桃。う、美味い。美味いという事を報告したくてわざわざ写真撮ったし。
IMGP0221.jpg


ちなみに自転車はこんな感じ。全部で4台あったんだけど、2台は船内。もう2台はデッキ。
自分のはデッキ。でもこんだけ厳重に覆ってくれたので多分錆びないでしょう。ありがたい。
IMGP0222.jpg


中。手前左がパナマで会ったサイクリストのGarth。ガースと読みます。
右は成田さん。奥にいるのがこの船のキャプテン・Loic(ロイック)。
IMGP0219.jpg


結局乗客は8人だった。ガースとアイルランド人のDave、
あと成田さんと自分で自転車乗りが4人と、メキシコ人の姉ちゃんとイギリス人のカップル、
アメリカ人とイギリス人のカップルで8人。そしてアマンデのクルーが3人の合計11人。


IMGP0232.jpg


やはり船はステン。
IMGP0228.jpg


中指くらいの太さのロープ。ちゃんと1つずつ模様が違っている。
そして船体が白だからか見やすくするために白いロープはない。
よく見ると船の上には無駄なものは無くて、全部にちゃんと意味が見えてきて面白い。
IMGP0234.jpg


発電はソーラー。
IMGP0237_20130327230726.jpg



という感じで船の紹介はこの辺にしておきましょうか。

とりあえずロイックがまとめてイミグレで出国手続きを終えて、
ここから3日間はサンブラス諸島の島を転々と移動していく。
長くなるから一旦ここで切ります。
27

Category: [中米]パナマ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

中米最後の走行 ど田舎の港プエルトリンド 出発265~266日目


2013年3月18~19日

前回の記事で書いたようにコロンビアへは船で渡る。
港はパナマシティから120kmほど。この走行はですね非常に面倒くさかった。
なんか余分に走らされるみたいで。別に「余分」ではないんだけど。


とりあえずホテルは朝食フリーなので朝食後出発。
IMGP0121.jpg



シティからカリブ海側のコロンという街までは大陸横断鉄道が走っているらしい。
IMGP0124.jpg



ジャングルの中の走行。
どういうわけかパナマシティ周辺はこれまでの中米に比べて涼しい。
海までの距離が近くなったから馬鹿みたいに気温が上がらないのかな。
といっても30度は越えるから暑いけど。
IMGP0128.jpg



休憩してたらモンキー出現。
IMGP0136.jpg



この日は途中工事中の場所があって、そこの道が分かりづらく一度成田君とはぐれてタイムロス。
さらに朝が普段より少し遅かったのもあって、プエルトリンドの20kmほど手前の
ポルトリンドに着いた頃には真っ暗に。高いけど最初に見つけたホテルに宿泊。



翌日、高いホテルに泊まったのでチェックアウトギリギリまで粘って出発。


ポルトリンドからの道が、これがまぁど田舎で面白かった。
そして小刻みなアップダウンがあったんだけど、凄まじい傾斜だった。
つくったやつ何考えてやがんだ。
IMGP0145_20130327020536.jpg



そして・・・


午後3時ごろ、プエルトリンドに到着。ここから船が出港する。
だから、ここが本当に本当の北中米最後のまちになるわけだ。
IMGP0147.jpg


途中の道も田舎だったけど、このまちも凄まじいど田舎。
あまりに田舎で「町」とは書けない。「村」と書くのもはばかられる。
「集落」と言ったら一番しっくりくるか。
IMGP0149_20130327022453.jpg



IMGP0152.jpg


IMGP0150.jpg


写真撮ってたらガキんちょに見つかった。
IMGP0158_20130327022453.jpg



IMGP0170.jpg


この子達とはもう2度と会うことはないんだよな。
旅で出会う人なんか、ほぼ全て一度きりの出会いなんだけど、
この田舎でこの子供達と戯れていたこの時、2度と会わないということを改めて意識した。
これから南米に渡るから、また新しい旅が始まるから、そう改めて感じたのかもしれない。
IMGP0166_20130327023118.jpg



可愛げのある、くそガキの時にこの子たちに会えて良かったかな。
IMGP0169.jpg



明日は出航だ。いよいよ中米を離れる。
IMGP0184.jpg
プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS