愉しい自転車&生活

27

Category: [その他]雑記

Tags: 考察    

Community: テーマ-自転車  ジャンル-趣味・実用

Response: Comment 2  Trackback 0

バイクパッキングは最新か?


少し前から「バイクパッキング」が雑誌でも盛んに取り上げられ、関連の新製品も続々出て流行っている。僕もヨーロッパ・アフリカではフレームバッグを取り付けたり、ハンドルに直接荷物を縛り付けたりして部分的に取り入れました。が、最近思うのだけど、果たしてバイクパッキングというのは最新か? バイクパッキングが出てくる前の雑誌なんかを見ても、全く同じではないが近い形のスタイルはあるし、もっと大昔のサイクリング画を見ても自転車に直接荷物を付けるという意味では、バイクパッキングと変わらないような積載方法はある。

DSC00944-001.jpg



自転車を見る限りキャリアがないので、パニアもないはず。
DSC00946-001.jpg


この手前の車両などは、フレームバッグもついているし、サドル後ろへのバッグの取り付け方などを見ても、荷物の積み方としてはバイクパッキングそのものでしょう。絵は19世紀から20世紀にかけて(フランク・パターソン)。
DSC00947-001.jpg


つまり、バイクパッキングを確立した人の最大の功績はそれまであった萌芽的バイクパッキングスタイルに名前を与えて明確に分離したことじゃないかなと思う。もちろん、バッグの素材や軽さ、機能性だけでなく、走り方や考え方なども今(現代)の視点から考えられているため、その意味では新しいスタイルだと思いますが。

なんでこんなことをわざわざ書いたかというと、あらたなビジネスチャンス言わんばかりに新しいスタイルとしてもてはやしている感が気に入らないからです(笑) そもそもバイクパッキングは、間違いなくウルトラライトハイキングの流れから出てきていると思いますが、土屋智哉著「ウルトラライトハイキング」によれば、ウルトラライトハイキングの哲学は、荷物を減らして速く移動することでは全くない。速さは結果に過ぎない。身軽になることでより自然との繋がりを感じながら活動し、自然破壊を最小限に抑え、また無いものは自分で作ったり、加工して創意工夫するという部分にある、と僕は理解している。

物も情報も利便性も過剰で享受するだけの現代から、シンプルさや自分自身で工夫すること、そして自然への回帰という欲求があるのだと思う。僕も本場のバイクパッキング事情を知らないですが、普通に考えれば、そういう思想的部分でも影響を受けていると考えるのが自然でしょう。が、日本ではそういった部分が語られることは殆どなく、ただそのスタイル(形式)とモノのみが輸入されているように思える。

僕も次はキャリアレスで行こうと思うので、バイクパッキングスタイルになると思いますが、それは別にバイクパッキングがしたいからではない。それをするのは、オフロードしかり、シングルスピードしかり、新しい事へ挑戦することで、既知(だと思い込んでいた)の世界や、狭くなった(狭く感じるようになっていた)世界を、もう一度自分の等身大の感覚で捉え直したいからだ。自分の身一つと、それを補う最小限の持ちもので、自由に旅をする。イメージ的には上の画像のフランク・パターソンの世界観。


こういう感じ。
DSC00977-001.jpg


ちょっと高かったですが、自転車雑誌買うよりもずっと有益。持っておいて損はないと思います。
DSC00976-001.jpg


関連記事
comments
 
次の出発はいつごろの予定ですか?
Re: タイトルなし 
まだ全くの未定です。近々、ではないのは確かです。


> 次の出発はいつごろの予定ですか?
leave a comment





プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS