愉しい自転車&生活

[北米]アメリカ の記事一覧

09

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

アメリカを噛み締めながら 出発123~127日目


2012年10月26~30日

もういくつ寝ると、というところまで国境が迫っていたので
この辺はカナダも含め、北米を振り返り、噛み締めながら走っていた。
まぁ何を考えてたかは完全にわすれましたが。
IMGP6963.jpg


でも緑が綺麗だなぁと思いながら走っていたのはよく覚えている。
IMGP6968.jpg


そしてツーソンという街へ向かう途中のこの一直線の道。
IMGP6984.jpg


めちゃくちゃ暑かった。
久々に標高が1000mを切り低いところで500mくらいまで下がったので、かなり暑い。

確か2週間前、雪の中走ったんだよね。
そして2、3日前に野宿した時は氷点下の朝をむかえたんだよね。
IMGP6981.jpg

まぁ温度計が直射日光の時に撮った写真だけど、日陰でも35くらいはあった。



サボテンってなんか面白い。なんかコミカル。ふざけたような、おどけたような感じがする。
本人としてはこの暑い中必死に生きているだけなんだろうけど。
IMGP6988.jpg


あまりに暑くて休憩が多かったので街まで辿り着けず野宿。
IMGP7006.jpg



翌日、ツーソンへ向かう途中・・・


おお!!インアウトバーガー発見!!
IMGP7007.jpg


お昼には早かったけど、昨日水を節約するために
まともなものは作れなかったから食べとくか。
というかハンバーガーを「まともなもの」と考える時点で何かおかしい気もするけど。


やっぱ美味い。この後同じ日にマックのポテトも食ったけど、確信した。
インアウトのが間違いなく美味いわ。
IMGP7010.jpg




そして10月30日 午後3時
国境の街、ノガレスに到着。アメリカ最後の街だ。
大抵の旅行者はエルパソからファレスに入るか、
西海岸からティファナに入りバハカリフォルニア半島に入るかなので
たぶんここ使う人は多くないかな。たぶんね。
本当はホワイトサンズ国定公園を見て、エルパソから入ろうと思ったんだけど
そこまで回り込むと日数が本当にギリギリになりそうだったので一番近いノガレスを選んだ。
とりあえず2泊するから、明後日メキシコに突入。

というわけで、北米走行は終了!

06

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

逆風の4日間とナバホネイション 118日目~121日目


2012年10月21日
モニュメントバレーを出発。
あとは寄り道せずに真っ直ぐ南下するのみ。
実はこのモニュメントバレーを出てからナバホ自治区を抜けるまでの間に
一日の走行距離の最高記録を叩きだしてやろうと企んでいた。
そう、一週間くらい前からずっと企んでいた。
これは別にメキシコに早く行きたいからというわけではなく、
単純に地図を見たときに、この区間が一番距離が伸びそうに見えたからだ。
もう少し付け加えると、この辺一体のナバホネイションを少し走って、
なんとなく道の感じが分かりつつあった。
この辺は急傾斜は基本的に無い。というか、坂も含め色々と無い。
だから条件に恵まれればたぶん記録は出せる。

IMGP6872.jpg



ただね、人生、そんなうまい具合にはいかない。
IMGP6876.jpg


写真、気持ち良い道に見えるでしょうか。
IMGP6886.jpg



風は写真に写らないんですよね。
当たり前ですが。逆向きだったらどれだけ楽だったことか。
このナバホネイションを抜けるまでの4日間、毎日向かい風。




それも、ちょっとやそっとの向かい風じゃない。
必死に歯をくいしばって、ヨダレたらして、顔をしかめ、
そして獲得するのは時速10キロメートル。
IMGP6924.jpg


ひどい時は時速8kmとかまで落ちた。
これが走り始めた瞬間から終わるその時までずーーーっと続いた。
一瞬たりとも止むことの無い風。あまりにイライラして何度も叫んだ。
うおー!・・・とは言ってないな。あーーー!だったかな確か。
まぁどっちでもいいや。でもとにかく叫びまくった。



そしてこの辺がマジで何も無い。今まで何も無い道は走ってきたけど、
この辺の何も無さは過去最高だった。風除けすらない。
IMGP6927.jpg


で、何も無い上に傾斜も緩く、真っ直ぐだから先の先まで道が見える。
風が無ければどうということはないけど、時速10kmでこの景色を走るのはしんどい。
IMGP6930.jpg



3日目が一番ひどく、一日走って66kmしか進めなかった。
走行時間は6時間。アベレージ11km。
ここまで遅いのはこの旅でもほぼなかった。
たぶん下から数えて指三本目以内で数え切れると思う。


そんな3日目のこと。
いままで、ないないと散々書いてきたけど
あと他にも無いものがある。それが寝床。
正確に言うと無いわけじゃない。もちろんある。
ただ、まずキャンプ場はほぼ期待できない。
これは走れば分かるけど、それまで走ってきたアメリカとは
別の世界といった感じなので、キャンプ場がありそうな雰囲気が無い。
じゃあモーテルかってところだけど、これもキャンプ場よりは可能性はあるけど
あまり期待はできない。
なら野宿って所だけど、これもない
ホントに何も無くて隠れる場所も無い。
あっても有刺鉄線できっちり囲われていて入れない。
入ろうと思えば入れるんだけど敷地内は怖いんだよな。
多くのアメリカ人は普通だけど、
でも中にはいとも簡単に銃の引き金を引くやつもいるから。


で、案の定辿り着いた街にはキャンプ場も宿も無かった。
風の強さを考えると、野宿するにしても風除けのある所にしたい。
病院があったので、病院の敷地に張らせてもらえないか頼んだが駄目。
近くにキャンピングカーが止まったりする場所があるから
そこで張れということだった。
ただ雰囲気的には嫌なんだよな。別にインディアンが嫌というわけではないが、
やはり生活が厳しいのは明らかで、スーパーで買い物をしていたら
「腹減ってるんだ。食べ物買ってくれないか。」と言われ、
金無いと言えば「クレジットカードは?」と言ってくるし。

そんな感じで、どうしたもんかと病院で働いているおばちゃんと話していたら
おばちゃんBが登場。「この辺は変な奴が多いから家の庭に張りなさい」
といって家の庭に張らせてくれた。
IMGP6931.jpg


しかもシャワーもいただき、翌朝は朝食まで頂いた。
IMGP6941.jpg


写真撮っていい?と言ったら「ちょっと待って!」と言って
髪型セットして服着替えて出てきたのは面白かった。
そして髪型がオールバックというのもうけた。いや、うけちゃ悪いのかな(笑)
あと孫がすげぇ顔してる。なんでメンチきってんだ(笑)



結局ナバホネイションを抜ける4日目まで向かい風は続いた。
なんというかここは一口に良いとは言えないものがあった。
風は大変だったし、犬には毎日のように追っかけられるし、
寝床を探すのも大変だった。でもインディアンに限らず、白人の人からも含めて
受け取った親切の数はこの地域を走っているときが一番多かった。



ただ、もう一度走りたいかと問われたら、
「走りたくない」と言うかもしれないけど(笑)
走るとしてもルートを変えるかな。
IMGP6943.jpg



4日目は野宿。風が強かったのでテントを木の中に突っ込んだ。
IMGP6944.jpg



もうすぐメキシコ。

02

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

アメリカの原風景  出発117日目


2012年10月20日

アメリカの最後は「モニュメントバレー」へ行く。
理由はないけど、感覚的に北米の締めはここだと思っていた。
ここをカナダから続く北米の最後に持ってくれば、すっぱりと気分良くこれからの中南米に入って行ける、理由は無く、なんとなしにそう思った。僕は割とこうした「直感」とか「感覚」のようなものは大事にしてる、と自分では思う。この旅だって「行きたい!」から行ってるわけだしね。

ただ実際はグランドキャニオンのサウスリムに行くと決定した時点で時間的に諦めかけた。諦めても仕方ないと思わされるほどの感動をグランドキャニオンでは味わった。でも、正確に距離と残り日数を計算したら余裕で行る。ならば諦める理由は何処にもない。


ただあれほどの感動を味わった直後だから
なんかもう何を見ても自分の中に入ってきそうもないと思えた。


でもいよいよ明日モニュメントバレーへ到着するという距離まで近づき、
この景色を見た瞬間、ああやっぱり来て間違いなかった、と思った。
IMGP6693.jpg


いよいよこの公園を見たらアメリカで見るべきものは全て見終わり、
一直線にメキシコに向かうのみとなる。徐々に、でも確実に心は次へ向かい始めている。
IMGP6699.jpg


モニュメントバレーはアメリカの国立公園ではなく、トライバル(種族とか部族という意味)パーク、つまりはインディアン(ナバホ族)の公園になっている。
なので僕が購入した年間パスは使えない・・・チッ。
まぁ入場料6ドルなんですけどね(笑)




むちゃ強い向かい風と緩い上りの中、最後の6kmを50分くらいかけて、ようやく到着。





うん。やっぱそうだ。ここは最後で良かった。
IMGP6712.jpg



ほとんど突然のように何も無い平原から巨大な岩が生えている。
IMGP6800.jpg



今の姿だけ見ると、ソコだけズドーンと上に伸びているように見えるけど、実際はもっと広い範囲で大地が隆起し、浸食と風化で段々今の姿になっていった。僕の英語の解釈が間違ってなければその理由であっているはず。
IMGP6801.jpg


形によって、メサ、ビュートと呼び名が変わる。
IMGP6819.jpg


ただ残念だったのがキャンプ場が閉まっていたこと。
凄く贅沢な場所なので、ちゃんと整備して、そしてちゃんとお金もとればいいのにと思う。
IMGP6867.jpg




そしてちょっとだけバレーロードというガッタガタのオフロードを走ってみた。
仮想ボリビアって所か。しかし、路面の荒れ具合が凄い。そして所々砂になり、ちょっと深くなるとタイヤがとられてとても乗ってられない。流石は4駆のジープでガシガシ走るような道といったところか。
1輪駆動の人力自転車舐めんな!と逆に燃えるけど。
IMGP6717.jpg


で、そんな道をフル装備の自転車で走っていたもんだから、ジープに乗っている観光客が
「イエエエエイ!」とか「ウオオオオオオ!」と応援してくれる、といよりも、それも含めて観光ツアーみたいな感じで、完全に見世物みたいになっている。中には日本人もいて(日本人かなり多かった)、「ファイトー!」とか「日本人かなぁ?」という声も聞こえた。
でも、ただ走ってるだけで応援がもらえるというのも考えてみるとありがたいか。南米のボリビアとか舗装率悪いので有名なんだけど、きっとそこのオフロード走ってても、こんな声援もらえないだろうし。

ほんの1、2kmしか走ってないけど走り終えたときには靴の中が砂まみれ。
自転車も砂まみれ。




連泊してゆっくりしたいとも思ったけど、
なんかもう気持ちは次の国への期待感でうずいてる。
それに滞在日数の期限も迫ってきている。




さて、次へ進むか!
IMGP6747.jpg




02

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

グランドキャニオン サウスリム編⑥ 出発114~115日目


2012年10月17日

荷物をまとめ、テントをたたみ、出発の準備。
で、間違いなく出発しました。モニュメントバレーへ向けて。

しかし!


出口手前のデザートビューキャンプグラウンドが開いてたので(デザートビューの施設は10月中旬で閉まる)、泊まってしまった・・・。まぁ朝焼けをまだ見てないしね。それにデザートビューの景色は好きだから。仕方がない。


サウスリム編の①で泊まったところと同じ場所ですね。
つまり来た道を引き返したということです。
IMGP6537.jpg


やっぱ良い。ここ。
IMGP6538.jpg


IMGP6584.jpg


こんな感じで、柵はごく一部の所を除いて設けられていないので、
グランドキャニオンでは毎年人が落ちて死んでいるらしい。
IMGP6602.jpg

夕焼け
IMGP6626.jpg



そして翌日は早起きして朝焼け
IMGP6662.jpg


朝と夕だったらどちらかと言うと朝焼けのが好きかな。
朝の冷たく張り詰めた空気が良い。ただ眠くて起きるのがつらいのが難点だけど。
IMGP6673.jpg



朝焼けを見て朝食を食べ、いよいよグランドキャニオンを去る。



長かった。看板で写真撮ったのは唯一ここだけだわ。まぁそれほどということ。
IMGP6682.jpg




そして、行きはずっと上りだったので戻る時は当然下り。
座っているだけで勝手に進んでくので楽すぎる。



しばらく走っていると、前方に車が止まり、近づいてみると・・・


ああ!昨日話したカップル!

実は昨日、まぁよくあることだけど、自転車でウロウロしていると話しかけられ
南米まで行くことなど、旅について右の髭のお兄さんと少し話していた。
IMGP6683.jpg


で、偶然今日車で追い抜かれた。二人はこれからザイオンへ行くそう。


「すごくインスパイアーされたよ!」と言ってエナジーバーを沢山頂いた。
IMGP6684.jpg

ブログのアドレス教えたからもしかしたら見てるかもしれないから
英語であらためて言わせていただきます。Thank you!



さぁ最後はアメリカの原風景、モニュメントバレーだ。
IMGP6687.jpg


グランドキャニオン サウスリム編 完

01

Category: [北米]アメリカ

Tags: ---

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

グランドキャニオン サウスリム編⑤ 出発112~113日目


2012年10月15日

予定ではトレイルを歩いた翌日にはモニュメントバレーへ向けて出発するはずだった。
でも、もう一度だけグランドキャニオンで夕焼けを見たいと思い、もう一泊することにした。
それにトレイルを走ったお陰で物凄い筋肉痛だったし・・・。


とりあえず昼間はマーサーポイントからブライトエンジェルロッジ周辺を散策。
IMGP6301.jpg


小動物。
IMGP6317.jpg


真ん中の木が沢山生えているところが「インディアンガーデン」といって昔インディアンが実際に住んでいた場所。
IMGP6328.jpg

この地が国立公園になる時もいたようなので、比較的最近までいたということになる。
ここを訪れ当時のアメリカ大統領が「ここを国立公園にするからどこか他へ移りなさい」とインディアンに言ったと売店の本に書いてあった。実際、本当に大統領がそう言ったかは分からないようだけど、少なくとも白人がインディアンを追い出したことには変わりないだろう。




そして夕暮れ時はヤキポイントへ。


ここのポイントは結構好きかな。
IMGP6359.jpg



ハイパー夕暮れタイムですね。
IMGP6379.jpg


徐々に青くなっていく。
IMGP6386.jpg


完全に日が当たらなくなった後の、
わずかな光がつくるコントラストも良い。
IMGP6415.jpg


地球の裂け目。
IMGP6418.jpg



さて明日はモニュメントバレーへ向けて出発だ・・・と思ったんだけど、
もう一回だけ、もう一回だけ夕焼けを見たい、と思ってもう一泊しました(笑)


今度はマーサーポイントというキャンプ場から近いところ。
IMGP6463.jpg


はっきり言ってどのポイントから見ても凄い。
IMGP6466.jpg


ここはビジターセンターの近くなので人が多い。
IMGP6494.jpg


IMGP6508.jpg


IMGP6519.jpg



何回見ても飽きないからキリがない。
でも明日こそは出発しないとな。



グランドキャニオン サウスリム編 次回が最後!長くてすいません。

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
18
20
21
22
23
25
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS