愉しい自転車&生活

22

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: 国内  信州  

Response: Comment 0  Trackback 0

信州・関東自転車旅行の帰り道 2日目その2 地蔵峠~コマクサ峠~車坂峠~嬬恋パノラマライン


前回からの続き。

地蔵峠まで上ってアイス食べた所までが前回でした。
そしてアイスクリーム食べた後、ここから「コマクサ峠」へと向かいます。そのまま地蔵峠降りれば下るんですが、コマクサ峠へは地蔵峠から更に標高を上げる。

地蔵峠と比べれば緩いですが、思った以上に傾斜があった。楽勝モードで行けると思ったら、普通に頑張らないといけない。
DSC01911-001_20170720235734f02.jpg


自撮り。って言うのかな。これ。ちなみに僕は基本自分を撮るのはあまり好きじゃありません。
DSC01910-002_20170720235809348.jpg

誰かと一緒に撮ったり、撮ってもらったり、は良いんですが(もちろん相手によりますが)、自作自演で撮ってもイマイチ面白くないし、別に自分が写った写真に興味もないし、なによりも面倒くさい。


で、少し走ってコマクサ峠。
DSC01916_2017072100013002f.jpg

峠の周辺は池の平という湿原が広がっていて、トレッキングができます。
DSC01918-001.jpg


自転車の体験と、徒歩で自然の中を歩くのはもちろん異なりますが、自転車旅行をしてると、どうしても自転車から離れた観光というのは「ついで」みたいな気分になる。
例えば車で目的地まで行く場合、池の平なら池の平に行ってトレッキングをしたい、という気持ちがあり、その為に行っているわけで、それが目的であるわけです。が、自転車の場合、自転車でそこに行きたいんであって、それは、そこに行くまでの道中それ自体が目的であり、道中の自転車体験こそが最大の目的になっている。ってことは、ついでの気分になるというか、実際に「ついで」だということだな。

この池の平は、最初は全く歩くつもりもなく、せっかく来たからということで「ついで」に歩いただけなので、もうぐうの音も出ないほど「ついで」でした。

DSC01931-001.jpg


DSC01940.jpg


1時間弱トレッキングしたら出発。

このコマクサ峠から車坂峠までは未舗装になります。やったね。
DSC01941.jpg


この辺の風景のスケール感が凄かったんですが、そのスケール感はこの写真に写ってはいない。というか、今回の旅の写真は基本的にピントが合っていない(機械的な意味のピントではなく)と自分で思う。
DSC01945-001.jpg


DSC01950-001.jpg


つつじ。
DSC01964-001.jpg


車坂峠到着。コマクサ峠からだと概ね下りなので楽だった。
DSC01969-001.jpg

しかし、未舗装に入った後に広がった風景は冗談抜きでアンデスを思い出した。あれはどこだったかな。何処かで見た景色の感じとよく似てるんだよな。まあいいけど。


ここでお昼休憩。
DSC01971-001.jpg


そして、車坂峠を群馬(嬬恋)方面へと下ります。が、長くなるのでもう一回切ります。

19

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: 信州  国内    

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 0  Trackback 0

信州・関東自転車旅行の帰り道 2日目その1 地蔵峠~コマクサ峠~車坂峠~嬬恋パノラマライン~草津


2017年6月24日

朝が来た。まだ6時前ですが、バッチリ明るい。旅行中は5時台に起きてました。下手すりゃ4時台に眼が覚めたり。
DSC01880.jpg
自転車旅行やると、なんだかんだで健康的になる。まあ自然のサイクルに従う(従わざるを得ない)のだから当然か。


毎朝欠かさなかったコーヒー。長野県で展開するスーパー「ツルヤ」で買ったコーヒーなんですが、ふつうに美味いですわ。
DSC01884-001.jpg


紙のフィルターでドリップしてるのですが、これがドリッパー。非常に軽くて良い。モンベルの再利用可能なフィルターを使っていたこともあるけど、結局洗ったり乾かしたりが面倒なので、ペーパーで淹れたら捨てる方が楽。これと全く同じ形状で金属製のものもあるんですが、それだと全然重量が重くなってしまう。
DSC01885.jpg


撤収し、朝飯を済まして、いざ地蔵峠。地蔵峠という名前の峠は至る所にありますが、今回上るのは湯の丸高原へと続く地蔵峠です。
DSC01886-001.jpg


上っていて思ったが、この峠そこそこキツいぞ。そこそこの傾斜がとどまることを知らずに、ずっと続いていく。もう少し自重してほしい。
DSC01894.jpg


あとで、というか今グーグルマップで調べたら、県道からスタートして12㎞で1075mアップだった。平均勾配9%ですね。なんでこんなところシングルスピード上らなければならないんだ。
yu.jpg



というか、そもそもこんな長野なんていう山だらけで海もなく、北アルプスから南アルプスまで抱えるような日本最大の山岳地帯を自転車旅行するのに、シングルスピードを選ぶなんてのはまともな思考回路からは出てこない。僕もこの地蔵峠を上っていた時に「ああ長野は山しかないんだな」と、初めてそこで意識した。こんなの最初からそれを意識してたらシングルで来ないですわ。

じゃあ、なんでシングルにしたかと言えば、旅の動機として一番最初に「シングルスピードで走ってみたい」という気持ちがあったからだった。山だろうが海だろうが、最初からシングルありきだった。だから何の迷いもなくシングルを選べた。

というようなことを、この途中の自販機でセブンアップを買って休憩している時に考えていた。色々書いたけど要点は、この先ずっと山という事実に気が付いてしまったのです。なんてこった。
DSC01898.jpg


といっても、別に嫌だというわけではなかった。シングルでも意外と上れてしまうもんですし。

もちろん脚を休めながらでないと無理なので、トータルではギアードよりも時間がかかりますが、走っている時の速度だけで言えば、ギア比の関係もあってロードバイクでギアをインナーローなんかで上っている人よりも全然速い。ただ、それは頑張って速く走っているというよりは、そのギア比で上るとそのスピードになってしまう、といった感じ。道の険しさが増そうが減ろうが、ある一つのギア比と自分の脚力によって出せるスピード以外では上れないということです。ギア比が可変なら、ギアを落とせばペダルが軽くなる代わりにスピードは遅くなる。それがシングルだとギアを落とせないから、そのギア比のスピードで上り続けるしかない。

では、脚がなくなってその速度が維持できなくなったらどうなるか?

その時は押すんです。それ以外に選択がない。なんてことはない。ごくシンプルな話です。

地蔵峠という名前の通り、なんちゃら観音とかが道端に、ことあるごとにあります。昔は、徒歩で上っていたでしょうから、峠を越える人はお地蔵さんを一つ一つ見ていたでしょうが、今は多くの人は車で上るので関係ないですね。自転車で上る人は見れますけども。
DSC01899-001.jpg


そして10時半過ぎ、ようやく到着。2時間くらいかかったので時速6㎞か。
DSC01907-001.jpg


折角来たのでソフトクリームを食べる。ブルーベリー、ブドウ、バニラの組み合わせ。
DSC01902-001.jpg


一応梅雨ですが、バッチリ晴れてます。
DSC01905-001.jpg


さて、ここからですがタイトルの通り、コマクサ峠へと向かいます。
このまま地蔵峠を下れば群馬ですが、それでは面白くないので、コマクサ峠から車坂峠まで行ってから群馬(嬬恋)の方へ下ります。が、長くなるので、ここで一旦お終い。


18

Category: [国内]2017信州・関東自転車旅行

Tags: 国内  信州  

Community: テーマ-自転車旅行  ジャンル-旅行

Response: Comment 4  Trackback 0

信州・関東自転車旅行の帰り道 1日目後編 道は熊の巣


2017年6月23日

前回の続きで、角間渓谷から湯の丸へ抜けていく道が途中で消えてしまったため、引き返したところ。
DSC01797-001.jpg


ダーッと下って角間渓谷から出て振り返った所。
DSC01807-001.jpg


しかし、行く先は明るいのです。
DSC01806-001.jpg

DSC01811-001.jpg

この辺から僕は日本の風景に感動しながら走っていました。
DSC01813-001.jpg

DSC01819-001.jpg

マットの大きさがネック。その他もろもろ、あり合わせで道具を選んでいるのもあり、まだコンパクト化、軽量化する余地がある。
DSC01821-001.jpg

海外走行では、これより荷物が減ることはない(むしろ持ち物の点数は増える)ため、一つ一つをもっとコンパクト、軽量にしないとならない。今回、このスタイルの旅行を実際に体験してみたというのはとてつもなく大きかったな。本当にね、頭の中で考えたものなんて机上の空論にすぎないということを痛感した。


別に真田なんとかを押さなくても、この辺は十分に魅力的だと僕は思います。
DSC01828.jpg


DSC01840-001.jpg


DSC01843-001.jpg


角間渓谷ルートが使えないので、今度は金原ダムの方から湯の丸へ抜けようと考え、ダム方面へ上る。
DSC01854-001.jpg


昔よく飲んでいた梅よろし。懐かしくて買いました。
DSC01856-001.jpg

この辺はワインブドウが盛んらしい。この辺を走っている時、日本の風景はヨーロッパにも負けてないと思って走っていましたが、しかし、このブドウ畑は流石にフランスの方が美しい。
DSC01865-001.jpg

ちなみにフランスのワイン畑(収穫後)。
DSC06418-002.jpg



当たり前ですが、ダムへ向かうのでずっと上り。
DSC01869-001.jpg


そして、もうあたりも暗くなるころ上りきった。
DSC01875-001.jpg

丁度上った所のダムの案内看板が立っている駐車場に、地元の農家の方がいた。なにやらバイクで遊び(?)にきているようだった。恰幅のよい30代くらいの方で、少し話して、この先のルートも話してみると、どうやら僕が使おうとしている道はこの先で鍵がかかっているらしい。自転車なら行けるかもと言っていたが、さらに加えて山の麓の方は熊の巣になっているとかなんとか。地元の猟師が奥へ追い返しているとは言っていたものの、「やめた方がいいと思うよ」とのこと。

なるほど・・・やめときましょう。

野宿できそうな場所を教えてもらい、礼を言って、来た道を引き返す。

金原ダム。確かに、熊がいると言われればそんな気がしてくる。不気味に静まり返った山の姿と、その山に反響してエコーがかかった鳥の鳴き声。異空間のようだ。
DSC01876-001.jpg


というわけで上ってきた300mの高度貯金を一気に解放。あっという間に下りきって目的地の公園まで到着。


結局、結果だけ見ると、この日は上田を出てすぐ隣の東御に行っただけというね。もう選べる道がないので、明日は普通に地蔵峠を上って湯の丸へ行こうと思います。
帰り1



プロフィール

染谷 裕太

Author:染谷 裕太
2012年6月カナダからスタートした自転車世界旅行をきっかけに始めたブログです。当初は単純な旅日記でしたが、現在は旅だけではなく日常も含めた様々な場面で自転車を楽しみ、その面白さを発見し、発信していきたいと思い書いています。

カテゴリ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


1
2
3
4
8
10
11
12
13
14
15
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2017 < >
Archive   RSS