愉しい自転車&生活

14

Category: [その他]ギアレビュー

Tags: ロングホールトラッカー  サーリー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 3  Trackback 0

自転車は速さより、乗りやすさや乗った時の気持ちよさが大切


2017年3月9日(撮影)時点でのロングホールトラッカー。
DSC00907-001.jpg


僕は、自転車にとって「乗りにくい」というのは最悪の一つだと思います。自転車は乗り易くなくてはいけない。ロングホールトラッカーは本来ドロップハンドル設計ですが、やはりこの車体の良さを十分に活かすにはその本来の設計意図を汲んだ上で、パーツをチョイスしていく必要があるなと思った。設計と大きく異なるカスタムをすると何処か無理をしなくてはいけなくなる。自転車の場合、クルマと違って全てのパーツがむき出しですから、その無理は全て見た目に出る。


ミカシマ PRIME シルバンツーリング
DSC00911-001.jpg

プライムと通常のシルバンツーリングとの違いはベアリング部とボディの研磨。プライムは磨かれていて美しい。
DSC00915-001.jpg


だから、ロングホールトラッカーを最も自然な形で組めるのはドロップハンドルで違いないわけですが、だからといって僕はドロップハンドルを使う気には全くなれない。理由は単純に使いづらいからです。長い距離を走り続ける場合、ドロップハンドルの有効性はあると思いますが、街中のようなストップ&ゴーの多い状況では、一番使いたくないハンドルです。ロードバイクのキャリパーブレーキはスピードコントロールの為のもので効きが強くない、と言われることがありますが、これは嘘です。下ハンドルを持てば、指二本で十二分の制動力を引き出せる。ただ、ブラケットを持った時にブレーキレバーが構造上引きにくいのです。これはドロップハンドルの構造上の欠点といってもよいと思う。スピードの微調整の為に使うなら影響はあまりないのですが、しかし、問題ははそれなりの制動力を発揮したい時。明らかに余分に力が必要だという所に、非常にストレスを感じる。つまり、そこには無駄な力みが生じる。力みはライドをつまらなくさせる要素だと思います。

手が大きく握力のある男性ならまだしも、傾向的に男より手も小さく握力も弱い女性はこういう点をどう思っているんだろうか。扱いにくさを感じている人は相当数いるんじゃないかと思う。ドロップハンドルで、もし軽い力で強く効かせるには、下ハンドルを持って深い前傾姿勢をとらなくてはいけない。楽に強い制動力を発揮できるグリップポジションがあるにもかかわらず、そこが最も身体的に辛いポジションである。ここが僕は気に入らない。街乗りにおいては、楽な姿勢かつ軽い力で十分なブレーキの効きを得られることが肝要だと思います。


DSC00925-001.jpg


そして、乗った時の気持ち良さ。これは体感的なもので数値化は不可能ですが、速く走れる自転車が気持ちいいとは限らない。ロングホールトラッカーは速く走れませんが、間違いなく走っていて気持ちの良い自転車です。特にペダルを止めて惰性で進んでいる時なんかは最高。DEOREハブはフリーのラチェット音も殆どないので、ペダルを回すのを止めれば、微かに聞こえるチチチチ...というラチェット音と、ロードノイズだけになり物凄く静か。ハブも使い込んで当たりがでて良く回るようになっており、走行抵抗も少ないため、走りは軽い。この「軽い」というのは、間違っても速度が出るという意味ではない。速度には出てこない部分の走りの軽さです。これはクロモリフレームであることも要因の一つであると思う。

少し話が戻るけど、ブレーキだけでなくシフト操作についても今のドロップハンドルのSTIレバーは女性など手の小さい人は不利だなと思う。特にフロント変速は、あのストロークを押し込むのは結構大変なことだと思う。あと、そういえばSTIといえば、先日自転車屋で久しぶりにSTIレバーを握ったんですが、ブレーキ引いてびっりしましたね。あまりの引きの重さに。ワイヤーの引きが重いというのではなくて、リターンスプリングの強さが半端じゃない(グレードは多分ソラだったかな?上位グレードは構造が異なるので違います)。最近は引きがスーパー軽い状態のVブレーキと油圧ディスクしか使っていなかったので、余計に重たく感じた。どんなに整備してもあのスプリングの強さでは・・・と思う。はっきり言ってすすんで使う気にはなれません。その点で言えば、スラムのダブルタップは素晴らしかったな。重量的にもブレーキの引き的にも軽いし、握り易いし。


DSC00928-001.jpg



まあシフトにしてもブレーキにしても、そういう部分にストレスがあると自転車の楽しさが削がれるわけです。油圧ブレーキは軽くて当然ですが、ちゃんと整備したVブレーキの引きの軽さは無駄に動かしたくなるほど気持ちが良い。各部の回転が良いとか、グリップの握り心地が良いとか、ペダルの踏み具合が良いとか、サドルの座り心地が良いとか、そういう「気持ち良さ」を沢山もっている自転車は、乗るのが心地よく、自然と出撃回数も増えるのです。その人にとっての良い自転車というのはそういう自転車のことを言うのだと思います。

26

Category: [その他]雑記

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  クランパス  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

生活の中に自転車を


DSC00695-001.jpg


デュラエースだとか、アルテグラだとか。あるいは電動コンポ、カーボンホイール、ケイデンス、パワー、ペダリング理論、速くなるには、上りに強くなるには云々。この自転車趣味の世界、話題は尽きない。あるいは輪行やロングライド、ヒルクライム、レース、旅。そういうのも確かに面白いと思う。

しかし、「趣味」と言ってもそこにはもう一つ、日常の生活の中で使う自転車の世界がある。これが同じ自転車に乗るのでも、全く違う。

DSC00581-001.jpg


どこか遠くに行く必要はなく、いかに使うか。いかに乗るか。日常の些細な用事や、街の全てがフィールド(遊び場)となる。


DSC00664-003.jpg


それを自転車で運ぶことが出来るか出来ないかなんて考えてはいけない。関係ないのだ。そんなもんは。まず「どうやって運ぶのか」だけ考える。運べないというのは、その後にくる。


DSC00731-001.jpg


DSC00732-001.jpg


3メートルの木材や灯油の運び方なんて、どの自転車雑誌にも本にも書いてない。世間で既に提示された楽しみ方には限りがあるけれど、自身の日常に即した場面からくる楽しみ方には限りがない。無限にあるのです。そして、そこには正解も間違いもないのです。


DSC00762-002.jpg


撮影の為にいつもより多めに買っております(笑)
DSC00752-001.jpg



とは言っても、楽ちんポジションにカスタムしたロングホールトラッカーばかり乗っていても駄目で、ちゃんと全身をフルに使って走るような自転車にも乗らないと身体がなまるし、なによりいつも同じだと飽きてくる。


ってことで今日はクランパス出動。
DSC00766-002.jpg


最近乗ってなかったので、久々に乗るとクランパスの驀進とも言うべきスピード感に改めて感嘆。圧倒的な安定感とクッション性。あらゆる路面のイレギュラーを飲み込む走破性。いやいやすげーすげー。自然と前のめりに走ってしまう面白さ。これは幾らカスタムしても、ロングホールトラッカーで出せる世界ではない。でも、自転車の力が大きすぎて、下手になりそうだけど。ちなみに、トロールはいまドックに入ってるのでお休み中。出来たらお披露目しようと思います。


27

Category: [その他]自転車旅あれこれ

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

ロングホールトラッカーはつまらない?


今回、わたくしは是非、異議を申したい。
自転車旅行に関するブログ記事の中で

ロングホールトラッカーは皆使っていてつまらない

という珍妙な言説を発見したからだ。
ロングホールトラッカーをこよなく愛する私からすれば、何言ってんだバッキャローである。てめーの考え方のがつまらねぇんだバッキャローである。

ロングホールトラッカーは、第二次の旅では使っていないし、次回の旅で使う予定もないが、もう3万キロ以上は確実に走っている。旅だけでなく、日常でもその活躍はますます厚みを増し、優れた自転車であること、そして、生活にこの上ない愉しみをもたらしてくれるものだという思いは深まるばかり。全ての乗り物の中で、自転車が最高である、と今感じている。

DSC00468-001.jpg


珍しい物品や経験の所有によって、自分の存在を優れたものに見せようというのはよくある。高価なブランドものをもつのがそうだし、皆がやらない事をやろうとするのもそう。ロングホールトラッカーがつまらないという発想も同じ所からくる。


DSC00389-001.jpg


しかし、よく考えてもらいたい。本来なのだ。
もし、同じ自転車に乗っている人がいたら、仲間として、ロングホールトラッカーに乗る喜びを分かち合うことができるじゃないか。お互いの自転車を見て、あーだこーだ話すことができたら、そら楽しいだろうと思う(相手がそんなに詳しいとは限らないけど)。

同じのに乗っている人がいたらつまらないのではなく、
同じのに乗っている人がいたら楽しい!のである。


JMGP8823-001.jpg


ロングホールトラッカーとの付き合いは5年くらいになるけど、僕は未だこの自転車の底を見ていない。カスタマイズの余地は無限にある。そして愉しみ方も無限大だ。そうロングホールトラッカーは面白いのです。

これは別にこの自転車に限った話じゃない。誰が使ってるとかブランドの世間体がどうかなんて関係ない。自分が「これが良い!」と思ったものは、誰に何と言われようと良いのだ。自信を漲らせて使えばいい。だって趣味なんだから。


AMGP0921-001.jpg


ついでに、旅で走る道も同じだと思う。
誰かが行ったから行くのではない。逆に、誰も行かないから行くのでもない。私がそこへ行きたいと熱望するから行く。そういう道は、既に誰かが行ってようと、誰も行ってまいと「自分の道」になるものです。


DSC00485-001.jpg


08

Category: [欧州・アフリカ後一時帰国]日記

Tags: サーリー  ロングホールトラッカー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

ロングホールトラッカーお買い物エディション(暫定)


いま、ロングホールトラッカーを日常の足として使いやすくするために、改造している。
DSC00369.jpg


フルパッキングの海外走行向けに組んだ自転車というのは、明らかに普段使いではオーバースペックで重すぎて全然乗る気がしないし、使いやすくもない。ってことでロングホールトラッカーは買い物用として最適化することに。


まずタイヤ。マラソンは耐久性はありますが、あんなもん重すぎて普段使いでは履いてられないので、パナレーサーのハイロードに交換。
DSC00373-001.jpg



ハイロードを選んだ最大の理由は「安い」ことと「軽い」ことですが、それともう一つブラックの他にオープンサイドがあったのも理由。買い物で市内を走り回るだけで、オフロードも走らないので、高耐久、高性能は必要ない。
DSC00377-001.jpg



これは前からだけど、Wレバー。しかも今どきフリクション。一長一短ありますが、ワイヤー調整などが全く必要ないので、乗りっぱなしにする車体の場合は僕は楽だと思っている。ワイヤー伸びても関係ないし、8段のスプロケを9段に換えても関係ない。あと、ハンドル周りが非常にスッキリするので、それはWレバーの最大の利点だと思う。
DSC00376-001.jpg



かご。これは手作りです。ライトの位置は考え中。このままだとかごが邪魔で路面を照らせないので。
DSC00368-001.jpg


手を入れる穴もつくったけど、普段はかごを固定しているので絶対に使わない。
DSC00381-001.jpg


段差での荷物飛び出しを防ぐためにネットも完備しております。
DSC00383-001.jpg



スタンドもやはりあると止める場所を選ばないので便利。
DSC00384-001.jpg



サドルはブルックスのB67。バネ入りで乗り心地は最高。ただ、後退幅が足りないのでもっとオフセットの大きなシートポストが必要。
DSC00379-001.jpg



こちらは、でぇこん(大根)袋。別に大根だけでなく、ある程度の太さと長さのものなら何でも入る。普段はワイヤー錠を放り込んでいます。普段使いではオルトリーブバッグより有用。
DSC00380-001.jpg



以上ですが、まだ完成形ではありません。
まずリアキャリアはシルバーにする。これはもしかしたら自分でロウ付けして作るかもしれない。あとブレーキレバーはオポジットレバーにし、バーテープを巻いて使う予定。そうすればプロムナードバーの持つ場所が少ない点と、トップチューブ長足りないという点をある程度解消できる。それに伴ってブレーキはカンチブレーキにするかもしれない。
クランクやハブ、コンポも、クランクはシングル。リアはワイドにしたい。いま9段だけど、10段で11-40くらいにしてもいいかな。あとホイールもリムが寿命来たらもう少し軽量な組み合わせで組みたい。
そして、ゆくゆくはトレーラーだな。まあそれはトレーラーが必要な生活をすることになったらの話ですが。



やっぱり自転車は面白い。改めてそう思います。
DSC00382-001.jpg




14

Category: [第一次・北中南米持ち物]自転車

Tags: ロングホールトラッカー  サーリー  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 1

フレーム  サーリー ロングホールトラッカー


P1000299.jpg


自転車世界一周に適した自転車の条件を考えてGIANT、ルイガノ、KONA、KHS、オーダーフレーム・・・などなど色々調べた結果、2012年時点で最も長期海外旅行に向いた市販のフレームは、自分の調べた限りではSurlyのロングホールトラッカーです!はい。

もちろん全ての希望を見たそうと思えばオーダーが最も良いのだけど値段が高い。
ロングホールトラッカー(以後LHT)は完成車で買って16万程(オーダーするとフレームだけでそのくらいの値段になる)。フレームで買えば7万弱。世界一周に耐えうるフレームがそれで手に入るんだから安いもんだと思う。さらに僕の場合、自転車屋で働いていたのでもうちょっと安く手に入るし。

で、このLHT、自転車世界一周に必要な条件をびっくりするくらい満たしている。
ほんとこのフレームつくった人は自転車旅をよく分かってる。
サーリー良い仕事しやがるぜ。

じゃあ長期海外自転車旅に必要な条件とは何か?
僕が世界一周するならこれは必要だなぁと思うものをちょっと書いていこうと思う。これは僕にとってなので、走る場所や走り方によって変わってくるけれど、世界一周の場合、条件的には大体似通ってくるかと思う。

まず使用パーツがMTB規格であること。特に足回りは絶対26インチHE。長期旅行なので最低限の予備パーツは持っていくにしても、すべては持ちきれないし絶対、絶対に想定していない事態というのは起きる。そんな時に代替パーツが手に入らないというリスクをちょっとでも減らすためにも
世界中で最も普及しているMTBパーツを使っている方がいい。

さらに、オフロードの走行を考えているMTB系のパーツの方が当然頑丈なものが多いし、特に足回りなんかはパーツ自体の耐久性もそうだし、スポーク長などの条件的にも26インチの方がしっかりつくれる。

IMGP0196.jpg

次に、前後にキャリアがつくこと。
これは当然といえば当然だけど、26インチのホイールで前後キャリアをつけられるとなると、意外と選択肢が少なく、一気に候補が絞られてくる。ダボ穴のないフレームでも工夫してつけることももちろんできるけど元々ないということは、そういう使い方は想定していないということでもある。短期の旅行ならいいけど、数十キロもの荷物を積んで長期間走るとなると、ちょっとどうなのだろうかと思った。

あとはカンチ台座があること。
自転車旅行に一番向いているブレーキはメカニカルディスクだと思うけど一般的なのは、まだまだリムブレーキ。理想はディスク台座がついていてさらにカンチ台座がついているものだけど、どちらかひとつ選ぶならカンチ台座。ただなぁ、間違いなく良いのはメカディスクなんだよなぁ。リムを削らず、整備も簡単で、制動力も良く、ウェットでも効きが落ちにくく、ブレーキパッドも減りにくい。でも、ディスクしか使えないってのは、ちょっと引っかかるので、そういった車種は候補から外した。

という上記3つが絶対ほしい条件。
で、絶対じゃないけど可能ならほしい条件が、まずクロモリであること。
アルミでも問題はないし、実際アルミフレームで世界一周を成し遂げた人もいるけど、より向いているのはクロモリ。クロモリの方が素材そのものとして丈夫でしなるので、長距離乗った際の体の負担は少ない。アルミはクロモリより錆に強く、軽いけどしならない。というより、もし鉄のようにしなってしまうと折れるのでしなれない。なので、しならせないために、どうしても高剛性なフレームになってしまう(だからアルミフレームのパイプは太くつくってある)。

あとクロモリなら万が一の時に割と簡単に溶接して修理ができるけれどアルミだとそうもいかない。

可能ならほしい条件2つめ。
水をたくさん積めること。具体的に言うとボトル台座がダウンチューブ下にも付いていて、フレームの前三角が大きいこと。自転車で世界を旅するには何が一番大切かを考えた時、もちろん色んな物が必要だし一個だけでは旅はできないけど、単純に生きるために必要なものは間違いなく「水」だと思う。この地球上、暑いところ、寒いところ色々な場所で人間は生きているけど、人がいるところには必ず水がある。逆に言えば水がないところに人間はいない。水がなければ人間は生きていけないから。ナイル、黄河、インダス、チグリス、文明が発達した場所も必ず水が近かった。

というわけで、水の積載量というのは非常に重要な性能の一つだと思う。
日本国内だったら、丸一日走って一軒の民家もないということは有り得ないけど海外を走る場合、十分に有り得る。
通常スポーツタイプの自転車にはボトルケージをつける台座は1つないし2つが一般的だけど、LHTはダウンチューブ下にもボトル台座があり、全部で3つついている。しかもホリゾンタルに近いフレーム設計なので前三角が大きい。これがもし前三角が小さいと、1.5ℓなどの大きめのボトルが入らないので台座はあっても、あまり大量の水が運べなくなってしまう。

こんな感じで、LHTは旅に必要な条件をほぼ満たしている(ディスク台座もついていれば満点だった)。
あとはチェーンステーの所に予備スポークを引っかける台座がついてたり輪行の時にチェーンを引っかける突起があったりとか、細かいところまで旅仕様になってる。まぁこの辺はあまり使わないおまけみたいなものだけど。

こっちにニップルひっかけて
P1000471.jpg

こっちにスポークの首をひっかける
P1000470.jpg



これだけ旅に適したフレームで、サイズ展開も豊富、値段も手頃とくれば当然LHTで世界を旅している人は非常に多い。しかし!多いからこそ、みんな使っているからこそこだわったらその分だけ差がでて面白い。
ちなみに鮮やかな原色系の青を選んだのもちゃんと理由があって写真に撮った時に映えるからこの色にした。
本当は赤が一番目立つし、良かったんだけど、LHTで欲しいと思える赤はなかったしまぁあったとしても選ばなかったと思う。なぜならば、染谷翔さんという方が2012年現在世界一周中なんだけど、自分の苗字も染谷。ただでさえ苗字かぶってんのにフレームカラーまで同じって、なんか嫌だったんで(笑)

最後、参考までにサイズを。
身長172㎝ 体重62㎏、股下78㎝でサイズは50。
ホリゾンタル換算のトップチューブ長が530。
もともと設計としてはドロップハンドルで乗るように作ってあるのでフラット仕様で乗る場合、トップ長が足りない。
なのでステムは長めの120㎜にしています。サイズ50だからシートポストはもうちょい出るかと思ったけどブルックスのサドルが結構高さあるので思ったより出なかった。太めのタイヤはかせるとスタンドオーバーハイトがきつくなるし。あと3㎝くらい足が長ければ52のがよかったんだけど。残念ながら足が短かった・・・。


2012年10月16日追記
IMGP6226.jpg

走行6300kmほどで今のところ問題なし。
やはり水の積載力が高いというのはありがたい。
何よりも水。これがないと生きていけないですから。
はじめは、荷物満載の状態のしなりにビックリしたけど慣れれば全く問題なし。
むしろ荷物積んでないときのほうがフワフワして運転しづらいわ。

あとブレーキはやっぱディスクが良いですね。
今選ぶなら間違いなくディスクトラッカーを選ぶ。
代えのパーツという問題はあるけど、ディスクのブレーキパッドなんか
予備をいくつか持ち歩いても全然荷物にならないし、
ローターも念のため予備で一つ持てばいいと思う。
荷物が増えるといえば増えるが、ほとんど嵩張りはしないし、
予備を持ち歩いてでも選ぶ価値はディスクブレーキにはあると思う。

そんな感じかな。
あとはたまに「サーリー良いね!」と声を掛けられたりする。
アメリカメーカーだからね。
そしてたまにグッドでもナイスでもなく
「ビューティフルバイク!!」と褒められるのがちょっと嬉しい。



<南北アメリカ大陸縦断後追記>
AMGP1169.jpg

27000㎞走行して日本に一時帰国し改めて乗ってみると、ロングホールトラッカーが旅用自転車として大変良い自転車だということを再確認、というより、今頃になって初めて理解した。
やはりチェーンステイの長さというのは非常に大きい要素だと思う。基本的に今の自転車はツーリング車でもチェーンステイ長430程度しかないけれど、ロングホールトラッカーは460㎜とかなり長い。あの乗り心地の良さはチェーンステイの長さ、そしてスローピングではなく伝統的なホリゾンタルフレームという部分が大きく影響していると思う。またハンドリングに関しては意外と思うかもしれないけれど、結構クイックです。トロールの安定感が良すぎるのでそれと比べたからということだけど、荷物を積んだ状態のが丁度良かったと感じる。

フルパッキングでの走行を前提に考え、設計されたフレーム。耐久性のあるクロモリ。そしてランドナー以上の汎用性にMTBより遥かに良い乗り心地。豊富なサイズ。特に長期旅行の場合でメリットの大きいディスクブレーキ仕様のディスクトラッカーもある。これほどツーリング車としての適性を備えたフレームはそれほど多くないでしょう。走り方次第では700Cの方が良かったり、MTBの方が良い場合もあるので、問答無用でロングホールトラッカーとは言えないけれど、とても良い車体であることは間違いないと思います。



関連記事
サーリーは楽しい
世界一周第2ラウンドへ向けての自転車
ロングホールトラッカーとトロールのツーリングバイクとしての違いについて
ロングホールトラッカーはつまらない?


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS