愉しい自転車&生活

19

Category: [その他]雑記

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

序列化と画一化


なにやらまたレース界はロードレースにディスクブレーキは必要か否かでもめてるらしい。

普通に考えれば選手側の主張が正当だと思う。
いま、ロードバイクではキャリパーブレーキが主流ですが、選手側の言う「キャリパーとディスクではブレーキのタイミングが異なる」(ディスクのがギリギリまで速度を保てる)というのは、集団走行をする上では確かに危険でしょうし、集団落車が起こった際、剥き出しの熱をもったローターは脅威でしょう。これらの問題に手を打たずしてディスク化を進めることに反対するというのは、至極真っ当な主張だと思う。少なくとも今のまま導入するのは安全性に寄与しない。危険性を持っている。にもかかわらず、どうやら是非ともディスク化を進めたい力があるようで。

もしディスク化すれば、フレームも、ホイールも、STIレバー(メカニカルディスクは別として)も変わる。キャリパーブレーキの車体とディスクの車体は一番値が張るような高価な部分で完全に互換性を失うことになる。もうほとんど別物である。もし、プロレースの世界で一気にディスクが進めば、メーカーは一般消費者向けのロードバイクについても、トップグレードから一気にディスクロード化の流れにもっていくことができる。レースでキャリパーが淘汰されてしまえば、キャリパーは古い規格で過去のものとされ、新しいディスクロードの規格がメインとなり、「消費者」はキャリパーブレーキの古いロードバイクを買い替えていくことになる。

いまのスポーツ自転車は、自転車本体も、パーツも、プロレースを頂点として序列化されている。プロの使う最高性能のトップグレード機材から、初心者の使う低性能の安物機材へ。格付けがされている。本来、トップグレードの機材は、極めて特殊な世界、特殊な状況下にある人間=プロレーサーが使うような特殊なものである。それを一般人にも沢山買わせるためには、機材の格付けが必要なのだと思う。「グレードアップ」と称して、コンポを買い替え、ホイールを買い替え、フレームを買い替えていく。最後、最高級機材まで行きつかせるためには、上位グレードほど高品位で高性能、高耐久で速く楽に走れると思わせ、そして、そのどうでもいいレベルの差がさも重大なことであるかのように喧伝しなくてはならない。


DSC00747-001.jpg


いま僕はフリクションのWレバーを使ってますが、最新が最も優れたものとするならば、変速時にハンドルバーから手を離さなければならず、自分でワイヤーの巻き取り量を加減する不確実で遅い変速システムなど、「不便」なだけで何のメリットがないものでしょう。

確かに、最新の電動コンポなら比較にならないほど圧倒的に正確で速く、楽に変速できる。それは事実だ。しかし、それは電動コンポの方が格上であることを意味しない。ディレイラ―の位置決め以外、特に変速調整は必要なく、ワイヤーの伸びも関係ない。8段でも、9段でも、10段でもそのまま対応でき、レバー動作も軽い。ハンドル周りの美観にも貢献する。使い方や、合わせるバイク次第では、今の時代においても全くの実用品である。むしろ、電動コンポとかカーボンホイールとかカーボンフレームとかの方が到底「実用品」とは言い難い。

長くなってきたので一旦まとめると、レースでの安全性が確保されていないのにディスク化を進める、ということは、安全なレース運営よりも上位に何か別の目的がある。それは指摘している人は沢山いるけど、ようは「金」だろうということ。ということはつまり、現場の人間の安全よりも、金儲けの方が価値があるとする価値観がまかり通っているということ。そして、市場(大部分の消費者)がプロレースで採用すれば儲け主義で生まれた製品だろうが何だろうが喜んで買うということ。で、そういう体質を作るためなのか、スポーツ自転車に対する見方や楽しみ方などが、非常に画一的にされていること。

僕もずっと世間で流布される「常識」の中で自転車と接してきたけど、最近思ったのは、自分に必要なのは自転車の知識や経験ではなかったんだということ。必要なのは、もっと自由に自転車と関わり、もっと自由に乗ることだった。いまは話題が競争や速く走ることばかりで、高い機材に買いかえていくことが自転車趣味であるかのような風潮が強すぎるんじゃないだろうか。でも、それは自転車趣味のほんの一側面に過ぎないのだ。そうではない自転車の楽しみを探求することと、それを宣伝する(笑)ことが自分のやることかなといま思っている。


13

Category: [その他]雑記

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

数字に一喜一憂してないか


最近はもっぱらクランパス。
DSC00782-001.jpg


「JUST RIDE(ジャストライド)」という自転車の本があるのをご存知でしょうか。著者はリヴェンデール(Rivendell)という非競技系自転車メーカーのオーナーであるグラント・ピーターセンという人。僕も本の存在自体は知っていて興味はあったけど、英語だったので到底読む気にはなれず、日本語版でないかな~と思いつつそのままだったら、先日その日本語訳を書店で発見。これは!と思い早速立ち読みをした(立ち読みだけで買わないというね)。

立ち読みだったので斜め読みしかしてませんが、一つ、本の中で「マイルを数えるな」という章があった。ざっくりと言えば、走行距離なんか計ってないで、もっとモチベーションとなるもの、「標高」や「自転車に乗った日」などを数えたらどうか、といった内容。

ちょっと野球の話になりますが、イチローはずっとシーズン200安打にはこだわっていましたが、イチローが打率よりも安打数にこだわったわけは、数字が増減してしまう「打率」ではなくて、一本一本の積み重ねで減ることがない「安打数」を意識すれば、数字に一喜一憂することがないからだった。

打率とは自転車で言うならスピードや距離だと思う(最近ならパワーも?)。
自転車にメーターを付けたことのある人なら、頑張っているのに全然スピードが出ていない、という時の苛立ちは一度くらい経験があるかもしれない。速度や距離によって自身のライドを評価するというのは、当たり前のようにやられるけど、長く、速く乗れたら嬉しいし楽しいかもしれないが、もしそうではなかった場合は?満足できるほどの距離や速さは、毎度毎度簡単に出せるものだろうか?

DSC00486-002.jpg


僕は、数字というのは楽しく乗った結果に過ぎないし、そうであるべきだと思う。数字によって満足を得るということは、逆に、数字によって不満足も得るということである。僕がスピードメーターを外して、その方が気分が良いと感じた訳はそこにある。

自分の身体と自転車とのやりとりや、流れる風景、刻一刻と変化する状況にこそ自転車ライドの本当の楽しみがあるのであり、目的は楽しんで乗ることであって、数字はその結果に過ぎないのだ。それを主客転倒、逆立ちして数字を先立てれば、「つまらない」とか「退屈」、「辛い」と感じる時間が必ずできる。競争好き、機材好き、流行好きではなく、本当の「自転車好き」ならば、本当に乗りたくて、乗る前はワクワクしている、という気持ちでいつも自転車に跨っているはずだと思う。

簡単に言うと、数字を計ることに問題があるというより、それによって楽しい自転車ライドにケチがついたり(つけるのは自分だが)、興をそがれることに問題があるのだ。

最初のジャストライドの話に戻るけど、だったらどうせ計るならモチベーションになるようなものを計ったら、というグラントさんの提案は本当そうだなと思う。「自転車に乗った日」は良いよなと思う。まあ、僕は面倒くさいから数えませんが。でも「標高」は楽しい。自分の経験から言ってもこれはおススメ。まあ僕は関東平野に住んでるから計りませんが。

じゃあ、何を計るか?う~ん、結局面倒くさいから何も計らない笑(誰か良い案あったら教えてください)。 でも、それでも十分面白いのです。一生懸命数字と睨めっこしている皆さん、一度、数字から離れてみませんか。余計な「情報」を排除して、自分と自転車、二人だけで出かけてみると、また新鮮な楽しみが感じられるのではないかと思います。


07

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

受動から能動へ


世界一周などをしていると、旅行が段々と既知の事柄についての「確認作業」のように思えるようになってくることがある。写真やテレビ、ネットで見たものを現実の世界で「確認」する。「確認」した感想は色々だろう。写真と同じと思うかもしれないし、写真より良いと思うかもしれない。逆に拍子抜けということもある。だが、そういった確認作業にすぎないモノの見方で、それで何かを「見た」と言えるのであれば、これほど「見る」ということを、「知る」ということを見くびったことはないと思う。

DSC01136.jpg


視界に入っていても、実は全く見れていない。ただ漠然と何となく眺めるにとどまる。旅に慣れっこになっていくほどに、あらゆるものが唯のつまらない景色に成り下がってしまう。これは深刻な問題だと思う。僕はそういうつまらない見方をしたくない、そう思ったので、とりあえずは座学で基礎的な勉強をしておくことが必要だと思い、それはやっている。と同時に、なぜそう感じるほど、旅に慣れきって疲れてしまうのか。その原因についての自覚も必要だ。自覚がなければ克服できないからだ。

旅も始めは新鮮で良い。感動も沢山ある。ただ、残念ながら人間は慣れる。問題なのは慣れてもなお、旅の面白さを外からの刺激に期待することで、そうなればより強い刺激を求めてどんどんハードルが上がり、ついにはそれを超えるものが殆どなくなってしまう。もちろん慣れが全て悪いのではなくて、むしろある程度慣れてくれないとマズイ。毎日全て新鮮でテンションが高いという状態が1年、2年と続いたら人間おかしくなる。だから一定程度慣れた時というのは、そこからもう一歩踏み込んで知る準備ができたということだ。大きな感動などそうそう無いのに、実は視線をもっと身近なところに向けたなら、無数の小さな発見と小さな感動があるのに、その小さな発見と感動を見つけようとする能動性に乏しく、待っていれば何か良いものが勝手にやってくることを期待してしまう。そういう受動的意識でいれば、何気ない景色の中にある様々な良きものをただひたすら見逃し続け、全ては単なる景色になってしまう。

また選択基準についても、皆が行くから(あるいは観光地だから)、という理由でそこへ行くのは馬鹿馬鹿しいし、逆に皆が行くから行かない、というのも馬鹿馬鹿しい。どちらも基準が外だからだ。自分がそこへ行きたい、訪れる価値があると判断するなら行く。そうじゃないなら行かない。他人が行こうが行くまいがそんなものは全く関係なく、また他人が良いと言おうが言うまいが、そんなことも関係ない。行くか否かを決める時に、自分の興味と関心以外に配慮すべきものなど何も無い。どこまでも自分の中の問題であり、自分がその対象をどう捉えるかという問題でしかない。

DSC01710.jpg


観光地へ行くことが確認作業になったり、旅や生活が慣れっこになってつまらなくなっていくのは、事前に写真やガイドブックを見て「知識」として知っているからではない。本当の意味での「知る」とはどういうことなのか、ということに対する驚くほどの認識の甘さと、写真やガイドブックを見た程度で既に知っていると思い込んでそれ以上は何も知ろうとしない知的探求心の欠如、選択の基準が自分の外にあること、期待で何かをする受け身の姿勢、そうした総体としての能動性(主体性)の欠如が真の原因だと思う。

以上、アメリカ大陸縦断はじめ、これまでの自らの体験をもとに書いた反省。
何ヶ国行ったかとか、何万キロ走ったかではなく、密度。とにかく内容を濃くすること大事だ。だから続きの旅では、ただ色々な国に行くのは絶対に避ける必要がある。自分が何をしたいのか、何を見たいのかをよく見つめ直して的を絞って後半に望みたい。


16

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

メーターは要らぬ


次の旅はスピードメーター無しで行くことにした。

現在、トロールはじめ所有している自転車には一切メーターの類はついていないので、無いのが当然で乗っているのだけど、速度や距離が分からないことによって楽しみが減じるどころか、逆に数字が無いことで解放されたように思った。

ポジションがアップライトになったというのもあるけど、最近、走行中に周りの景色をよく見る。視線を下に落とす必要(メーター)がないからだ。


ハンドル周りもスッキリするし
DSC00547.jpg


走った距離やスピードが分かると楽しい、というのは、メーターの良さとしてよく言われる。確かにそういう楽しさもある。でも、僕はもう自転車において、その次元の楽しさを求めてはいないんだと分かった。そういうのは逆に邪魔である。そういう所に自転車の本当の面白さがあるわけじゃない、と前に書いたので、書いたからには、それを体現していかなくてはいけない。

数字で示される「速度」ではなく、流れゆく景色による「速度感」が楽しいのであり、数字の「距離」ではなく、一日かけて走り蓄積されていった"記憶の厚み"によって感じる「距離感」が嬉しいのだ。

「今日は130㎞も走ったぜ」じゃなくて、その一日の中で見てきた色々の景色を思い出しながら、「ああ、今日はずいぶん遠いところまで来たな」と感じられれば、それで良い。というか、それが良い。そこに数字という指標を持ち込むと、「ずいぶん遠いところ」という感覚が均質化されてしまう。


DSC01051s.jpg


幸いにも現代においては、しっかりした地図もあり、距離の入った標識もあるので、メーターの有無はあまり関係ないだろうと思う。折角1年以上の一時帰国をおいたのだから無駄にせず、世界を見る、その為に何が必要か、また何が不必要か。よく吟味し、持ち物を選んでいかなければな。


21

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: 考え  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 2  Trackback 0

旅で思ったこと その一


DSC00078s.jpg

僕が自転車で旅をしている中で思ったことの一つに「過去を振り返る大切さ」というのがある。
人間は常に未来へ向かって今を生きているけれど、単に「今だけを生きる」のでは、それは刹那的な場当たり的な生き方にしかならない。喉元過ぎれば熱さ忘れる、というのでは折角の貴重な体験も、本当の意味で体験にはならず、ただの「良い思い出」で終わってしまう。

それを感じたキッカケとなった出来事があって、あれはよく覚えているのだけど、アメリカのモニュメントバレーに向かう途中のガソリンスタンドで休憩していた時のこと。向こうのGSは日本で言えばコンビニも兼ねている。何か食べ物か飲み物かを買おうとしてコンビニの中でうろついていると、白人の女性が話しかけてきた。僕が自転車に乗っていたのを見て興味を持ったらしく、世界一周の途中である事などを簡単に話した。そうしたらとても共感してくれて、「応援したい」と言ってコーラを奢ってくれた。このような話は旅話として、とてもよくある、実にありきたりな話だ。

でも、その出来事からだいぶ経ってから振り返ってみると、実は僕は凄いものをもらっていたんだ、と分かった。その時は、親切にされて、その心遣いが嬉しいというよりは「やった!タダでコーラ飲める!」という何とも即物的で俗っぽい感情が大きかった。それはまあ仕方のない部分もあったとは思う。走った後で喉が渇いていたのは事実で、しかも長期的な旅行で資金も限られている。タダで飲み食いできるなら、それは大変うれしいことだから。
しかし、その出来事が少し昔の話になって、ふとに振り返った時、目の前にコーラは無い。その時に感じていた喉の渇きもない。でも、あの女性が「応援したいの」と言ってくれた事はその人の柔らかい人柄や話し方が印象的だったので、よく覚えていた。こうなった時に初めて、コーラが飲めるだの何だのという俗っぽい感情が全く無い状態で、あの出来事を振り返ることが出来た。

僕が勝手にやりたいと思ってやっている事に対し、純粋に共感してくれてそれを応援してくれた。その感情は具体的にはコーラを奢るという行為によって示されたわけだけど、つまり僕はコーラを介して、その人からの僕に対するエールを受け取った、という事になる。そういった人間のとてもピュアな感情をもらったというのは、これはものすごい事だ。コーラよりも遥かに価値があり、喜ぶべきことだ。ただ残念ながらその時の僕は無料で飲めるコーラに魅了されていましたが。

旅の中で散々もらってきたけれど、その全てに、人から何かを貰うというのはそこに込められた気持ちを考えると、これはきっと自分が思う以上に凄いことであるというのを感じた。これを実感として感じられた。そうすると、次に同じような親切を受け取った時、そこで自分の中にやってくる感情には必ず違いが出てくる。
同じお礼の言葉を述べるにしても、「コーラ奢ってくれてありがとう」という意味なのか、それとも「あなたのその心遣いをとても嬉しく思います。ありがとう」という意味なのか。

こうして振り返り、そこからよく意味を汲みあげていくことで過去は初めて今に資するものとして活かされ、今と未来を良く生きることに繋がっていく。だからとても大事だと思った。
でも、逆に「過去に浸る」というのは今も未来も駄目にダメにするけど。
それこそ「今を生きろ」という話だ。問われるのは常に今だから。
あと過去を「無視する」または「歪曲する」のもダメですね。良い事も悪い事もちゃんと引き受けなければいけない。

世界一周も、その世界一周したという結果や、何ヶ国行った、何キロ走った、という分かりやすい数字や言葉(これらはみんな過去だけど)に価値があるんじゃない。それらの体験から何を掴みとるか。そしてそれをどう自分が生きる中に活かすか。それこそ最も関心を払うべきことだ。問題となるのは、これからの自分の行為と発言であり、つまりは実践ということだけど、それを下らない言い訳無しでやるのが僕の課題。

実践というのは旅とか関係なく日々やるものだけど、こうして考えをめぐらせた上でもう一度自転車で世界を走れるというのは、大変楽しみでもある。中身がどう変わるのか。記録として旅日記が残っているので結果がハッキリ見える。文章に加えて写真だから誤魔化しがきかないし。もし特に中身が変わっていなかったら、口先だけで全く成長の無い人間だということが明らかになる。

って考えるとヤベーなこれは(笑)

プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS