愉しい自転車&生活

14

Category: [その他]ギアレビュー

Tags: サーリー  トロール  

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 0  Trackback 0

トロールの魅力は何でも出来る万能性をもちながら、単純に自転車として楽しく、そして速いこと


DSC01070-001.jpg


久々にちゃんとトロールに乗ったのですが、この自転車、マジで楽しい。そして楽しいだけではなく相当に速い

車体は決して軽くはないのですが、速度がのり易いし、スピードを上げても余裕で応えてくれる。ロングホールトラッカーで速く走った時のちょっと違うよなという感じがトロールにはない。MTBの安定感と、快速クロスバイク並みのスピードのノリと気持ち良さがある。


単純な楽しさで言えば、ロングホールトラッカーよりも、クランパスよりも楽しい。ロングホールトラッカーは楽しいというよりも心地よい。クランパスは無敵。というか、バイクが強すぎてその辺の道では、レベルの上げ過ぎで敵が弱く感じるようになったRPGのようになる。クランパスは明確に山の自転車だと思います。大変な道を走ってはじめて真の面白さを味わえる。その点、トロールは舗装でも楽しさが損なわれない。

DSC01076-001.jpg


つまり、フィールドを選ばないという意味でもトロールは万能だということ。ただ、この楽しさを味わうには一番いいのはやはり空荷。あるいは、少なくとも走りに影響があまりない程度の荷物を積んだ時だなと思う。フルパッキングのツーリングも、もちろんトロールの守備範囲なのですが、加速、減速、コーナリング、スピード感など、走りの部分における魅力はやはり損なわれるし、そういうツーリングへの適性はロングホールトラッカーの方が高い。

あらゆる選択肢が用意されており、一見ものすごく実用的な自転車でありながら(実際実用的ではあるが)、実は走りとしてはこれ以上なく遊びの為の自転車。それはまるで羊の皮をかぶった狼。人間の皮をかぶった悪魔。ノロマなツーリングバイクに見せかけた運動神経抜群のフルリジットマウンテン。


DSC01128-004.jpg


圧倒的な守備範囲の広さに、走りの速さと楽しさ、これらを兼ね備えている事が、トロールという自転車の最大の魅力だと思います。速いだけなら他にもっと速い自転車は山ほどあるし、楽しいだけなら他に山ほどある。しかし、それらをもってなおかつ、外野も内野全部守るくらいの守備範囲を持ってる自転車というのは、極めて少ないと思う。実はトロール(2016モデルまでの旧型)のジオメトリーはサーリーの原点ともいえる1×1(ワンバイワン)のジオメトリーの写しなので、その走りにはサーリーの遊び心がつまっているのかもしれない。

ちなみに、サーリーHPの1×1の説明の文の中には「頑丈なのに反応が良い、生き生きとした乗り心地。ジオメトリーはとても素直でマウンテンバイクのような乗り心地」と書いてありますが、これはそのままトロールにも当てはまる。あらためて、トロールは魅力のある一台だと思います。最後、今年モデル(2017)はフルモデルチェンジでジオメトリーが変わってますので、どんな走りなのかは分かりません。


プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS