愉しい自転車&生活

[その他]自転車旅あれこれ の記事一覧

27

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

ロングホールトラッカーはつまらない?


今回、わたくしは是非、異議を申したい。
自転車旅行に関するブログ記事の中で

ロングホールトラッカーは皆使っていてつまらない

という珍妙な言説を発見したからだ。
ロングホールトラッカーをこよなく愛する私からすれば、何言ってんだバッキャローである。てめーの考え方のがつまらねぇんだバッキャローである。

ロングホールトラッカーは、第二次の旅では使っていないし、次回の旅で使う予定もないが、もう3万キロ以上は確実に走っている。旅だけでなく、日常でもその活躍はますます厚みを増し、優れた自転車であること、そして、生活にこの上ない愉しみをもたらしてくれるものだという思いは深まるばかり。全ての乗り物の中で、自転車が最高である、と今感じている。

DSC00468-001.jpg


珍しい物品や経験の所有によって、自分の存在を優れたものに見せようというのはよくある。高価なブランドものをもつのがそうだし、皆がやらない事をやろうとするのもそう。ロングホールトラッカーがつまらないという発想も同じ所からくる。


DSC00389-001.jpg


しかし、よく考えてもらいたい。本来なのだ。
もし、同じ自転車に乗っている人がいたら、仲間として、ロングホールトラッカーに乗る喜びを分かち合うことができるじゃないか。お互いの自転車を見て、あーだこーだ話すことができたら、そら楽しいだろうと思う(相手がそんなに詳しいとは限らないけど)。

同じのに乗っている人がいたらつまらないのではなく、
同じのに乗っている人がいたら楽しい!のである。


JMGP8823-001.jpg


ロングホールトラッカーとの付き合いは5年くらいになるけど、僕は未だこの自転車の底を見ていない。カスタマイズの余地は無限にある。そして愉しみ方も無限大だ。そうロングホールトラッカーは面白いのです。

これは別にこの自転車に限った話じゃない。誰が使ってるとかブランドの世間体がどうかなんて関係ない。自分が「これが良い!」と思ったものは、誰に何と言われようと良いのだ。自信を漲らせて使えばいい。だって趣味なんだから。


AMGP0921-001.jpg


ついでに、旅で走る道も同じだと思う。
誰かが行ったから行くのではない。逆に、誰も行かないから行くのでもない。私がそこへ行きたいと熱望するから行く。そういう道は、既に誰かが行ってようと、誰も行ってまいと「自分の道」になるものです。


DSC00485-001.jpg


01

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 感想  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

サドルとかハンドルとかメーターとかの感想(ヨーロッパ、アフリカ編)


リクエストがありましたので、感想を書いておきます。


DSC06788-001.jpg


まずハンドル。
ヨーロッパ、アフリカではプロムナードバーを使いましたが、これは、もちろん狙いがあった。本来、その土地の空気をよく感受するために自転車を使っているにもかかわらず、一日の距離をこなすことに追われ、目的地にたどり着くことや、先の街に着くことにとらわれ、目の前にある風景、今いる空間をなおざりにしてはいないか。そういう疑問をもっていたから、だからあえて速度を落とし、もっとリラックスして周りをよく見ることができるような自転車にしたいと思い、プロムナードバーを選んだ。

結果は、方向性は間違っていなかったと思う。しかし、荷物を積載した長距離、長期間のツーリングにおいて、グリップポジションが一つしかないというのは、やっぱり駄目。体幹などの胴体部分や首などについては、かなり楽だったのだけど、手の平と前腕に局所的に負担がかかって、そこがストレスになっていた。さらに言えば使っているグリップも良くなかった。素直にエルゴンあたりを使っていれば大分違ったかもしれない。アフリカの途中でバタフライハンドルを探し始めたのは、そういった理由だった。まあ、結局途中で日本に戻ったのでその必要もなくなったのですが。

ちなみに、いまロングホールトラッカーにバタフライハンドルを入れているのだけど、良いです。荷物を積んで長距離走ったわけではないが、左右に加えて上下方向にも持つ部分が散らばっているので、色々握れて何だか面白い。次に同じようなツーリングするならバタフライハンドルにするな、と思う。



DSC08964-001_201611011328477b0.jpg


次にサドル。
これはプロムナード化に伴っての選択ですが、これは良かった。プロムナードバーとの相性はピッタリ。ただし、今更だけど、トロールにつける組み合わせではないよなと。だったらロングホールトラッカーの方がまだ合うと思います。ただ、トロールはシート角73度だからまだしも、ロングホールトラッカーなんかは僕が乗っているサイズ(50)は74度あるので、B67だとサドルの後退幅が足りなくてポジションが出ない。かなりオフセット量の多いシートポストが必要。

今回ばね入りサドルを試したけれど、重量さえ気にならなければ、乗り心地は間違いなく良いです。B67はかなりドカっと座るタイプのサドルだから、一般的にはフライヤーなどで良いと思う。ただペダリングの時にバネの音がするので、気になる人は気になるかもしれない。

ちなみに、次の旅では車体自体の軽量化もする必要があるのでブルックスは使いません。革ではない普通の現代的サドルを使います。


DSC06877-001_201611011328401f1.jpg


最後メーターについて。
メーターはですね、はっきり言って要らない。無くて困ったと思ったことは一回も無い。個人的には余計な情報だと思っているので、無い方が僕にとっては良いのだけど、もちろん好き好きなので付けることを否定はしない。そんな事にこれが正しいとか正解とか、結論だすのおかしいし。

僕は、数字を基準にするのではなくて、自分が走って気持ち良い速度で走り、今日はこのくらいにしようと満足する距離まで走れればよいと思っている。そこで数字が見えてしまうと、それに引っ張られて、数字が大きい事が快感になる。そういう意識になってしまう。自転車の面白さって全然そこじゃないし、と思うので、だから持っていた自転車全部のメーターを外した。そしてその方が、気分いいぜ、と思ったのです。

でも、無しで走る場合でも一度メーターを付けて走り、距離感覚とスピード感覚を数字とリンクさせておくのは、旅をするためには良いことだと思います。別にコンピューターのように正確である必要はないので、体感速度と数字をある程度結び付けられていれば、走るに十分な計算はできますので。

と言いつつも、実はいま一個メーター買おうと思っていたりする。一応理由はちゃんとあってタイヤが何キロ持つのか耐久性を計りたいのです。旅中はどっちにしろメーターは付けないのだけど、どの程度の距離を走れるのかを把握しておけば、スペアの必要性や、現地で手に入れるタイミングといった計画が立てやすい。次の旅ではマラソンタイヤを使わないので、出る前に計って把握しておきたいなと思って。あと、オフロードを走る場合、舗装路とは速度感が異なるので、その辺も少し知りたいのもある。次の記事あたりで書こうと思いますが、次はオフロード中心で行くので。

といった感じで、以上簡単に感想でございました。


29

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 感想  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

西ヨーロッパ野宿事情


まだドイツが終わったばかりというところですが、ドイツ、オランダ、イギリス、フランスの野宿事情などのまとめ。

まず前提として、僕は基本的に街中では野宿をしません。街を外れていても誰か来そうな場所では基本しない(例えば工事の土砂が置いてある場所とか畑とか)。自転車旅行者も色々で、普通に街中とかで張ったりする人もいるので、当然そういった人とは評価が異なってくると思います。僕が好むのは森などの隠れられる場所。なおかつ綺麗な場所が良い。ここで言う「綺麗」は路面がフラットで、侵入しやすく出やすい、地面が乾いてる(これは前後の天候で左右されるが)、草ボーボーとかではない、というような意味。要するに、侵入も張るのも撤収も簡単であるということ。

その点からいうとドイツという国は素晴らしい。スーパーイージー。ドイツでその日の寝る場所を気にかけたことはない。簡単に見つかるからだ。

東ドイツは森の中で張ることが多かった。
1-DSC02562.jpg

1-DSC02499.jpg


ドレスデンではエルベ川沿い。実は街中だけど。
DSC02763-001.jpg


ライン川に出てからはライン川沿い。
DSC03328-002.jpg


DSC03712-001.jpg



次のオランダだけど、ドイツよりもずっと隙が少ない。小さな国で殆ど人の手が入っているので橋の下とか、茂みの中とか何だか微妙な場所ばかりであった。オランダでは完璧な自転車道があるので川から離れて標識に従っていたけど、川沿いもドイツよりは張り難そうだった。思い返してみれば大して良い場所でもなかったので野宿した場所の写真も撮っていないな。ついでに風車も撮っていなかった。風車撮ったところで、どうということもないけど。

代わりに、この旅で初めてウォームシャワーを利用した。

ロッテルダムで初ウォームシャワー。ホストの方の家からの眺め。
DSC03874-001.jpg


ホストのArjen。本当にナイスガイ。
DSC03879-002.jpg


デン・ハーグで泊めてもらったCoby。
DSC04155-001.jpg


美術の先生をやっていたらしい。素敵な家だった。
DSC04162-001.jpg


ウォームシャワーでは予定を組まないといけないのと、自分から「泊めてください」とお願いする(しかも見ず知らずの人に)ので、抵抗のある人もいるだろうが、利用すべきである(特にヨーロッパ)と思った。僕も「どうなの」と思っていたが、利用してみると楽しく、その国の人の素の生活も見え、街で少し話かけられた程度では聞けないことも聞ける。しかも、タダで泊まれてディナーまであるのだから、それはもう凄いんである。

ただ、やはり先の日程を決めなければいけないのと、事前のやりとりがあるので、基本的にパリやロンドンやといった大都市で利用していた。その辺のさじ加減は人によるだろうけど、1日30㎞とかでも平気で走行を終わらせる今の僕の走り方ではやはり使いづらいので最近は使っていない。

まあ使う使わないは自由だけど、一回くらいは利用してみても損はないと思います。



次のイギリスも野宿はやりづらい。オランダ以上にやりづらいと思った。
というか、僕はイギリスが好きじゃない。嫌いとまでは言わないが、かなり「嫌い」よりの「好きじゃない」だ。出会ったイギリス人はみな良い人だったけど、そういう個別の出会いとは別に、国の雰囲気、空気が嫌い。あ、嫌いって言っちゃった。でもイングランドの田舎の風景なんかには感動したりしたので、良い悪い両方の感情が混ざって一口にどっちとは言いにくい国。イギリスでもウォームシャワーは利用して、入国した日と、ロンドンで一日。ロンドンは2泊したけど1泊はホステル、それ以外はキャンプ場1回、あと野宿2回かな。多分6泊しかしてないはず。肌に合わな過ぎて速攻出たかったので。
DSC04282-001.jpg



そしてフランスだけど、野宿に関しては場所はあるけど、ドイツのが見つけやすい。
フランスは農業の国なので畑が多すぎる。川沿いはセーヌ川沿いは駄目。スペースがない。ローヌ川はまだよいが、それよりもフランスの場合は川から離れた方が場所が見つかりやすいと思う。

何だかんだちゃんとあるので、ドイツが簡単すぎただけの話かもしれない。
DSC05005-001.jpg


DSC06068-001.jpg


パリではウォームシャワー。ホストのファビアンさんは日本語が少しできる。
DSC05772-002.jpg


セザンヌの生地、エクス=アン=プロバンスではキャンプ場を探している途中に声をかけられた方の家に泊めてもらった。
DSC06227.jpg



という感じで、ヨーロッパでは人の助けをかりながら、のんびりと走っている。
基本的にホテルとかホステルに泊まらないのでその辺の宿泊事情は分からないのだけど、この間マルセイユでドアに貼ってあった値段を見たら、ボロそうなホテルが30ユーロだった。雹が降ってきたあと、野宿するのを挫けそうになり、チラっと見た。一番安かったのはベルリンで10ユーロくらいだったかな。イギリスは阿保みたいなポンド高なので問題外。無理。


キャンプ場に関して書き忘れていたけど、ドイツの場合、東は良い。西は駄目。5、6回しか泊まっていないのであまり当てにならないのだけど、総じて東のが安く、設備も良かった。西(ライン川沿い)は高いわりにWi-Fi無しとか、ホットシャワー有料とかで微妙。オランダはキャンプ場に泊まったのは2回だけなので何とも。とりあえず一つは高かった。もう一つはアムステルダムだったけど、10ユーロ。アムステルダムは週末になると宿が高騰するのでキャンプ場が安い。というかアムステルダムこそウォームシャワーを利用すべき街じゃないかと思う。
イギリスも高いんじゃないかな。一回しか泊まっていないけど、10月の終わり近くでハイシーズンの値段だったので「は?」と思ったのはよく覚えている。こんな曇天と雨ばかりの季節が何でハイなのかと。
フランスはもう一ヵ月いるが、宿泊代というものを払ったのはたった2回(キャンプ場)で、全然そういう場所に泊まっていないので分からん。11月になると閉まっているキャンプ場が多いし。ただ非常に多いので探すのはさほど困らないでしょう。


ちなみに気温だけど、ドイツは9月から10月後半、オランダは10月後半、イギリスは10月後半から11月初旬、フランスは11月初旬から中旬を北部、11月中旬から後半を南部という感じの日程で、一番冷えたのは最近(11月後半)の南仏で、テントや水たまりが凍っていたのでマイナスはいっていた。テント内部の気温が3度というのが最低。大抵テント内は10度くらいある。まあヨーロッパも上記の時期なら特に問題はないということ。
ただ、やはり走るなら夏にすべきである。ドイツはぎりぎりだったけど、オランダ、イギリスはとにかく晴れない。曇りと雨ばかり。フランスも南部に行けば11月でも晴れは多いが、風が強くて大変。東進、南下なら追い風だけど西進、北上は基本向かい風になる。夏は夏で別の苦労があるだろうけど、天候の良さには代えがたい。


19

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

ワイルドキャンプ


人里離れた山。陽が沈み、暗くなる。

周りには誰もいなく、何もない。

山の谷間にテントを張る。
DSC05950-001.jpg


火をおこし、ご飯を食べる。ふと気が付くと音がした。

山頂から吹きおろす風の音だった。
DSC04130-001.jpg


そして、その風がばたばたとテントを叩く音。足元でも音がした。

パチパチと焚火が燃える音だった。
DSC05986-001.jpg



なぜか明るい夜だったけど、三日月が沈んで、上を見ると、わけか分かった。星明り。

寝転がって夜空を見ると「宇宙にいる」と思った。
DSC06022-001.jpg



ブログ更新が進まないので、数日前の話でお茶を濁す作戦。
本体の日記も時間のできた時に更新します。

07

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

受動から能動へ


世界一周などをしていると、旅行が段々と既知の事柄についての「確認作業」のように思えるようになってくることがある。写真やテレビ、ネットで見たものを現実の世界で「確認」する。「確認」した感想は色々だろう。写真と同じと思うかもしれないし、写真より良いと思うかもしれない。逆に拍子抜けということもある。だが、そういった確認作業にすぎないモノの見方で、それで何かを「見た」と言えるのであれば、これほど「見る」ということを、「知る」ということを見くびったことはないと思う。

DSC01136.jpg


視界に入っていても、実は全く見れていない。ただ漠然と何となく眺めるにとどまる。旅に慣れっこになっていくほどに、あらゆるものが唯のつまらない景色に成り下がってしまう。これは深刻な問題だと思う。僕はそういうつまらない見方をしたくない、そう思ったので、とりあえずは座学で基礎的な勉強をしておくことが必要だと思い、それはやっている。と同時に、なぜそう感じるほど、旅に慣れきって疲れてしまうのか。その原因についての自覚も必要だ。自覚がなければ克服できないからだ。

旅も始めは新鮮で良い。感動も沢山ある。ただ、残念ながら人間は慣れる。問題なのは慣れてもなお、旅の面白さを外からの刺激に期待することで、そうなればより強い刺激を求めてどんどんハードルが上がり、ついにはそれを超えるものが殆どなくなってしまう。もちろん慣れが全て悪いのではなくて、むしろある程度慣れてくれないとマズイ。毎日全て新鮮でテンションが高いという状態が1年、2年と続いたら人間おかしくなる。だから一定程度慣れた時というのは、そこからもう一歩踏み込んで知る準備ができたということだ。大きな感動などそうそう無いのに、実は視線をもっと身近なところに向けたなら、無数の小さな発見と小さな感動があるのに、その小さな発見と感動を見つけようとする能動性に乏しく、待っていれば何か良いものが勝手にやってくることを期待してしまう。そういう受動的意識でいれば、何気ない景色の中にある様々な良きものをただひたすら見逃し続け、全ては単なる景色になってしまう。

また選択基準についても、皆が行くから(あるいは観光地だから)、という理由でそこへ行くのは馬鹿馬鹿しいし、逆に皆が行くから行かない、というのも馬鹿馬鹿しい。どちらも基準が外だからだ。自分がそこへ行きたい、訪れる価値があると判断するなら行く。そうじゃないなら行かない。他人が行こうが行くまいがそんなものは全く関係なく、また他人が良いと言おうが言うまいが、そんなことも関係ない。行くか否かを決める時に、自分の興味と関心以外に配慮すべきものなど何も無い。どこまでも自分の中の問題であり、自分がその対象をどう捉えるかという問題でしかない。

DSC01710.jpg


観光地へ行くことが確認作業になったり、旅や生活が慣れっこになってつまらなくなっていくのは、事前に写真やガイドブックを見て「知識」として知っているからではない。本当の意味での「知る」とはどういうことなのか、ということに対する驚くほどの認識の甘さと、写真やガイドブックを見た程度で既に知っていると思い込んでそれ以上は何も知ろうとしない知的探求心の欠如、選択の基準が自分の外にあること、期待で何かをする受け身の姿勢、そうした総体としての能動性(主体性)の欠如が真の原因だと思う。

以上、アメリカ大陸縦断はじめ、これまでの自らの体験をもとに書いた反省。
何ヶ国行ったかとか、何万キロ走ったかではなく、密度。とにかく内容を濃くすること大事だ。だから続きの旅では、ただ色々な国に行くのは絶対に避ける必要がある。自分が何をしたいのか、何を見たいのかをよく見つめ直して的を絞って後半に望みたい。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS